MMA ISLAND

ブログトップ

<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

4/30ゲマ公認

妖精ティングリーのイラスト、どこかで見た顔だなと思って調べてみたら、SW2.0リプレイのイラストレーターでした。
やばい、なんか急にこの子に愛着湧いてきたぞ。

あと、ミカデッキ組むのがいまさら楽しくなってきたんですが。
やっぱりああいうわかりやすく強いカードは、こうやって制限になった今こそが真に使うべきときですよね。


そういや、グレンラガン螺厳編、実はまだ見に行ってないんですよ。
ありていに言えば、公開日を忘れてました。
わざわざ休み取る必要があり、ディケイド通して頻繁に宣伝を見る超電王に完全に注目いってました。
安くなる日に都合がつけば見に行こうと思ってますが、いつになるやら。


使用デッキ:花単アリス5.0コンバ
1戦目 雪単 ×
2戦目 不戦勝 ○
3戦目 雪単 ×

1、3戦目。
まあ、大量除去に対するリカバリー手段があまりないデッキは、相手が事故ってない限り狂宴を都合5回は撃たないとどうにもならないんですけどね。
都合よく相手のAFが出揃ってからDFに出るキャラを引けないおかげもあって、序盤の打点差を一気にひっくり返されました。


さあ、次は何を組もうかな。
というか、新カード絡みって花しか組んでないじゃん。
……ま、いっか。

>サバさん
ユニコーンねぇ……。
まあ書きたい事は書きたいんですが、OVAは色々と厳しいものがありましてね。
いつ見れるかっていうのが非常に不安定なものでして。
[PR]
by mma-island | 2009-04-30 23:05 | Lycee | Comments(0)

4/28北グリ公認

なんで日曜だけピンポイントで雨の予報出るかな。


昨日ヒカルの碁セレクションなんてものを見たわけですよ。
それで久し振りに単行本読み返してるわけですよ。
囲碁はさっぱりわかりませんが、それでも何度でも読めるっていうのは、やっぱり下地となっているストーリーが面白いからなんですよね。
なんで途中で終わっちゃったんだろうね、ホント。
アニメも北斗杯のところで終わってそれっきりだったし。


使用デッキ:花単お嬢様
1戦目 花単 ×
2戦目 宙単 ○
3戦目 花雪星のしずく ○
4戦目 日単 ×

とりあえず試してみた。

1戦目。
ひどくアタッカーが弱いのです。
つうか中盤までハルカ一人だったし。
そんな状態で相手には幻想渚と香澄がいるので、APで止めれないのは限界ですよ。
しかもなにが酷いって、ドローする度にデッキの中にそう多くない赤いカードをピンポイントで引き込んでいくので身動きとれんのですよ。

2戦目。
相手に男がわんさか出てきたんですが、プリンセス素引きがとても偉かった。
あとはプリンセス絡みでなんとか打点止めて、チュチュ出てる状態で凛引きました。

3戦目。
相手が初手で結構星のしずく握りこんだみたいで、身動き取れてなかったのですわ。
こちらも手札は弱かったんですが、閃忍ハルカ出せるだけでも偉いよね。
その後エミリも引き込んで、完全に場が固まったあとはこちら延々ディスカードしながら殴ってました。

4戦目。
初手にパンチャーなし。もちろんその後3ターン、1枚もなし。
4ターン目、場にお嬢様貼ってるのでキャラさえ引けば大抵のドローで場に出せるというところでレア・ティータとお嬢様引いてキャラ出ません。
そしてピンポイントで落ちる手紙。
ええ、さっさと投了しました。どうやっても無理でしょう。

結論:エリアない方が強い
いやもう、どうしようもない。
1~3戦目は普通の中型花単と同じ動きして、唯一コンセプト通りに動き始めた4戦目がこれって時点でね。
まあそれがわかっただけでも儲けもんだわ。


>うえださん
正直リヴァイアがいるならジークはいらないと思います。
そりゃLv3までに掛かるコストはかなり違いますが、単体での運用方法が特にないジークに枠割く必要はないでしょう。
というか実際Lv3召喚なんて滅多な事ではありませんし、相手にBP10000以下は焼かれる、というプレッシャーを与えるだけでも十分すぎると思いますが。
[PR]
by mma-island | 2009-04-28 23:59 | Lycee | Comments(1)

龍帝降臨

やっぱり少林少女は呆れるほどつまらんな、と思うわけですよ。
昨日が少林サッカーだっただけに余計にね。


ケロケロA、ついに五誇将が運命の邂逅を果たし……じゃなかった龍帝の情報が出ましたね。
これなんてD0? と思いながらも6体並ぶと圧巻ですな。
オーソドックスな龍ではなく、オーフェンに出てくる○○ドラゴンみたいなモンスターの種族のひとつといった感じですね。
漲ってきました。
紫の龍、イメージしてた外見とほとんど同じで噴いた。


でまあ新カードも紹介されてたね。


・ブラックモノケイロス 緑 コスト5/2 殻人
Lv1/1/5000 Lv2/3/7000
Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
このターンの間、系統:「殻人」/「殻虫」を持つスピリットすべてをBP+3000する。

まあ効果が強力になった分、系統縛りになったようですね。
出したときのBP上昇量がすさまじいですが、より限定的な使われ方を強いられるようになりました。


・ヘルウィッチ 紫 コスト4/2 呪鬼
Lv1/1/1000 Lv2/3/3000 Lv3/6/5000
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
 コスト6以下の相手の疲労状態のスピリット1体を破壊する。
Lv3『このスピリットのアタック時』
 コスト1以下の相手の疲労状態のスピリット1体を破壊する。

