MMA ISLAND

ブログトップ

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

9/27北グリショップバトル

シンケンジャー。
相変わらず恐竜折紙はチートすぎる。
もうあいつ一本でいいんじゃないかな。
普段は遊んでるけど、罠だとわかっていても人質の安全のためにあえて飛び込むところはマジでヒーローだ。
というか前回で2話以来の殿余りでも「ま、いっか」で流しちゃうし、
今回殿は自分から遊びに加わることを選択した。
本当に、序盤の頃とは比べ物にならないぐらい打ち解けてるよなぁ。

仮面ライダー。
丁寧にやりつつも情報量がすごいな、これ。
前回は冒頭から若菜の表の顔を紹介しつつもフィリップとのなんらかの関係の示唆。
フィリップから見たビジョンからして、園崎家の人間だというのはほぼ確定でしょうね。
「仮面ライダー」という名称のつけ方も、一般人にはバイクに乗ったところしか見せてない当たりよく演出組んでるなぁ、と。
ババ抜きでの逆転劇もさりげなくベルトの機能の説明もあったりと、本当に丁寧な脚本だ。
そして次回はなんとあの黒沢監督がメガホンを取るというではありませんか。


ボーダーブレイク、昨日はちょっと張り切りすぎて一気にC3まで上がってしまいました。
ちなみにDランクにいたときに一番言った台詞は「射線上に入るな!」。
いやほんと、敵しか狙ってないはずなのに貢献がマイナスされかけましたよ。
機体パーツはあとHG胴さえ揃えばとりあえず基礎は完成。
希少金属系が銅片以外全然手に入らずに本当に泣けます。
というかこのゲームHSが非情にやりやすいですね。
普段は結構神経使わないと連続はきついのに、クリティカルキル章がやたら手に入ります。
おかげでヘッドをシュライクにするかどうか悩んでますけど。
明日からは市街地戦、そして何より10vs10。
ああ楽しみだ。
[PR]
by mma-island | 2009-09-27 23:37 | バトルスピリッツ | Comments(0)

9/25北グリ公認

夏月くん、この世には理よりも強い『まちがい』があるのかもしれないな


ボーダーブレイク、やっとD3まで上がりました
このランクだとなぜか固まって動くのが多いのでエースがいる陣営が有利になってしまいますね
おかげで順位とスコアだけでポイント稼ぐのはなかなかきつうございました
ようやく機体パーツも購入できるようになるのでwktkなのですよ



使用デッキ:星単
1戦目 日単 ×
2戦目 花単 ○
3戦目 テラペゾ ○

というわけで遊んでみた。
ちなみに組んだのは一昨日の晩、フェスタのレシピが出る前なので完全オリジナルです。
冬芽とかも入ってない純粋な星単です。

1戦目。
相手が個人メタで積んでたダヴィデとサルサが痛い痛い。
おまけに序盤でちょっと調子に乗って右フック2連発とかやっちゃったもんですから除去が完全に足りませんでしたね。
いやはや、星単は本当にシビアなデッキなんだと思い知りました。

2戦目。
AFに出たのがレオくんだけでカレイドも引かず数ターン粘りきりましたよ。
カレイド引いてからは、それまでにあまり打点差付いてなかったのでなんとか巻き返すことができました。

3戦目。
いきなり駄菓子に天誅を撃たれ、カレイドは一度も殴れず即座にテラマテ装備対応スカッドで消えました。
こちらも何も出せず、相手も何も引かない状態を数ターン過ごしまして、こちらが動かないといけない状況から一気に場が動きました。
ランスをDFに固定させたまま舞が出てきて尾行貼られたのですが、ランスを通したのは1度だけで今引きの駄菓子から朋也コンバ。
舞も相手が動き方をミスってくれたのでなんとか対面にナクトを置くことができました。
その後カレイドを引いてコンバできたもののスカッドを即座に突っ込みで消され、おまけに奪われたナクトの代わりに舞対面に置いたらまたテラペゾで取られたりもしましたが、互いに打点を最小限に抑えていたため何とかギリギリ勝てました。


