MMA ISLAND

ブログトップ

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

SATUGAIせよ!SATUGAIせよ!

ってことでなのは見てきました。
え? Fateじゃなかったのかって?
あと30人ぐらいのところで1回目上映分が売り切れたので華麗にスイッチしました。
まあなのはも1回目売り切れてたら即帰ろうと思ってたので駄目元でしたが。
セイバーコスの人にこんな場所で写真要求する痛々しい光景を横目に飲食物とパンフゲットしてなんとかギリギリ予告編上映中に着席できました。

ストーリーについては特に心配はしてませんでした。
元々ちゃんと要点を絞ればきっちり収まる尺でしたからね。
だからこそプレシアの補完があそこまであったのは逆に驚きました。
そして本編ではいまいち伝わってこなかったプレシアの絶望がひしひしと伝わってきた思わず涙が。
今回一番面白かったのがプレシアの回想なんじゃないかな、と思うぐらい。

バトルもハイクオリティで、何度でも見たいぐらいですね。
フェイトも砲撃系みたいになってますが、まあ彼女はシグナムと対峙するまでそんな感じでしたからまあいいとして。

サブキャラも変に削られるようなことがなくてよかったですよ。
すずかとかすずかとかすずかとかアリサとかすずかとか。

今回のなのはは真っ先に戦士としての決意を固めてそれを土台にしていたTV版と違って、
彼女が生来持つ優しさを土台に強くなっていきました。
この違う土台を持ったなのはがどう育つのか密かに楽しみだったりします。



バトスピチャンピオンシップ札幌予選の当選告知が来ました。
まあこれ自体はハイランカーパス持ってるので当確も同然でしたが実際来てみて一安心ですね。

一番の不安要素は、やっぱり新弾発売直後の大会ってことでしょうか。
前日にある手稲ゲオの大会でどれだけ回せることができるか、ですね。
[PR]
by mma-island | 2010-01-24 00:51 | 雑談 | Comments(0)

1/22北グリ公認

さて、明日の映画ですがいまだにどっち行こうか決めかねております。
それでもまだFateの方に気持ち傾いてるんですけどねぇ。
主題歌聞いてテンション上がってるのがこっちなので。
さすがにこの歌詞は反則だろう。


公式で天醒のカード紹介が出ましたね。
勇者シリーズが強すぎる。
使いやすい分類に入るカードばかりなのに常時効果が酷いウィニー殺し。
いやまあちょっとウルが劣るかな。
装甲持ちっていうのは嬉しいんだけど色が赤/白だし。
今の環境考えれば紫/青辺りの方が嬉しいかな、バリエーション的に。

黄のキーワード能力が判明。その名も『聖命』。
相手の力を浄化して己の生命力へ転換するといった感じでしょうか。
これはいや過ぎる。通したくない。でもウィングブーツが鬼畜過ぎる。
しかも披露された聖命持ちが転召持ちとはいえいきなりブロックできないスピリットっていうのはすごいファーストインパクトだ。
聖命の説明に持ち出されてますが、虚神の時点で聖命持ち確定。
これで3コスト聖命とか出たら相当いやらしいよね、本当に。
まあそういう軽いのは恐らくLv2からで必要コアが3つぐらい必要そうだから先攻1ターン目聖命持ちエンドっていう手も出てくるんだろうか。


最近まで話題に出した某ラノベ原作のアニメのEDを延々リピート中。
うん、この映像を店頭で見たからこそ今興味持ってるんだよね。
で、見てて思うんだけど……女キャラいらなくね、これ?
一番面白いのが男4人でいるときだし、潤いとしては秀吉がいるから必要最低限の分は揃ってるわけで。


使用デッキ:宙雪フラッシュバック
1戦目 花単 ○
2戦目 芽衣子ゲムセ ×

なんか急にフラッシュバックコンボ+ミズチが使いたくなった。ただそれだけ。

1戦目。
相手にアタッカーが出なかったので、華琳ちゃまだけでゴリゴリ押してました。
凛とかいう華琳メタの一角が出たのでささっと奪って殴ってそのまま押し切りました。

2戦目。
初手でEX1が5枚。そして3ターン目までEX2を引かないとか限界なんですが。
そんな状態でろくにアタッカーも出ず、姉御いる状態で手札3枚切手の伊烏のドローで宙EX2を引けば、ちょっと美味しくないけど沙耶を奪ってまだ戦える……ってところで案の定引かずに投了しました。
いやほんと、あそこまでピンポイントでEX1ばかり引いてたらなにもできませんって。
唯一握ってた宙EX2も食料だったんですが、それで出せるキャラが能力の対象がいない伊烏とすでに場にいる華琳だけで、しかもムダに爆破解体握ってるもんだから切れないという悪循環。