おなじみの疲労スピリット破壊効果なのですがコスト限定に。
しかしLv3ならば、条件次第では1度のアタックで2体除去できるようになってるわけですから楽しいですね。


・二刀流のアムブローズ 青 コスト2/1 闘神
Lv1/1/2000 Lv2/3/3000 Lv3/4/5000
Lv1・Lv2・Lv3【粉砕】『このスピリットのアタック時』
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
 このスピリットの【粉砕】で破棄したカードの中にスピリットカードがあったとき、スピイリットカード1枚につき、このスピリットをBP+1000する。

低コスト粉砕、おまけにもう一つの効果も持ってる優良スピリット。
しかも殴ったときにBPもアップする。
最大8000ですから、不安定とはいえロックゴレム以上ですね。
Lv2への維持コアが1少ないだけとはいえ、実質バニラのラザラスがかわいそうに見えなくもない。


・オッドセイ 白 コスト2/2 機獣
Lv1/1/1000 Lv2/3/5000
Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
 このスピリットはアタックできない。
Lv1・Lv2
 自分のライフが減ったとき、このスピリットは回復する。

白の2/2ですね。ただしブロッカー専用ですが。
ラングリーズと違いLv2に3コア必要で5000しか上がらないのですが、能力が強力の一言。
ライフが減ったときに自動回復っていうのは、やっぱり強いものですよ。
しかもそれがLv1からですからね。


・ストレートフラッシュ 黄 コスト5/5 マジック
メイン
 自分のフィールドに系統:「四道」を持つスピリットが5体以上いるとき、系統:「四道」を持つ自分のスピリットすべてを破壊して、相手のスピリットすべてを破壊する。
フラッシュ
 このターンの間、スピリット1体をBP+4000する。

四道はポーカー路線で行くようですね。
要するにゲームセットなんですが、ちょっとこちら側の使用代償がきついですね。
四道持ち自体はパペットストリングスで簡単に量産できるのですが、それが5体必要なうえそれ以外の全てのスピリットも破壊してしまうんですよね。
5体の四道持ちだけ破壊でも十分すぎるような気がするけどなぁ。
5体も並ぶことなんてそうそうないし。
あとメインじゃなくこの効果をフラッシュで撃てるようならまだよかったんだけどね。
ただフラッシュ効果も十分に強力。
しかも軽減のおかげで0コストでBP+4000が撃てる可能性があるので、BP上昇マジックとしては地味に優秀。
主に使うのはフラッシュ効果の方で、もしものときにメイン効果っていうのが主な使われ方かも。


・七龍帝の玉座 赤 コスト5/3 ネクサス
Lv1/0 Lv2/3
Lv1・Lv2
 自分の手札にある系統:「古竜」/「龍帝」を持つスピリットカードすべてに軽減シンボル赤1を与える。
Lv2『自分のメインステップ』
 自分のフィールドに系統:「古竜」/「龍帝」を持つスピリットが召喚されたとき、召喚されたスピリットのBP以下のBPを持つ相手のスピリット1体を破壊する。

龍帝絡みのネクサス。
フレーバーがかっこいいです。
Lv2の効果がなかなか強力ですが、冷静になって探してみると古竜のスピリットの使い勝手の悪い事悪い事。
精々ヴリトラくらいかね。
あとジークフリードが、軽減活かせれば7コストでBP10000以下というほとんどのスピリットを破壊できる切り札になれるので、ジークフリードの値段が微妙に高騰しそうです。
これに関しては、該当スピリットがどれだけ増えるかですね。
ちなみに他の古竜は、ケンドラゴスだのリヴァイアだの、あとはマ・グーとマクシミリオンというプロモ軍団とか酷いなぁ、これ。


6体の龍帝の力、早くみたいですね。
そして7番目の龍帝も色々と気になるところです。
まさに新シリーズと呼ぶに相応しい第4弾【龍帝】、発売まであと一月半ですか。
[PR]
by mma-island | 2009-04-25 22:57 | バトルスピリッツ | Comments(1)

花日花嫁

まだ色々といじるところはあるけど、アリス5.0またぐため一旦保存。


EX0

4 EV-0216:最終進化


EX2

4 CH-0228:ちゃる&よっち
3 CH-0836:アヤリ・アヤリエ
3 CH-1406:羽入
1 CH-1481:能美 クドリャフカ
1 CH-1524:能美 クドリャフカ
3 CH-1589:榊 倫子
1 CH-1600:プリンセス
1 CH-1631:山田 ミチル
3 CH-1797:鳳 鳴
3 CH-1830:三瀬 綾菜
4 CH-1832:まな
3 CH-1944:朝比奈 香澄
4 CH-1948:水奈月 柚乃
2 CH-1950:無敵花嫁ユニティユーノ
3 CH-1978:百瀬 玉
1 CH-1990:百瀬 玉
3 CH-1998:秋姫 カリン
4 CH-1999:小鳥遊 誉
3 EV-0333:昇華
3 EV-0365:フライングディスク
3 EV-0434:ユーノ・ファシネイティング・アセンション


まあなんで日が混じってるかというと、単純に玉も使ってみたかったから。
でちゃる&よっち入れてるとコストフィルターとしてコンバミチル入れてアヤリで作戦プランBへと移行できるようにしてみた。
日絡んでるんだから除去対策で昇華も入れたいよね、日コストが余りそうだからなにか使いやすい日キャラも入れたいよね、ということで気付けばこんな形に。

雪単に当たらなければ割りとどうとでもなります。
なんてったって花嫁が本当に止まりませんから。
そしてチャンプから飛んでくるユーノ(以下略)。
本当に楽しくなってきますよ、使ってると。
[PR]
by mma-island | 2009-04-24 23:24 | Lyceeデッキレシピ | Comments(0)

4/24北グリ公認

少林サッカー、やっぱり何度見ても面白いな、と。
たしかにネタ映画ではあるし、特撮も80年代レベルのチープさだし、前半なんて正直意味わからないけど、全力投球でやってるっていう雰囲気が感じられるんだよね。
なによりしっかりと熱いし、重ねて言うけど面白い。
ある意味理想的なエンターテイメントだよ。