うん、やっぱりメタカードにぶち当たらない限りは割りとなんとかなるもんですね。
[PR]
by mma-island | 2009-09-26 00:43 | Lycee | Comments(0)

花宙華琳さま

宙花のときとはがらりと変わっています。
というか宙は華琳さまとお姉ちゃんと一生懸命ぐらいしか残ってませんね。


宙EX1

3 CH-1548:千堂 瑛里華
4 CH-2115:曹操・華琳


宙EX2

2 CH-1792:春日 春恵
4 CH-1835:樋口 璃々子
3 CH-1960:チュチュ・アストラム
2 CH-2071:凰火 朱鷺
2 CH-2306:関羽・愛紗
4 EV-0199:一生懸命
3 IT-0226:兼定様


花EX2

3 CH-1488:園生 玖羽
3 CH-1830:三瀬 綾菜
4 CH-1832:まな
4 CH-1877:翡翠
3 CH-2047:霧島 勇美
4 CH-2049:村田 千果
3 CH-2183:鳴風 みなも
3 CH-2276:上月 澪
3 EV-0402:ダンスパーティー
3 EV-0471:たぬき寝入り
[PR]
by mma-island | 2009-09-24 12:54 | Lyceeデッキレシピ | Comments(0)

9/23ゲマウィークリー

随分間が開いてしまいましたね。


近所にボーダーブレイクが入荷したので、早速ブレイクしてみました。

おのれディケイド!貴様のせいで私の財布の中身もブレイクされてしまった!

重火力型が楽しくて仕方がありません。
おかげで強襲は火力が足りずかなり使っていて悶々とします。
ロボ物やってるといつも後方支援の火力型ですね、私は。
ちなみに名前は「ナルクス」。これもまたロボ物やるときのお約束ネームですね。
ベテランタイプ使ってます。


クレしんの作者である臼井先生が亡くなられてしまいましたね……。
本当にここ最近は老若男女関わらず偉大な人、実力のある人がなくなって寂しい限りです。


そういえばダンのHPに8話までのサブタイトルとスタッフ・キャストが公開されてましたね。
8話にカタストロフドラゴンが出たのは驚きです。
魔龍帝ジークはともかく、虚空から出てきた奴らはアニメには関わらないと思ってたんですけどね。
まあそれ以上に驚きなのが、6話でのソフィア様登場でしょうか。
ソフィアといったら皇騎のMレアで、巫女風衣装の天使様ですね。
ああいうイラストものはCGの兼ね合いで出るのが不可能だと思っていましたが、EDの一枚絵みたいにアニメ絵で登場でしょうか。
しかも声が能登です。これは楽しみだ。
というか他のキャスト表見ると、8話まで出演してるんですよね。まさかの準レギュラー!?


使用デッキ:花宙華琳さま
1戦目 花単 ○
2戦目 雪単 ○
3戦目 宙日 ×
4戦目 雪単 ○

ここ一週間デッキをいじる暇がなかったのでいつものままです。

1戦目。
相手が咲耶しか出してない状態で初手でおねえちゃんと華琳さま出せれば花単は割りとお客様状態なので。
ついでに春恵さんも追加すれば、AFを十分に展開できていない花単相手には安定して戦えます。

2戦目。
相手が伊吹を積んでなかったため、除去1回1回が重いので結構気楽でした。
何よりもその状態でたぬき寝入り2枚握れたので、相手のAFがフルで止まらなくてもなんとかなりました。

3戦目。
初手が酷すぎたのでぶっぱしました。
相手のぶん回りに一手遅れてやっと展開できたので単純に打撃負けですね。

4戦目。
出せるアタッカーがお姉ちゃんしかいないのに翡翠が来ない。
おかげで翡翠出して相手の除去に対してたぬき寝入り使う羽目に。
まあ相手の伊吹が序盤に根絶できたのでお姉ちゃんを出してしまえばなんとかなりました。

うん、やっぱり正当な地雷ですね。
2戦目は相性の問題、4戦目はデッキ落ちの運の良さがあったとはいえ、雪単2回踏んで勝てたのは僥倖でしたね。

なんかフェスタで星単が優勝したとか。
なんだろう、フェスタ優勝デッキにときめいたのは久し振りだ。
ちょっと組んでみるか、星単。
[PR]
by mma-island | 2009-09-23 22:32 | Lycee | Comments(0)