さて、堪能したので崩しますか。
他に4つほど勢いで組んでしまったのですが、ちょっとその過程で思いついたコンボを試してみたくなった。
明日の大会までに間に合うかな?
[PR]
by mma-island | 2010-01-22 23:50 | Lycee | Comments(0)

1/20ゲマウィークリー

23日公開の遊戯王、非情に楽しみにしていたのですが、とてつもない罠カードが仕込まれていました。
その名も『地方単館上映』。
いやほんと、1月下旬は特に目玉の映画も少ないのになんで札幌外れて江別オンリーなんですか。
映画見に行くのに往復でその入場料以上を払わなきゃいけないとか。
こうなったらなのはかFateなんですが……どっちも朝一だと嫌な混み方してそうだなぁ。
同一館のうえなのはが先着順リピーター特典なんてやってるので、全然人が減らなさそうだし。あんな狭い場所で。
まあ見に行くとなったらfateかな。なのはは特典騒動が落ち着いてから行こう。


使用デッキ:雪花楓
1戦目 宙単 ×
2戦目 宙単 ×
3戦目 不戦勝

とりあえず久し振りに楓を使いたくて組んだ。反省はしていない。

1戦目。
まあいきなり出てきたメリッサに疑心暗鬼撃って、たぬき寝入り撃たれるのはもう1枚握ってたからまだいい。
でも2枚目以降がいつまで経っても撃てないのはどういうことですか?
ハーモニカもバンバン発動してるのに単色デッキ状態なのですが。
1ターン撃つのが早ければどうとでもなったんですがね。

2戦目。
美魚握ってるくせにモデルが早々に4枚まとめて落ちるとかね。
おまけにミネットも全部落ちるから一か八かもできない始末。
それでも一応紙一重で勝てる状況だったんですが……プレイミスで負けました。
気の抜けたときって本当に負のスパイラルはいりますね。


とりあえず参加費で買ったアリスBEでラキカ引いたからまあ元は取ってますね。
さあ次はなにで出ようかな。


>ドリー君
まああれは花嫁出して力技で押し切るデッキですからね。
まずは花嫁を即座に出せるほどの愛を磨かなければ。
[PR]
by mma-island | 2010-01-20 22:10 | Lycee | Comments(0)

1/19ゲマ公認

ライアーゲーム2はやっぱり酷かった。
原作版対ヨコヤの焼き直しをやったと思ったら、ラストはドラマ版対ヨコヤの焼き直しだった。
どんだけ焼き直しが好きなんだ、このスタッフは。
おまけに劇場版予告とやらでナオをファイナルに誘う台詞まで2回戦敗者復活戦そのまんまとか。
しかも以前騙された言葉になんで疑いもしないんだこいつは。
あと前回冒頭でやった秋山の過去編の改悪、更に斜め上だった。
内容そのまんま持ってくるなら尚更葛城が解明役なのはミスキャストにも程がある。
映画版はオリジナルなんだろうかと思ったがXとか言い出した辺り今度は少数決の焼き直しになりそうな気がふつふつと。
せめて映画は見に行こうかと思ったけどその気がよりにもよって本編でガシガシ削られていっているのですが。


先週話した……タイトル忘れたけど某ラノベ、別人物の視点の話があると聞いた3.5巻まで読んでみた。
うん、はっきりわかった。やっぱり主人公が癌だ。
いや別にこういうキャラが嫌いってわけじゃない。アニメでは平気な辺り、こいつの一人称が問題なんだというのがよくわかる。
実際キャストでいえば上から5番目辺りの立ち位置にいれば典型的な賑やかしとして好きになれたんだが。
中でも明らかに問題行動起こしておいて自分は清廉潔白だと思い込んでたり、いくら友人相手だからってそいつらをナチュラルに下に見てる態度は結構イラッとくる。
それがない赤毛の一人称短編は、主人公成分満載のキャラだったからなのか初めてすっきりとした気持ちで最後まで読めた。
ギャグのセンスもキャラ造詣も結構好きな部類なんだけど、それを読むための致命的な障害だなぁ、これは。

あとやっぱり、ガチバカって設定が一人称視点に向いてないっていうのが一番の問題かな。
小説である以上しょうがないんだけど、致命的な馬鹿が物事を的確に認識していたりやたら洒落た言い回しや表現を多用してるのに、都合のいいところで急に馬鹿になるのはやっぱりちぐはぐ感がある。
やっぱり一人称オンリーの小説って、人格面の問題や情報の食い違いが大きいものは複数人の一人称視点を絡ませたり、一人で行くつもりならある程度常識持ってて平均レベルの学はあった方がいいよね。