週末暴風雨とか、マジ勘弁してほしいわ。
そのときしかバトスピできない身としてはね。
なによりミカデッキの最後の悪あがきを見てみたかったのに……。


使用デッキ:花単中型
1戦目 宙単 ○
2戦目 日単 ×
3戦目 日雪 ○

いつも通りに新弾のカードを、中型メインの形で使ってみました。

1戦目。
ハルカがやっぱり思った以上に気持ち悪いほど動く。
つうかどんだけ場をかき乱せばいいのこの人は。
あとは相手のラムダ4連続失敗のおかげでキャラがあまり出なかったので、サイズ差とくーりんで押し潰してました。

2戦目。
相手の先行初手美月、取材の1枚目で手紙落ち。
ええ、思わず吼えたくなりましたよ。
おかげででかいの3体ずらりと並べてやろうと思ったのに手札足りませんでしたよ。

3戦目。
凛が思った以上に刺さって笑った笑った。
一回思わず通しちゃったけど、これリシアンサスに対して非常に強いですね。
まあそんな感じでべたべたと木登り貼られながらもちまちま打点削って、木登り切れたの見計らってまなを絡めてアタックチャンス。
最後は2点足りなかったのですが、一か八かの不法侵入が通って無事勝てました。


階段撃ち落したのでここで終了。空気読めなくてごめんなさい。
とりあえず双子以外の新カードは全部使ったわけですが、思った以上に楽しいカードが多いね。
双子はエミリの効果でなぜか毎回デッキに戻っていくので試す機会すらありませんでした。

さて、次はコンバデッキでも試してみようかね。
もしくはお嬢様ビートかな。
とはいえコンバデッキはそのまま花嫁にシフトしちゃいそうですが。
[PR]
by mma-island | 2009-04-24 23:19 | Lycee | Comments(0)

花単strawberry panic6.0

アリス5.0を入れて改造する前に保存。
なんだかんだで安定した型でした。


EX1

3 CH-0958:真壁 椎子
3 CH-1053:吉川 きく
3 CH-1595:柏木 初音


EX2

3 CH-0668:姫百合 瑠璃
3 CH-0735:セージ
3 CH-1194:琥珀
3 CH-1260:九門 恵
4 CH-1360:周防院 奏
3 CH-1406:羽入
4 CH-1485:西村 このみ
3 CH-1693:神森 櫻乃
4 CH-1697:クルル
3 CH-1830:三瀬 綾菜
3 CH-1866:源 ちずる
3 CH-1941:雨森 弥生
3 CH-1944:朝比奈 香澄
3 CH-1945:稲羽 結衣
3 EV-0316:王たちの狂宴
3 EV-0402:ダンスパーティー


ドローソースが増えた(というか無理矢理増やした)おかげで大分動きやすくなりました。
やる事はホント、ただ殴るだけです。
DFが結構貧弱なので羽入で補ってるわけですが。
というか本当に、語ることがまったくないほど普通の構成なのでコメントに困る。
[PR]
by mma-island | 2009-04-23 22:52 | Lyceeデッキレシピ | Comments(0)

4/23ゲマ公認

バトスピですが、ついに制限がきましたね。
案の定のミカファールと、ついでにイビルオーラ。
イビルは結構重宝してたのですが、まあしょうがないですね。
空いた2枠に、入れようとおもってたけど枠が足りなかったウィークネスでも入れますか。

1段のカードプールから今回の制限まで、俯瞰視点で見てたら本当に図ったかのような流れだよなぁ、これ。


コナンの劇場版、黒の組織絡みという事なので今回は劇場に足を運んでみました。
……ええ、正直ちょっと舐めてましたよ。
上映30分ほど前に着いたのですが、チケットボックス前は長蛇の列。しかも10分ほどで第1回のチケットが完売しました。
仕方なく第2回のチケット買って暇を潰し、会場時間ギリギリぐらいに行ってみたら、チケットボックス前の行列が全然減ってないのが驚いた。
しかも第2回のチケットも完売してるし。
ちなみにこの行列、上映終わった後も全然減ってませんでした。怖い怖い。

内容は事件自体がすでにおまけでした。
犯人どころか事件関係者自体が終盤にしか登場しないってぐらい。

その分映画13作目にして映画への新規登場人物の数が半端ない。
黒の組織絡みもそうだけど、今まで出てきた警察関係者も結構な数出てきたし。
なにより今作オリジナルの黒の組織の人物が笑った。なんせまんまコブラ。
サイコガンはないものの銃の構え方までコブラだし。

例に漏れず色々ツッコミ所はあるんですが、一番酷かったのはジンですね。
ジンといえば非情に頭が切れ、一度出し抜かれてもすぐさまリカバーして迫ってくる、現状最強の敵ポジション。
そんなジンさん、現場で盛大に漏れた絵の具を踏んで足跡処理しないわ、
警察が集合しているタワーの近くまでヘリ乗り付けて、長時間機関銃ばら撒きながら旋回してるわと痕跡残しまくり。
しかも一番酷いのが「工藤新一って憶えてるか?」「バラしちまった奴は忘れたよ」のやり取り。
一度ならともかく、何度もそういう人間が出てきたうえそいつらの周りでごたごた起きてるんだからいい加減気にかけるぐらいはしろよ、と。
これらの行動をウォッカがやってしまいジンに注意されてしまうのなら今までのキャラ通りのやり取りですが、ここまで不注意なことを肝心のジンがやっちゃうのが一番不可解だった。