これも全部乾巧って奴の仕業なんだ

というわけで今日はカイザの日です。
実際これだけ続いてるのは本当にすごいと思いますよ。


仮面ライダーW。
さすが脚本三条と言うべきでしょうか、非常に丁寧な作りですね。
仮面ライダーWという物語の根幹部分を過不足なく詰め込んだので、この2話までで十分一つの作品としてまとまってます。
最初のストーリーが典型的なハードボイルドものっていうのもポイント高いですね。
あまりにも綺麗に収まりすぎてて逆にコメントに困る。
最後のタイプライターは笑いましたね、本当に。ローマ字だし。
そしてもう一つの笑いどころは、猫までドーパントになってるところなんですけど。


新構築済みの情報が出ましたね。
その名も轟天のヘヴンズドア。
今回収録されなかった青と黄、それに他4色のカードが1枚ずつタッチで入っているそうです。


まあそんなこんなで始まりましたね、少年激覇ダン。
虫姫さまがなんか初期設定の段階と受ける印象がまるで違って驚いた。
めっさ可愛いやん。めっさ可愛いやん。(大事なことなのでry
バトルスーツも肩出しでエロいし、結構素直系っぽかったしこいつは破壊力高そうだ。

話自体は導入部がかなり強引だったけど1話でやらなきゃいけないことは全部やってるし、及第点かな。
OPもなかなかかっこいい。
曲は最初JAMっぽくないと思ってましたが、何度も聞いてるとああいつものJAMだな、と思えてくる。
そしてよく考えてみれば初期の頃歌ってたGブレイかーとかあの辺りの路線ですよね。


さて、そんなこんなでショップバトルに行ってきましたよ、と。
使用デッキは原点回帰の割りに色々突っ込んだ緑です。
組んだのは昨夜でしたが虫姫さまが後押ししてくれたので躊躇わず出ましたよ、と。
ちなみにRNは「カイザ村上」。カイザの日ですからね。

でまあ結果は……なんか知らないけど優勝しちゃいました。
相も変わらず綱渡りな手札でしたけど。
913の日に起こった奇跡。ありがとう草加雅人。

一度メタパーツの威力を知りたいな、と思って入れた朝焼け岬が予想以上に刺さってくれたり、
優勝を決めることができたのが、今まで使いたいと思っても入れる機会なかったので試しに2枚だけ入れてみたジェン・フーだったりとなかなかいい試合内容でした。

これで今月はいって参加数5、優勝3……うん、後が怖くなるほど好調ですね。
なるべくこの勢いをキープしていきたいところです。
[PR]
by mma-island | 2009-09-13 22:32 | バトルスピリッツ | Comments(0)

バトスピ研究所第13回「白銀の機神全カード雑感」

所長「さあ、続いては緑と白が封入されたライバルパックだ」





モモンガル
特に芸のない1/1だな。
軽減のおかげで0コストになるため速攻には入るだろうがそれ以外には少々辛い。

ヒトデム
装甲:赤の付いた軽量ブロッカーだが、Lv2にしてやっと5000、しかしLv1なら1000止まりと少々使い辛い。
焼かれにくいブロッカーならラングリーズがいることはいるが、こいつは軽減用に1コア残した状態でも焼かれないことを考えればまだ使いやすい部類か。
装甲デッキにはこちらの方がいいかもしれない。

神機グングニル
弁慶トールの世界の武器シリーズ、槍編。
破壊時に1コスト以下をフルバウンスする、ここ最近顕著に見られる01メタカード。
残念ながらそれだけで終わってしまっているところが哀しいな。
単純なスペックだけで見るならばガトリングスタンドの下位互換になってしまっている。
今の環境、コスト1以下のメタが多いためそこまで重要度が高いというわけではないからな。