ようやくはなまる幼稚園見れた。
うん、面白いね。
なんか安心して見れる。
あと山本先生スペック高すぎる。


そういえばテニプリも全国編がオンエアされてたね。
実を言うとTV版は毎週見てたけどOVAの方はノーチェックだったから助かった。
ただ比嘉中相手にこれだけ尺使うと他のところとの試合は大丈夫なのか? と心配になってくる。


使用デッキ:月日反則技
1戦目 宙日 ×
2戦目 不戦勝
3戦目 星単 ○

とりあえず反則技を使いたいためだけに組んだ。反省はしていない。

1戦目。
反則技撃てたし、美羽で縦に動ける基本能力も消したし、メレムもウェストも出せた。
中盤にやっと反則技引けたのでその間の打点差が大きくてあと一歩で負けちゃいましたが、やれることは全てできたので満足でしたよ。

3戦目。
先攻とって2投なのに初手にいたナギを出したらど真ん中ストライク。
後はナギで殴りつつドローしながらダッシュ持ちアタッカー軍団+バーン軍団でレッツパァリィ。
相手が駄菓子握れないうえ朋也の下が全部デッキの下っていう事故もあって勝てました。

なんというか、楽しいですね。
エリア形花単殺しに行ったのにこういうときに限って0人というのが哀しかった。
ちくしょう、なんで火曜に珍しく人がきたっていうのにキワモノ+パワーファイターばかりなんだ。


あとドリー君が雪花ダブル花嫁を回してくれたのでテストの手間が省けました。
さあ、次はどのデッキを組みましょうか。
[PR]
by mma-island | 2010-01-19 23:31 | Lycee | Comments(1)

……え?

声優の郷里大輔さん自殺か
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010011890160003.html



…………………は!?


えっと、冗談…………だよね?

誰か冗談だと…………はい!?
[PR]
by mma-island | 2010-01-18 17:42 | 雑談 | Comments(0)

さらばNよ!

……誰だよ、中の人の現在の仕事終わり次第強化再登場フラグとか書いた奴。
風都を愛した男園崎霧彦、その体を塵と化し風と共に去りゆく。
ラストにでてきた新聞にも「風都を最も愛した男」って書かれてるし。
その下のいけしゃあしゃあとした冴子のコメントにやたら殺意覚えますが。

そして今回ついに判明した園崎家の闇。
でまあこれで大体わかったことですが、若菜もミックも実験体ってことですよね。
以前からテラー、タブーときてクレイドールやスミロドンという落差が色々言われてましたが、実験体だと考えればそれも当然のこと。
ミックは動物へのメモリ使用による実験体。でも本人はその自覚なし。
そのミックが若菜の命令を聞かなかったり、パパがやたら冴子と違ってやたら肝要なのも納得行きます。
要するに、関心がないんですよね。
だから自由にやっていいと言うし、メモリを捨てたのを見たら実験体としてそれをずっと持っているよう厳命する。
W対ナスカ、スミロドンのバトルを近所の野良猫の喧嘩みたいに追い払ったのを見てから価値観がずれているだけの気のいいパパだと思っていただけに、今回のエピソードを見た後の若菜に対する態度の印象が180度変わりました。
それはそうと若菜ってフィリップとの一件以来明らかに服装変わりましたよね。すごく乙女な感じになっております。
そんな若菜にも奇妙なフラグが立ちましたね。
前回フィリップが前面に出ることでファングメモリがやってくることが明かされましたが、ってことはファングジョーカーで若菜と戦うことになるとお互いにとって最悪の形での正体バレが来るってことに。

風都を愛した男が去り、風都を嫌う男が来る。
仮面ライダーアクセル、照井竜。
彼は風都にどんな風を起こすのか。


シンケンジャーもクライマックス。
予告で彦馬さん斬られるフラグかと思ったら上手く映像繋げたもんだ。
姫も千秋が言うように憎たらしかったらどれほど楽に展開が進むことか。
そりゃ確かに丹波が言うこともあの立場からすりゃ正しいことばかりなんですがね、ああいう性格を姫もしていたらすぐに張り倒して殿の元に向かうでしょう。
でも姫はちゃんと殿や流之介たちの心情を汲み取り、余計なことも言わず普段は刺激しないように丹波が何か言ったときや外道衆の襲来のときにしか姿を見せず、ちゃんと敬意を払って最低限の接触に努めている。
あんだけ気を使われたら、そりゃ内心納得いかなくても外道衆との戦いには赴きますよ。
シタリも今回危うく死ぬんじゃないかと心配しましたが何とか大丈夫なようで。
かと思えば次回は太夫がピンチ。
ドウコクさん、早く出てこないと出番なくなっちゃうよ。