まあもっと不可解なことは、あの群馬県警のへっぽこが警部に昇進したことですが。


ライアーゲーム、ドラマ版が劇場版&第2シーズン制作決定だそうで。
メインキャストは第1弾と同じらしいです。
とはいえもうあまり期待してませんけどね。
原作ストック尽きた最終回の脚本なんて本当に酷かった。
特に前回中途半端に勝っちゃったおかげで3回戦敗者復活戦もないし、ヨコヤも破滅同然に負かしてリタイアさせちゃったんですよね。
つまり完全オリジナルになってしまうわけで、今のドラマ業界の脚本レベルでどの程度のものができることやら。

打って変わって本編の方ですが、感染ゲームのルール説明。
なんかもうルール説明の時点でかなり面白い展開が用意されてる雰囲気満々なんですが。
予選から早くもヨコヤと対峙させた理由はこれか、と思っちゃいましたね。
これ案外本戦の方はあまりヨコヤとの戦いには重点置かれない気がする。
フクナガたちを別のチームに分けて排除したのは、ヨコヤと繋がりのない人間をゲームに混ぜるためで、対ヨコヤは予選で大まかな部分を終わらせちゃうような気がする。
つまり別のチームの方にヨコヤに匹敵する、もしくは上回る強敵が出現する可能性も高いわけですが。


使用デッキ:花日花嫁
1戦目 雪単 ×
2戦目 月単ハンデスサイクラ ○
3戦目 月単サイクラ ○

幸せのコーラサワーっぽく相変わらずのデッキで。

1戦目。
うん、だからこのデッキ雪単相手だと相手が事故らないと無理なんだ。
しかも今回なぜか饗宴抜けてて、昇華を引かないんだからどうしようもない。
それでもなぜかあと一息というところまでいけてたけど。

2戦目。
序盤にいたずら2回立て続けに撃たれたのですが、カリン出せることだけが救いという酷いハンドだったのであまりダメージありませんでした。
むしろおかげで手札を温存でき、ハンデス相手にしてるのにこちらの方が手札多いなんて事態に。
それとサイクラ出るのが遅かったことも手伝って、まなで打点加速して里美出る前に終わらせました。

3戦目。
早々にサイクラ里美体制やられたのですが、相手の強制言語が強かった。
クドで貼り返して以下放置。
あとは花嫁が殴ってるだけで割となんとかなりました。
見敵必殺? なにそれ美味しいの?

ふう、除去ないデッキには割とどうとでもなるんだなぁ、と思ってみたり。
実際止まらないからねぇ、こいつら。


さ、早く新しいデッキでも組むか。
今回、というかここ最近の汁鰤はネタカードに対して手抜きの姿勢が見えて地味に哀しいことです。
[PR]
by mma-island | 2009-04-23 21:22 | Lycee | Comments(0)

Verアリスソフト5.0全カード雑感その3

ああ、布団が手招きしてる。
しかもお恒様ボイスだ……目標値は6ゾロで同値抵抗だと!?




グウ&チョコ&ランタン
名前の元ネタは言わぬが花か。
相手が迂闊にDFに男キャラを出してしまったら、これでフルヌッコにしてやればいい。
そんな機会、男単相手でもなきゃそんなにないけど。

夢色・パニィ
ダメージ強要なんだけど、終盤の場面でしか使わないよね。
それまでこのキャラが残ってるかどうか、また新たに出すかどうかなんだけど、厳しいよね。

シュリ・セイハジュウ・ナガサキ
決め打ちの除去だぁね。
つうかアタッカーが男でDFに女キャラがいないときでもなきゃデメリットの方がきついね。
その分打点も通りやすくなるんだろうけど。

畑中 惣一郎
手札2枚破棄して計4点ダメージというのは……。
いやまあ、バトル中にも使用できるから主な使用場面はバトル中に使って最大6点なんだけど。
けどやっぱ発動条件がきつい。

リココ・ココリコ
アイテムサーチなんだけど、日で出てもなぁ。
このキャラが止められた後に侵食でも引っ張ってくる?

十六夜 燐花
相手のAP下げるわけだけど、発動条件がきついね。
わざわざ3/1立たせておくってのはなぁ。

アジマフ・ラキ
何度でも蘇るわけだけど、能力が強制なんだよね。
しかもダウン限定だから除去には普通に処理される。
どうしたもんかね。

四方堂 ナリカ
エスケープだのゴテゴテ付いてるキャラには爽快だろうなぁ、これ。
元の、って付いてなかったら色々悪巧みできるんだけど。

十宮 夏姫
劣化ハルカって感じですね。
とはいえ非情に打点通しやすいキャラではあるのですが。
0宣言ですから気軽に使えますし。

埴御 一二三
前半の記述だけでも十分に面白い。
とはいえあまり使いまわせるカードでもないんだけどさ。
兄妹コンボもいまいち破壊力足りないし。

瀬名川 早月
面白いアンタップなんですが、さすがに1回使えばそれで終わりか……。
その分配置以外に特に制限もなく本人の打点も通しやすいのだからまあいいか。

尾上 菊
これもさっき言った事なんですがね、この手の能力は出てくるのが遅すぎる。
しかもランダムなんだよねぇ。

シャリー・ヤマモト
なんか久し振りに見たぞ、この使用代償の表記。
能力自体はハンドの1対1交換なんだけど、こっちもランダム破棄するくせに打点通らなきゃ単純にハンド1枚の損ってだけ。
使い道が見えないなぁ。

十六夜 桃花
最大3コストまでタップできるのはえらいと思うよ。
というか「高い場合」だから0コストコンバに対しても最低1枚積んでなきゃいけないわけなんだよね。
しかもどちらもEX1。
どこぞの理事長さんにまとめて落としてもらうぐらいしか。

十六夜 桃花(メイド)
普段はぴょんぴょん殴って、なんらかの事情で殴れないときはサポーター。
正直後半は使う機会が登場ターン制限受けてるときぐらいだと思うんだよね。

ドリー
再生能力の名の通り、能力値をマイナス方向にいじられたときの対策って感じかね。
それ以外はオダステ持ってる4/2ってぐらいの特徴しかないのが残念なところだけど。