グラスカルゴ
高軽減を活かした展開用のバニラ。
スペックはそこそこなんだが、本当に物足りないため軽減を活かした数の暴力が主な活躍場所だろうか。

機人ドロイデン
ラグーナが軽くなった、というのはあくまで能力起動による最低コア数という点のみ。
実際場に出て頼りになるのは圧倒的にラグーナだ。
維持コアは2でもいいからあまりそちらにコアを割かなくて済むし、素のBPも高いため自身の効果で2コア8000まで伸ばせるのでシステムスピリットなのに割と殴っていける。
こいつは場に出たら結構立ってるだけで終わることも多々あるため、多少重くてもラグーナの方が場をしっかりと作ってくれるだろうな。

人馬機兵アトリーズ
Lv1の状態からでもブロック時自身パンプを発動でき、Lv2は他の状況でも生きるウィニーメタ。
しかも回復の条件がブロックしたときなので、ライオライダーのように途中で逃げられて起き上がれないということがない。
ブロック時8000なのだから、まさに鉄壁だな。
弱点は素のBPが赤に焼かれやすいことだろうか。

鎧装獣スコール
新しい鎧装獣なのだが、ただの高軽減バニラというだけなのが残念。
維持に最低2コア掛かったりとあまりいい第一印象はもてないな。

鉄騎皇イグドラシル
今回の看板スピリットだ。
レオンハウルを思わせる召喚時3000以下一掃能力に加え、Lv2から全ての白スピリットに装甲を持たせる。
これでついにマンモールと合わせて6色の装甲を付与できるようになったわけだ。
6/3と軽減がそこそこ高いくせに4コアで9000になったりと、盤面での制圧力は相当高い。

機械神の加護
現状ネクサス割りの手段はそのほとんどが赤に依存し、実戦で見かけるというレベルになればほぼ100%赤のカードになるだろう。
Lv1で放っておくだけで、このネクサスだけでなく全ての白ネクサスを保護できるわけだ。
その上でLv2の効果でじわじわと相手を削っていけば場がガタガタになってしまうだろう。
とはいえ効果適用範囲は白だけなので、他の色のネクサスを入れたデッキならば素直にオーディンに頼ろう。

ブリザードウォール
高い軽減を持ち数の暴力に対抗できる効果なのだが、少々重い。
こいつが活躍できそうな状況は、大抵対ウィニーだからな。
確かに1個しか減らせないがサイレントウォールとほぼ変わりがない、と言うかライフ1の状態でも耐えれるサイレントウォールの方が使い勝手がいい。
上手くアタックの順番をコントロールして相手のスピリットを寝かせながら、4枚目のウォール間隔で積んでおいた方が役に立つだろうな。

アーマーパージ
装甲持ちを全回復させるという派手な効果のカード。
シオマネキッドで緑、イグドラシルで白を全員起こせるようになる。
マンモールであれば色を問わず全員叩き起こせるわけだ。
その代わりそのターンは無防備になるわコストは重いわと使いどころが難しい。
効果自体は強力なので装甲ビートなら入れてみてもいいかもしれないな。





スカンクス
コア1で2000は、デメリットのない0コストでは破格の性能。
BP馬鹿の緑の面目躍如といったところか。
しかしLv2のBPが3000しかないのはまだいいとして、それまでに7コアも掛かるのが酷い。
完全にLv1専用のカードと考えた方がいいのかもしれないな。
幸い変なデメリットは付いていないことだし。

ハッチドリ
軽減がないため非情に使い辛い。
黄緑の歌鳥デッキでもなければバニラデッキにすら入るかどうか怪しい、というかまず入らないだろう。

アメンボーグ
リーヴォルフに続く2コアの神速だ。
Lv2のBPのおかげでやや使いやすい。
タッチで入れる分にはマッハジーに劣ってしまうのは残念なところではあるのだが。

重装蟲キャタバルガ
コスト1以下は割とチャンプで置かれる場合も多い。
そいつらを疲労させてしまうのは大変に爽快だ。
中盤以降でも普通に残っているジャグリーンを役立たずにしてしまうこともできるため、実は意外と活用場所があったりもする。