馬鹿のテストと召喚獣、でしたっけ?
ゲマのデュエルスペースのすぐ隣でガンガン流しているため嫌でも耳に入ってくるんですよ。
それで弟の部屋にあった原作本の一巻だけ拝借して読んでみた。
一言でまとめると……主人公いらなくね?
話を回す要素を全部親友が持っているわただ無駄に足引っ張るだけだわ酷すぎる。
そしてガチバカのお調子者を主人公に添えるのはまだしもそれの一人称視点とか富野小説よりも読みづらくてしょうがない。
世界観や問題形式のギャグは普通に面白いからギャグのセンスはあるんだろうけど。
あとアニメ版はOP曲、EDのイラスト、戦闘シーン以外の作風、声(特に親友と変な言葉遣いの男は癖になる部類)は好きなんだけどねぇ。

とにかくアニメならともかく小説の方での主人公がこの作品のダメな部分の大半を持っていってるのが惜しいなぁ。
主人公の特権としてペナルティにしかならない制約があり、加えてガチバカなのでどこにいても間違いなく足手まとい、なのに得意分野もないっていうのがやっぱり一番わかりやすい癌かな。
こんな制約持った主人公だと、一番しっくり来るのって軍師系キャラなんじゃないかな、と素人考えながら思うわけですが。
これなら普段はペナルティを理由に前に出なくてもいいし、直接戦闘を避ける理由にもなる。
普段はおちゃらけたガチバカだけどいざというときは脳の回路が正しく繋がるのか名軍師へと変身。
でも戦略・戦術を立てるのは得意だけど、人身掌握・部隊の統率は親友の方が優れているから親友経由でその戦術が伝えられる、みたいな感じで。
これなら親友を原作通りクラスの中心人物にしつつ主人公を立たせることも、秘密を共有している二人の間柄がより親密になることに説得力が生まれる。
視点は軍師系キャラは一人称は戦略・戦術を編んでいるときぐらいで、基本は主人公よりの三人称ですかね。

まああくまでこれは1巻しか読んでない人間の意見なので、ひょっとしたらこの後主人公が癌って事態が解消されているかもしれませんが。
でも解消されてなさそうな気がして2間以降読む気がなかなか起きないんだよなぁ……。


でまあやっとリセの話題。
パーツだけなら色々組みたいものがあって大変です。
ハーモニカや早希が出たのでシオン(アトラス)の出番なんじゃないかと組んでみたんですが、ちょっと花単メタが枠取りすぎてちょっと崩しました。
花音をほとんど見なくなったためどんどん宣言型のデッキが増えてきてるんですよね。

あと4枚キープしていたはずのメルクリアーリが2枚しかないという悲劇。
う~ん、他のカードでも一応代えは効くんだけど、盤面含み一番効率いいのがこいつしかいないんだよなぁ……。

ついでに反則技なんていう懐かしいカードも発掘してみましたが、撃った後なにしようかすごい悩む。
なんたってAFDF入れ替えたあと強いカードって花や宙が多いんですよね。
むしろ日や月ってそういうのの旨みがあんまりなかったり。
どう組んだらいいものか。
次の大会には持っていきたいんですが。
とりあえず縦に動けるパンチャーをピックアップしておくか。
[PR]
by mma-island | 2010-01-17 20:21 | Lycee | Comments(0)

1/15北グリ公認

昨夜は本当に最悪でした。
なかなか寝付けなくて、ようやく眠気が襲ってきたところにあの地震。
ええ、ばっちり目が醒めましたよ。


最近色んなデッキは組むも回す機会が全然なかったり。


使用デッキ:花日歯車
1戦目 月単 ○
2戦目 花単 ×


ハーモニカ歯車とか、チンジャオロースーとか使いたかったらなぜかこんな型になった。
鈴鈴がどっちにも対応していて偉すぎる。


愉快な三色デッキ組もうと思いましたけど、それどころか四色なうえ相手依存過ぎて回せんのかこれ状態です。
回せたらきっと楽しいことになるんだろうな~(ワクワク


>シンさん
るーこデッキは洒落抜きにありえるんですよね、現状
LAEでうたが収録されるので雪単も増えるでしょうし
まあ雪単に当たると相当厳しいっていう問題はありますけど
[PR]
by mma-island | 2010-01-15 22:51 | Lycee | Comments(0)