大蛇丸
なんでナリカと同じ能力なんだろうね、とは思う。
まあこちらは後付した基本能力でも発動するから、適当にペナルティでも付けとけばいいけど。

十六夜 幻一郎
除去耐性を持ってるようで実は全然スカスカだよこいつ。
こいつが動いて起き上がるからなんだと言いたい。
大体こんなアタッカー体型なら、まず真っ先にこいつが消されるだろうしね。
ジャンプ持ちの5/2バニラとして運用するしかないような。

閃忍ナリカ
基本能力消してさらに2点。コンバ下と違って後付でもOK。
とはいえジャンプ持ちなので、DF埋まった後にそういうところに向かって殴りかかるのが主な使い方なんだろうけど。

超昴閃忍ナリカ
基本能力の基準が「元の」に戻ったけど、こいつはブロックされてもそのまま起き上がるというチートっぷり。
ただやっぱりこいつもタックス・トラッシュが地味に痛い。

スーパーアホ毛
DP1以下にアグレッシブ。それだけなら普通に条件付いた特濃緑茶。
一応キャントリップ付いてるのとすぐデッキに戻るのが違いかな。


無・混色

有馬紅葉&アスタロト
月6コストというきつい色拘束とはいえ、まともなファッティは実に久し振り。
デメリットもない、むしろメリットがくっついてるというなかなか面白い仕様です。

悪魔フィオリ・ミルフィオリ
能力自体は結構空気なんだけど、デッキボーナスがとことんいやらしい。
特にこいつAP3だから真壁で起こせばすごいハンデス効率。
今まではこういう能力って1回殴れば消えるけど、消えないんだよね。

鉄 騎臣
なかなか強いなぁ、こいつ。
スペックもそうだけど、ステップ付いててチャンプされても起き上がってくるんだから。

クランク
能力見たとき、ガチで爆笑しました。
いやまあ、強制敗北は消えちゃえボムもありますが、この外見と能力名でやられたら腹痛いです。

ぶるま 大使
あれ? 地味に強いというかいやらしいんじゃね、こいつ?
DP0だけど能力のおかげで割りとなんでもないし。
単純にブロッカーでも相当いやらしい。

四方堂 清玄
ペナルティ消去は、実にいろんな場面で重宝します。
味方のデメリットペナルティ消したりとかね。

ナクト・ラグナード
星にしては実にストレートに強いアタッカー。
とはいえ男とバトルする機会ってあまりないだろうけど。

悪魔テェロ・エティエノ
6コストで9/9で、DFにしか配置できないしおまけにタックス・トラッシュのおかげで次のターンにはさようならとか面白すぎる。
能力はさりげなく書いてること面白いんだけどね。

闘神ダイジェスト
倒せば倒すほど回復できるわけです。
つうか普通に相打ちでもOK。
最大2枚までというのはネックですがフルチャンプでも大抵3体なのでまあ妥当な数値でしょうか。
これがもったいないと感じるほどキャラがダウンするときって、大抵が相撃ちの連続ですからね。


いや~、なかなか面白いカードが多いですね。
特に某花嫁のおかげで中型花単に組もうかと思ってた矢先に花の中型充実は素直に嬉しい。
ただやたらレアの当たりハズレが多いうえレアコンバセットとかのおかげで相場がかなり上がりそう。
当日はシングルへの出費がすごいかも。

さ、あとはスレの流れを追って……って、なんで巡回先の新着レスの合計2000超えてるの!?
[PR]
by mma-island | 2009-04-22 23:40 | Lycee | Comments(0)

Verアリスソフト5.0全カード雑感その2

もう今日はこれ以外に処理しなきゃいけないものが大別して二つあるからてんてこ舞いよ。
どれも趣味の範疇だから自業自得だけど。




羽純・フラメル
どの色にも入る突レポメタなんでしょうが、その代わり戦闘参加できないSP0がフィールド一つを占有するのが痛いなぁ。

フィオリ・ミルフィオリ
元のSPが3以上で花属性以外のキャラっていうと、対象が思いっきり限定されるんですよね。
そういうのが流行っている環境ならば投入するのもありかな。
ただ、SPは元の値を参照しても属性は後付でもいいから、その辺りコンボに組み込むのもいいかも。
能力使ったらすぐコンバで消えればデメリットない辺りもいいね。

アリサ・エロリス
こいつはなかなか強い。
花にしてはスペックが少々物足りないが、それを補って余りある。
相手にもデッキボーナスが与えられてしまうが、何の問題もない。
なぜなら、花には綾菜が、そして柑奈がいるのだから。

マニ・フォルテ
登場して相手ターンまで、というのは厳しいが複数のアタックを通したいときには非常に重要。
このキャラ自身も持つことになるから、1ターンは相手の攻撃をほとんど止められるだろうね。
そういう意味では1ターンのアドバンテージはかなり稼げる方か。

アーシー・ジュリエッタ
相手の次の動きを予測、もしくは自分のこれから落ちる・引くカードを見て動けるのは非情に強いんだけど、そんな暇ないよね。
一応能力がちゃんと成立すればハンド消費はないけどデッキは削っているわけで。
手札入れ替えとか? ないない。

来島 梢
直接ダメージとしてはかなり面白いんじゃないかな。
これから討ち取る相手に使ってもいいし、起きててもどうせ打点通さざるを得ないキャラにも使えるし。
ただ使いどころの見極めが難しいかな。

霧島 勇美
後出しが本当に強い。というかそれ以外にやることがない。
主に使うなら日相手かな。
スペック自体も2/2/3で1ハンドサポーター付いてるので十分強力な方。

マルデ・カテナイ&トコトン
2.0亜沙の最低からすると、これも基本能力メタということになるんですが……あいにくと対象のキャラまで相手が選ぶんですよね。
いくら基本能力持ってるキャラと制限が付いていても厳しいと言わざるをえません。