草原の狩人キングゲパルド
ライフが3以下という状況は、よほど病的に護らない限りは割とあっさりと迎えられる状況だ。
序盤のコアを稼ぐために1点2点をわざと受ける場合は多々あるだろうからな。
とはいえその能力のおかげというべきか素のBPは結構低い。
おかげで能力があってもLv3は8000にしかならず、しかもそれに持っていくためだけに6コアも必要とかなり燃費が悪い。
使う場合は中盤のコアブースト手段程度に割り切るしかないだろうな。

豊穣の大地
今回一番イラストが素晴らしい。
Lv1で賢者の樹Lv1の効果を発揮し、Lv2ではコアブーストの役割までこなす。
とはいえコアブーストのタイミングが少々遅く、重さもあってあまり頼りにできない。
一応クロスシザースをLv2で維持していればこのネクサスの上にコアが置いてなくても発動可能ではあるのだが。

朝焼け岬
これ以上ないぐらいはっきりとした紫メタだ。
とはいえ紫お得意のコア除去は完全に封じたわけではないのだが、これでも結構な範囲をメタってくれている。
Lv1は単純な手札の入れ替えになってしまうのでキーカード自体は引かれてしまうが、手札が全然増えないためアドバンテージを稼ぎ辛い。
Lv2になるともっと顕著で、召喚時効果自体古代闘技場のときにも封じられると結構辛いという話が出ており、それに加えて破壊時効果まで消してしまうとまさに至れり尽くせり。
これをLv2でおいておけば紫の主力をほぼ半分近く削り取ったようなものだろう。

キャリーコア
コアを増やしつつささやかなBPパンプまでしてくれる。
とはいえ3/1というコストは重く、この効果でBPが大きくアップするスピリットに使うにしてもそんなシチュエーションが早々あるかどうかも疑わしい。

エメラルドブースト
軽減シンボルの数だけBPが上昇するので、下手をすればこれだけで3000、4000のパンプが可能。
何よりもフラッシュ効果で使え、全てのスピリットに効果が及ぶため防御時には意外に頼りになったりする場面があるだろう。



所長「ふむ、今回はなかなか興味深いカードが多いな」

助手「青と黄がないのがちょっと残念ですけど、それでも結構環境が変わりますね」

所長「特にビクトリーファイアだ。あれはタッチで結構投入されるだろうから侮れないぞ」

助手「アニメ新シリーズで新規参入者も増えるかもしれませんし、大会出るのも楽しみですよ」
[PR]
by mma-island | 2009-09-12 23:07 | バトルスピリッツ | Comments(0)

バトスピ研究所第12回「紅蓮の稲妻全カード雑感」

所長「ふむ、最近は雑感しか書いてないような気がするな」

助手「研究材料が不足してるんですか?」

所長「そういうわけではないが……いや、そうかもしれないな。どうもデッキを組もうと思っても何か一味足りない感じを受けて結局形にすることはできなかったからな」

助手「僕は龍帝関連で楽しませてもらいましたけど。決まるとスカッとしますね」

所長「本来そういう楽しみ方が一番なんだろうな。今回は特に分けるほどのカード枚数でもないのだが、タイトルをどうつけるか迷ったので別々でいこう」




エリマキリザード
赤の新0コストだが、正直微妙だな。
系統を除けばゴラドンよりは使いやすいだろうが特筆すべき点はないな。
新シリーズの主力0コストといった感じだろう。

カタナカサゴ
フレーバーが物騒だな。それ以外はロクケラトプスが使いにくくなったようなものだ。
バニラを組むなら普通のデッキからエッジホッグと入れ替えて1/1を2種類デッキに入れれるようになったわけだが。

アンキラーザウルス
サポートというよりただの外殻補強だが、コストの割にはBPがさりげなく高いな。
覚醒、激突持ちがいるときはLv3で5000、おまけにLvを上げるのに必要なコアが1つずつのため他のスピリットへのコア提供をあまり阻害しない。
とはいえ序盤でしか活躍の場がないとは思うがな。
中盤は覚醒を持っていないことがむしろ場の足を引っ張ることになりかねない。