村田 千果
ギャンブルデッキ推奨の1枚。
つうかこれキャラ以外でも破棄するってことだよね、この表記。
なんとか一番下のカードを知ることができれば……。

水戸 海里
だから、花に2コスト3/1のレアはもういらないとだな……。
とはいえ能力はDF向けで、おまけに配置もちょい中途半端。
このみと違って入れるなら個人のお好み程度でとどまりそうだ。

羽純・フラメル
正直微妙。
アイテム入れなきゃいけないし、デッキボーナスも1回通ったらなくなるし。
しかもこの能力、アイテムを装備するんじゃなくただ上に置くだけ。
これがアイテムを装備できるとなったらまだ応用が利くんだけど。

レベル神クミコ
コンバージョンサーチ、これはいい。
コンバージョンしたとき1ドロー、これもいい。
なにが駄目かって、使用代償か。
3枚破棄は春姫でも使わないと即時還元は厳しいんじゃないかな。
2枚ならまだよかったんだけど、3枚なら1ドロー効果が永続でもいいと思うんだけど。

のぞみ
最大SP9ですか。なんというSP馬鹿。
とはいえそのSPを生かせる場面は少なそうだなぁ、このスペック。
そりゃ相手からすれば厄介なんてものじゃないだろうけど。

鈴本 百音
なんという暴飲暴食。
SP+5するだけなら飽き足らず、サポーター使う度味方を食い尽くす。
さすがにコストパフォーマンス悪すぎる。

笹塚 都
なにこのかんしゃく観鈴涙目。
最後の一文見なかったらね。
たった1回ならアタッカーとして居座らせるのもどうかと思うし、DFだと最後に利用されちゃうだろうねぇ。

諏訪 エミリ
序盤に出したらかなり強いなぁ。
お馴染みの相手が効果を選ぶタイプなんだけど、序盤に使えばどれ選ばれても十分元取れますからね。
逆にいえば終盤はバニラですけど。

藤宮 凛
なんという花音メタ。
しかもサイドステップだから日をメタる好みに引っかからない。
花音以外にも効くから、トップメタの一角は揺るがないだろうね。
実際私も中型メインの花単に突っ込んでおきたいカードだと思うし。
最後の1文のおかげで色んなカードに引っかかると思うし。

鷹守 ハルカ
何を言ってるんだ、こいつは。実質1コストジャンプじゃないか。
コンバ下だけでも実に面白いなぁ。
状態も指定してないから、殴った後普通にどければいいし。

ナミール・ハムサンド
皆さんお待ちかね、なつめえりの双子タイムだよ。
今回はウミナミと違いくるくると入れ替わります。
とはいえそう頻繁に入れ替われるわけではありませんが。
行動済み状態でも、相手ターン中でも入れ替われるので地味にいやらしい。

ルミーナ・ハムサンド
こちらはややアタッカー向け。
初手に出すなら、むしろこっちの方か。

閃忍ハルカ
正直打点が1増えてジャンプがノーコストになっただけって印象しかないかな。
ジャンプ持ちのキャラに突破能力付けても大して使わないし。

超昴閃忍ハルカ
久し振りのダブルコンバ。
7打点のジャンプ持ちで、相手に移動能力がなければAF封鎖と書いてある。
でもタックストラッシュ持ちなんだよね。
正直ロマンキャラだと思う。

藤宮 凛(プロモ)
正直、製品版が優秀すぎて霞む。
巫女単だとEX2の貴重なアタッカーではあるんだけど。

サクラ貝
花のコストブーストきました。
能力に3コストかかるのって結構いますからね。
そういうのが主軸のデッキだと強力です。

不法侵入
まあ早い話が一点集中攻撃のためのカードですね。
花がこういう風に場をかき回すと洒落になりません。
ただギチギチに場が詰まりやすい花でこのカードが出てもあまり支障のないのもまた事実。
主に活躍の場は混色かね。
宙花だと瞬間最大打点がえぐいことに。




草薙丸
まあ、雪のキャラと対になってるだけですわ。
使い勝手も全然変わらず。

ドギ・マギ
宙においては地味に強いよ、こいつ。
なんたって支障が出るのが荒耶ぐらいだから。
雪に対しては長谷部対面にこれ出すと相手は非情に嫌がっちゃうよ。

シン・ビルニー
使い勝手は花のキャラと大して変わりありません。
宙は狙撃とかスクラップ帳とか兼定様があるだけまだマシですが。

ディーナ・ヴァリエッタ
宙の3/1にしては地味にいやらしいのだが、いかんせんDP1増えたところで……というのが正直なところ。

戦部 鷲一
宙月限定とはいえ、ゴミ箱奪取でメリットペナルティが付くのはなかなか美味しいですね。
そのまま殴れるスペックだし。
ただ中央AFにしかでれない点は非常に弱い。

伊集院 雅人
なかなかいい除去・ダンパメタなんだけど、これも先打ち前提っていうのがねぇ……。
しかもデッキ破棄だけならともかく2コストまでかかるし。

神座 骸
特に弱いことが書いてなく、能力も普通に強い。
オダステも持ってるから後ろに下げられても痛くない。
なかなかいいアタッカーですね。

凰火 朱鷺
合気道らしく1回だけ打点反射。
とはいえこのスペックだと、後ろに下げられたときに嫌がらせを敢行するぐらいかな。

スバル
使うキャラによっては地味に強力。
単純にDP1のキャラに使えばそれだけで強いし。
元の、だからヒルダなんて怖いことになるだろうね。

桂木 綺羅
草薙丸召喚なんだけど、そもそも呼び出す草薙丸自体あまり使わないスペックだからなぁ。
基本バニラ運用になっちゃうだろうね。

鋼 一刀
今まで4コストAP5は数出ましたが、突破力でいえばこいつが一番ですな。
とはいえタックス・ウェイクアップはちょっと痛いですが。

レグルス・ラグナード
対戦キャラをどこかに投げ飛ばすわけですが、
ボーナス2点もついてるから止められたときか相手のAFで邪魔し続けることを強要させるときでもなければそのままダウンさせた方が強いかな。

ボーダー・ガロア
よ、弱すぎる……。
たった1体のチャンプで終わってしまうではないか。
そのくせ5コスト……。

竹河 芙蓉
相手にチャンプさせるごとに打点を増やす、というちょっと危ない能力持ちですね。
勘違いされるようですが、ボーナスはターン終了時に消えてもデッキボーナスは永続です。
迂闊にチャンプ置けないよなぁ、これ。

ボルト・アーレン
なんという脅威の色拘束。
そして殴れば殴るほど巨大になっていく。
もちろん負債も。
まさに戦闘狂だなぁ、この能力。

閃忍スバル
コンバとしては上下合わせてやたら強い部類。
ダウンすることはほとんどなくなるうえ、荒耶がいればただのドローソース。
そうでなくてもステップ持ちだしねぇ。



後半へ続く。
[PR]
by mma-island | 2009-04-22 22:37 | Lycee | Comments(0)

Verアリスソフト5.0全カード雑感その1

某所に来ましたね。
さあ、今回もさくさく行きましょう。




草薙翁
いきなり過激なイラストですこと。
能力自体はユニシフに多くいた元々持っている基本能力メタ。
終盤に相手が殴りづらく感じてくれるだけでもいいし、使用タイミングに制限がないからバトル中断して消えれるしね。
ただ、スペックが一番の不満かな。

ナナ・D・タタール
SPが1下がり、DPが1上がってAFに出られなくなった仁科弥生。
しかし1ターン2回まで使えたり、自分にも付いたりと完全な上位互換じゃないところがいいですね。
とはいえペナルティ1点のアドでコツコツ押していくというのも今の雪だったらどうかなって気がしないでもない。

アザミ・クリケット
きたよ除去サーチ。
とはいえ使用代償が同じ置き場のカードだけ、つまり逮捕だの不幸だの使いたい場合は百物語なりルーンなり電圧アップなりを犠牲にしなければいけないということですね。
まあルーンや電圧アップは刺さらない相手にはコストにしかならないから大して変わりないか。
問題はいちいちコストを溜めに行かなきゃ行けないことかな。それも使用代償がタップのため非情に時間がかかる。
あ、ちなみに不幸は場のキャラを破棄って使用できないはずです、プロジェクトの裁定からして。

マダラガ・クリケット
こちらはゴミ箱からのアイテムサーチなんですが、こちらも制限の都合上何回も使いまわしできませんね。
一応属性もコストの縛りもないので色々と使いようもあるとは思いますが、自キャラ限定なので何にもなりませんね。

埴御 四五七
同列2体のキャラ出しを強要できるという点ではなかなか。
使用タイミングが自分の状態だけなので、色々と盤面での悪巧みができそうですね。
とはいえ使用代償分をちゃんと還元できるかどうかはプレイヤーの腕次第ですけど。

リコリス(AliveZ)
貫通2点、ただし相打ちならば自分もダメージ。
半端なの合わせても終盤はがりがりと削られ、AP3合わせれば不幸で飛んだり特攻アタック可能と、地味にいやらしいのですよね。

ジャガタラ・カルテット
4/2なのにブロック時効果ですか。
普段は、というか大抵の場合空気だろうなぁ。

梨夢・ナーサリー
普通にアタッカーとしても使え、ブロッカーを出したとしても奪取されるというなんていやらしい能力。
とはいえペナルティがどちらも痛い。

レンリ・ビルニー
ひとつ注意したいのが互いの、何ですよね。
なので自分の特殊能力で指定して終盤1点が地味に楽しそう。
このキャラを対象に何らかの特殊能力を使わないと除去が効かないというのもある意味では面白い。

骸居 炎斎
アタッカーとしてはなかなか面白いんだけど、使用タイミングの制限と自分が立っていることっていうのが引っかかるかな。
しかしながら能力自体は、普通に終盤には無視できない能力ではありますが。

藤林 銀
色々と悪さできそうな能力だよね。
単純に相打ちアタッカーをこのキャラの追加打点に変えるだけでも仕事したことになるし。

神座 美夜
え~っと……うん、バイナリィデッキ向けだね(さらり
ってか巫女単にもついに重量級アタッカーが入ることになるわけか。
奇襲としてはなかなか面白いのだけど、EX1がねぇ……。

アザミ・クリケット(コンバ)
アタッカーとしても戦えるようになり、デッキも削らずに済むようになりました。
とはいえデメリットは上下共に変わりないのですけどね。

悪魔レンリ
単純に打点が上がったり、ペナルティ1ドローも付いたりと至れり尽くせり。
とはいえ下は除去られるとき対応不幸で飛べるから、除去持ち相手にはコンバしない方が強いかも。

ムシ入れの儀式
ついにきたよ、属性固定イベント。
今回出てきたムシ使いデッキには必須ですね、これ。
単純に2ターン短縮できるわけですし。
とはいえムシ使いデッキ以外には使いようがなく、そういうカードをレアに入れるのはどうかと……。

辱め
コンバと違って常駐型能力は入ってないデッキがいませんからね。
しかも今は花音のおかげでそういうのが主軸となっているデッキが多いので、なお使いやすい。
花音いなくなっても使い勝手はそんなに変わりないし。




ウラナリ・ゲナン
こういうタイプの能力にいえることは、とにかく出てくるのが遅いってこと。
デメリット持ちアイテム、つまり相手に張るタイプはFDのおかげで減少傾向にありますからね。