雑兵ドラグロン
軽減が1つ増えた代わりにLv1のBPが1000になった偵察兵だな。
とはいえ使い勝手はこちらの方が上だろう。
最大軽減で0になるメリットの方が大きいし、どの道同じBPになるのに同じ2コアと差があまりないからな。
ブロック時のLv1ぐらいしか差がないが、能力の都合上大抵殴り続けているだろうし、こいつがブロックに回るときは大抵数合わせのチャンプ要因だろうから特に問題ないだろう。

タルタルガー
バウンスメタを備えたスピリットだが、バウンスがそこまで幅を利かせる環境はほとんどないだろうな。
ましてやその適用範囲が自身だけというのも微妙だ。
さらに他の3/2帯に一歩劣るBP5000は致命的過ぎる。

晴天竜ウィンドレイク
タウロスナイトの対になるような性能だ。
Lv2がコアが一つ少ないくせにBPが1000高いが、Lv3が僅かにBPが低い。
それでも1コア少ないため場の動かしやすさはこちらの方が上だろうな。
8000と9000に大きな差はないし、それよりもLv1が4000という点の方が大きい。

スティラホーン
ただの芸のない高軽減バニラだな。
確かに1コアで出せてその後4コアで8000になれるコストパフォーマンスは評価してもいいかもしれないが、今では割りとありふれているのだからな、その程度は。
これで系統古竜だったら強かったのだが。

雷皇龍ジークヴルム
今回の看板カードだ。
覚醒持ちの高い攻撃力をそのまま相手は回にも使える優れものだ。
その割には少々コストの割りにBPは低いが、そこは盤面全体に及ぼす効果で補おう。
古竜でもあるが、それ以前に新系統である星竜にも期待したいところだな。
主人公の使うカードなのだから、何らかの系統サポートは出てくるだろう。

溶岩の大瀑布
ネクサス単品の性能は、単純に考えれば燃えさかる戦場の方が汎用性は高いだろう。
しかしこのネクサスは激突とのシナジーを前提にしているため、燃えさかる戦場Lv2の効果はあらかじめスピリットの方で満たせていると考えればさらに追加効果まで見込めると書いてあるのだ。
相手の弱いスピリットを駆逐しつつドローまでできるのだから、大量のアドバンテージを稼げるだろう。
余裕があれば古代闘技場を貼っておけばなお安全だな。

ヴィクトリーファイア
2種類どちらの効果でも1対2交換を行えると考えればなかなかの性能だ。
何よりこれが偉いのは、今までのネクサス破壊カードはメインにしか撃てずそれ以外にはフラッシュ効果だけしか使えなかったり、フラッシュタイミングで破壊できてもネクサスが出てないと腐ったりと欠点があったが、これはフラッシュタイミングで破壊できるのに普通の除去カードとしても使えると汎用性が高い。
その分コストは少々重めだが、今まで1か全体かの2択をかけてきた赤の焼きに3つ目の選択肢が増えたというのは相手にする側にとってはとても面倒臭いことになるだろう。

エクストラドロー
赤単のビートに於いては、単純にダブルドローを凌ぐ性能だろうな。
確かにコストが重く先行初手に撃てないが、欠点はそれぐらいだ。
手札に来るカードが見えてしまうというのも欠点だろうが、赤のスピリットで現状手札にきて困るカードはないに等しい。
逆にレオンハウルが捲れて相手が萎縮してしまうとかもあるだろう。
それ以外のときは次のドローを教えてしまうことにもなりこちらが追い詰められているときは相手に読みの手助けをしてしまうが、そんな状況ならばそんなことを言っていられる場合じゃない。
少し引っかかるのはフラッシュでのBP増加が2000のままということだが、このドロー性能で3000は逆に強すぎるだろうな。




ボーン・ドック
ただの1/1バニラではあるが、系統のおかげでかなり強い。
無魔はネクロマンシーのおかげで無駄なく運用できるため、序盤にぱぱっと展開して適度にライフを削ったりチャンプしたりで場を作り、終盤にネクロマンシーから展開して数の暴力で押し切るのが理想か。

コウモリブレラ
特にコメントすることもない2コストバニラ、それだけだな。
2/2ではあるんだが、軽減・展開用のためだけにそんなスペックを入れる余裕が紫にはないのが現状だからな。