竹河 いばら
最低でも相手のデッキにイベントが9枚以上必要って時点で使用タイミングが非情に限られます。
まあ雪ならそれぐらいすぐ行くでしょうけど。
手札に入れさせなきゃいけない辺り、撹乱と合わせて詰め用のコンボだろうなぁ。
しかも本当に雪にやる場合、撹乱の射程距離が1枚分縮んでしまうという欠点があるけど。

遠山 千影
どうにも使いどころが中途半端な感じ。
確実に能力を潰せない、もしくはタップできないって辺りがね。
しかも使用代償にタップまであるときたもんだ。

スエ・オサンドン
地味に悪さできるだろうなぁ、これ。
デメリット持ちで能力馬鹿のキャラがどれだけいることか。
3コストで4/4とか1コストで3/3/3とか。
ただ、それらのキャラは基本別の色だったりEX1だったりしますが。

神楽坂 京子
序盤としては割りと優秀なドローソース。それでいてSP3。
ゴミ箱は常に除外していけばいいよね、と勝手なこといってみる。
特定能力に頼らず名前散らしのできる単純なビートダウンだといい戦力になってくれるんじゃないでしょうか。
ただいちいちゴミ箱捜索するのは面倒かも。

アンゼリカ王女
ドローソースといっていいんだろうか、これは……。
一応手札消費枚数を抑えることはできるけど……その分デッキも一気に削れるんだよなぁ。

エムサ・ラインド
メタとしてはなかなか私好みです。
最終的に捨てる枚数は1枚なれど、対象になる度に手札が削られていくわけですから1ターンの行動が狭まるんですよね。
それでいてハンデスメタには引っかからない、いいことです。

黒崎 時雨
突レポだのルポライターだの優秀だよね、としかいえない。

楠原 柚希
とうとうデメリットなしの2コスト3/1が月に登場。
そして能力の使用代償は1ドロー。
しかしながらその能力の制限自体が普通にきついものでした、と。

御前 夏
このキャラだけでなく、味方キャラ1体がホーミングミサイルになります。
場にいるだけでなかなかいやらしいですね。
これであとは軽いAP4とかAPでの相打ち前提キャラがいれば……。

奈々月 絢音
そういや月って地味にタップメタなかったね。
いや、一応あるけどキャラとしては。
ついでにメリットペナルティまで付けちゃう。
ただこれでもトラップとか防げないのがねぇ……。

鷲塚 理恵子
このキャラが参加してる、と書いてなければなかなか強かった。
つうか「元の」は大抵移動能力の場合が多いから、この制限は致命的なんだわ。

悪魔ダリス
永続付加とはいえ1ゲーム1回で、しかもこのスペックか……。
味方キャラ全体なら……いや、それはそれで強いか。

悪魔セルジィ
アンタップ搭載はまあいいんですけどね。
1回だけで、アタッカースペックでもあるこのキャラが寝なきゃいけないし、起こさないときも1ドローだけですからね。
一応対象とってないアンタッパーとしてはカウントしておこうかな。

ポロロム・グライコ
能力見たときは大爆笑だわ。
なにこの男単限定能力。
ただ最後の最大15枚までという表記と、冷静になってみたら色のおかげでかなり厳しいのですが。

スンヤ・ブリストル
能力自体は結構強い。
対象にも取らないし、ターン開始時だし、こちらが選べるし。
アタッカーの後ろに置いておきたいけど、月3コストなのがちょっと重いかなぁ。

棗 秋奈
自身のコストも能力も重いなぁ。
これだからトークン生成系キャラは……と思ったらなにこれ。
トークンにメリットペナルティとか。
うん、これは確かに3コストかからなきゃおかしいわ。

レイチェル・ママレーラ
元取れそうなのがリースぐらいしか思い浮かばんかった。
とはいえ月2コストでこのスペックは……え? 3コスト? うっそだー。

黒鉄 アキラ
色々惜しいなぁ、ホント。
対応制限に意味がないっていうのが苦しい。
それでいて先に宣言しておかなきゃいけないのにデッキ2枚はきつい。
相手からすれば適応範囲内にあるキャラちらつかせてればそれでいいんだからね。

桔梗太夫
新しい形の奪取ですね。
とはいえハンド消費がおかしすぎる……。
まあ殴りながらいざとなれば奪取も行えるってことだからそう考えれば……あ、月島兄もいたか。
デメリットは相手の場に戻っていくぐらいだからその分は優秀か。

レメディア・カラー
5/2ダッシュのアタッカーはかっこいい。
能力もなかなか強い。
が、ちぐはぐ過ぎにも程がある。
常に殴ってて不思議じゃないのに、タップが使用代償のコスト軽減とか。
荒耶は自分が殴ってても、他に殴ったキャラがいても問題なく使えるから強かったのに。

レメディア・カラー(バリア)
ダウンしないといわれても、AP5ダッシュがダウンするようなことがそんなにないわけで。
むしろ能力による除去メタの方が重要なんじゃないかな。
今は月単でもキャラを動かせるから、その分の手間がかかるけどちゃんと前に出れるし。

往診
回復系のカードなんだけど、一番弱いところをあげるならばタッチじゃ大きな効果は期待できないことかな。

永劫の剣
なかなか面白いアイテムだなぁ、これ。
相手の手札が1枚以下しかない状況で使えば3コスト奪取だし、その間にこのアイテム取り払っちゃえば永久奪取だ。
コストは馬鹿みたいにかかるが、単純に最後の詰めにも使えるし。

食欲魔人
フィールド単位の指定を拒否、っていうのはあまり使えないだろうなぁ。
そりゃ刺さる相手はいるだろうけど、ピンポイントで使える場面となると、宙雪が流行る環境ぐらいか。



そろそろ水曜拳始まるし、次はちょっと遅れるかも。
[PR]
by mma-island | 2009-04-22 20:17 | Lycee | Comments(0)