冥闘士バラム
スピリット単体としては、特に語ることもない呪撃持ちだ。
このところLv1からの軽い呪撃持ちが増えてきたな。
重要なのは、やはりフレーバーだろう。
ストーリーとしては互いの勢力が手を組むという非常に重要なポジションである系統なだけに今後のサポートに期待したいところだ。

双頭ヘビ
召喚時1ドローのスピリットにやっと新人が現れた。
それもスケルバイパーと同じコストで、しかもLv2は1000低いものの追加ドロー効果まで持り、おまけに妖蛇。
とはいえこれでスケルバイパーがさようならというわけでもなく、新たなドローパーツでありアタッカーとしてグリプハンズも加えた御三家として活躍していくだろうな。

冥剣士ベリト
コアを1にしてズ・ガインがアタックできれば、そんな状況をこれ1体だけで叶えてくれる。
とはいえズ・ガインはLv3のランダムハンデス効果が強力で、Lv3へのコア数が少ないとはいえやはりランダムハンデスがないという違いは如何ともしがたいな。
まあ登場時4コア以下のスピリット1体を問答無用で除去できる、と考えれば悪くはないか。

呪われし神殿
BPパンプと千本槍のドロー効果を併せ持った新ネクサスだ。
とはいえ紫はBPパンプはあまり重要じゃないし、むしろ低いBPを千本槍Lv2の効果でプレッシャーを与える戦い方のほうが有効的だった。
疲労時1ドローの効果を発揮するために2コアを拘束されることを考えれば、まだ千本槍で十分だろうな。

蠢く地下墓地
久し振りの直接的な緑メタネクサスだな。
コアブーストを封じることはできるが、それだけだとコアブーストを主軸に置いたデッキ以外には大して影響はないだろう。
むしろLv2の方が厄介だろうな。
紫に対抗するためにはコアが充実しないと数は出せないだろうから、これだけでも十分きつい。
ブロックだけでなく、アタックだけでも疲労するわけだからな。
とはいえ速攻には十分に機能せず、もっぱら中型がその獲物になるんだろうけど。

サドンデスドロー
手札交換と同時に僅かながらのBPパンプ。
とても効率が悪くて使ってられない。
精々使い道が封印された魔道書Lv2とのコンボぐらいだな。

カースエンチャント
メイン効果のみでの呪撃付加、というのは少々遅いな。
とはいえ序盤では弱いスピリット限定のインビジとしては使えるので全体の流れをみれる人には……いや、やっぱり手札アドがきついか。
元々呪撃は基本的に1対1交換だから、それ以上は使い勝手が悪いんだ。


所長「ふむ、改めて書き出してみると今回は本当に少ないな」

助手「まあ構築済みだけですからね」

所長「この調子で次もいってみようか」
[PR]
by mma-island | 2009-09-11 00:51 | バトルスピリッツ | Comments(0)

宙花華琳

宙EX1

4 CH-2115:曹操・華琳
2 CH-2299:不動 如耶


宙EX2

3 CH-0903:クロイス・ターニア
4 CH-1835:樋口 璃々子
3 CH-2196:フランチェスカ
2 CH-2291:楽進・凪
2 CH-2292:獅子王院 姫
2 CH-2295:諏訪 静香
2 CH-2297:厳顔・桔梗
2 EV-0198:取り合い
4 EV-0199:一生懸命
3 EV-0465:投擲


花EX2

3 CH-1830:三瀬 綾菜
3 CH-1832:まな
4 CH-1877:翡翠
4 CH-2049:村田 千果
3 CH-2183:鳴風 みなも
3 CH-2276:上月 澪
4 CH-2281:長森 瑞佳
3 EV-0451:牛乳


久し振りに真っ当な地雷です。

華琳様と千果で宙花のいいドローソースになれるんじゃね?

宙と花っていったら安定アタッカーでお姉ちゃんはなぜか入っちゃうよね

桔梗とだよもんも試験運用してみようか

あれ? だよもんとクロイス組み合わせたら強くね?  ←今ここ

なんてことやってたらこんな形になりました。
見事にほとんどが夏リセのカードなのは本当にただの偶然です。
姫は完全にただの趣味、牛乳は詰めに奪取封じにと色々と活躍してくれます。

なんか自然に色々とメタってしまっているうえ物理的に止められないアタッカーがいるので、真っ当に地雷として働いてくれます。
特に花単、その中でもすもも型は格好のお客様です。
まあブン回りデッキですね。
[PR]
by mma-island | 2009-09-10 23:25 | Lyceeデッキレシピ | Comments(0)

9/10ゲマウィークリー

冬にやるライダー祭りのサブタイトルが決まったようですね。
「ディケイドVSオールライダー」と「仮面ライダーW エピソード0」の二本立てです。
今回は別々にやるみたいですね。
個人的に「エピソード0」という言葉に目がない私にとってはWの方が気になったり。
30分らしいからそこまで話を展開できないだろうし、そのおかげで登場人物も絞られるだろうなぁ。
一番有力な予想は1話冒頭の1年前の話だとか言われてるけど、そうなった場合フィリップはほとんど出番ないし、ヒロインはそもそもおまけにちょこんと出てくる以外出てこれる要素がない。
とはいえこれ以外だとエピソード0という看板掲げるほどの話は作れないんじゃないかな、と思う。

で肝心のWですが、久し振りに期待通り面白い作品というのを見た気がする。
新シリーズの第1話としてはほぼ満点に近い内容だったんじゃないでしょうかね。
おそらくあるであろうと予想されていたハードボイルド作品のパロディも、AA化までされている探偵物語のパロディという有名所持ってきたし。
あと何度も見返してくると、やっぱり殺陣や演出の左右の拘りがすごいね。
変身ポーズはお互いが差込口とは逆の手にメモリを持ち、変身時のカットが二人の腕でWの字を描くという、子供も真似しやすく絵面もかっこいいですよね。
手足伸ばしはなんでもルナジョーカーのときにしかできないそうですが、超常系とはいえ最初にこれを見せられたらルナメタルやルナトリガーはどんな風になるんだろうと期待できますな。
次回出てくるティーレックスドーパント、本スレでやたら人気なので非情に気になります。


とりあえずバトスピの構築済みはゲット。
書けたらまた全カード雑感でも書きますね。
[PR]
by mma-island | 2009-09-10 22:55 | Lycee | Comments(0)

9/4北グリ公認

つい最近、新しいあだ名がつきました。
札幌のビックリ箱、札幌の地雷王に続くその名は札幌のテストプレイヤー。
私が使ったカードがたまに、私が使わなくなってから流行ることからいきなり付きました。
最近は広野ミサイルやハーモニカ、古くはメレムですね。
その一方で流行ってほしいカードは全然見ないのが哀しかったり。


TF4、SOVRの一部カードまでを収録って、もしかしなくてもセイヴァースタードラゴン絡みだけなんだろうなぁ。
爬虫類デッキがなかなか残念な出来になりそうだ。

龍亞(シグナー)みたいな別バージョンキャラがいたら結構絶望したい。
ああいうキャラは特殊能力なんて一切ない普通の人間だからこそ輝くんだよな。
遊戯王無印で例えるなら凡骨だね。お、かっこいいぞ。
DBで例えるならクリリンだね。……あれ?
まあ彼は一応地球人最強だし、GTラストの組み手はかっこよかったね。


今日使ったのは、月花でのハーモニカデッキ。
まあ単純にみさき先輩使いたかっただけなんですけど。
ちょっと色の配分の微調整を間違った部分はあったんですが、それ以上に色の引きの偏りがやばかった。
2試合やってドローや智夏の引きが1試合目花単、2試合目月単になるとか、混色にする理由なし。
さすがに今回のは偏ったサンプルとして記憶に留めておくだけにしておきましょう。


でまあ、月花レイヨンなんてのを考えてるわけです。
……ちくしょう、なんで梅サンドと見物の発生コストが逆じゃないんだ……。
素コンバできないのは色々と弱いんだよなぁ。
[PR]
by mma-island | 2009-09-05 00:13 | Lycee | Comments(0)