1/12ゲマ公認

ライアーゲーム2が予想以上に酷かった件について。
まず冒頭が酷かった。
あれは本編ではあまりそういう面を見せない、秋山の善の面を描いた番外なのになぁ。
加えて人の心を見ることの大切さを学んでほしいっていう願いを受けるっていうエピソードなのに、何で単純な勝ち負けを競う場になってるんだよ。
そしてセミファイナル後半のゲームもオリジナルかと思ったらそのまんま密輸ゲーム、しかも前回のドラマじゃできなかった密輸ゲーム後半戦の完全焼き直し。
勝負を決めるトリックを追加ルールで封じているとはいえ、酷すぎだろ、これ。

前回は性別・トリックの変更はあったが最終回以外は原作の雰囲気をちゃんと出そうとしていた。
でも今までの放送分はオリジナル展開に走っておいたくせに無理矢理に原作再現、
おまけに某動画の影響でも受けたのか明らかに悪乗りしすぎのフクナガの過剰な演出と色々やらかしてきましたが、今回は本当に酷い。
なんか色々勘違いしちゃってる部分が突出してて痛々しいレベルにまで達してるんだよね。

一方の原作ではヨコヤVSハリモト激化。
ハリモトはいきなり秋山とヨコヤを出し抜いてインパクト与えましたが、ここから更に牙を向くんでしょうね。
しかもそんな状況で第4勢力とか目が離せんわ。


使用デッキ:宙雪毒舌恋
1戦目 花単 ○
2戦目 雪単 ×

とりあえず以前試した宙雪から、恋のギミックだけ取り出してみた。
いやほんと、デッキ1枚破棄があるとはいえ7/7は止まりませんね。
あと雪で気軽に使えるタッパーがやたら増えてることも再認識。
雪が補助の混色だと本当に詰めが油断できなくなりましたね。
[PR]
by mma-island | 2010-01-12 22:40 | Lycee | Comments(1)

1/9北グリ公認

火・水とゲマの大会出てたんですが、書こうと思ってたらいつの間にか今になってた。

ドリクラ発売まであと1ヶ月……長いなぁ。
ゆずと違って楽しいカードが見えているので待ち遠しいですよ、本当に。

とりあえず発売したときのためにお試しデッキ組んでみたんだけど、楽しそうで濡れる。
まあ早い話が宙花卯ノ花運送ですけど。
ただドリクラ発売したら9割ほど入れ替わるんだろうけどね。


とりあえず色々デッキ組みました。
月花バーン型はなかなか楽しいです。
宙相手にも大分打点差ひっくり返せたので、突っ込み満載の月と当たらない限りは結構楽しい。
まさかこみみとか、久し振りに日下部だの前原母を入れるとは思いませんでした。
ただし軸となる奏+愛理が一度も場に出なかったのが問題か。
……なんで4投なのにどっちも引かないかな~。

それで今日は4色芽衣子ゲムセで出てみました。
結論から先に言いましょう。花邪魔。
明らかに宙雪月の方が回るし強かった。
4色は切り捨てて、これからは3色で詰めていこうと思います。
あと6日もすればプロモ沙耶が使えるようになりますしね。


さてあと組みたいデッキは雪日ウェスト、新機軸の宙日ウェスト、新型ローレルの三本です。
宙日ウェストは今までと違ってコンボ要素が強くなるのでアドリブが効き辛くなるのが難点かな。

ネタデッキも色々組んでみたいけど、どうにも中途半端というか、自己満足で終わって「勝つ」ことに繋がらないのが多くて困る。
[PR]
by mma-island | 2010-01-09 00:32 | Lycee | Comments(0)

battle field

あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いします。

ってなわけで、うみねこEP6読み終わったので考察書きつつ新年のご挨拶を。


その前に秋田禎信BOX、1巻だけですが読み終わりました。
まさか書下ろしが20年後というのは予想外でした。
そのままあとがきでいう第3部をやるのかと思っただけに。

マジクの扱いが予想外でしたね、やっぱり。
今回もHP掲載分の序盤で出番が終わってたり、いつぞやのラッツベインの短編でも散々な言われ様なので色々と気になってましたが、かっこよくなりすぎ。
コルゴンがサポートに回ってたり(単にマジクがサポートの動きができなかったのか)、ヴァンパイアを一人で倒したり。
おまけにコルゴンもいる騎士団の中で「最強」とオーフェンが呼ぶほどの成長を見せる。
実際に構成について語られるのはほぼ1回だけなんですが、それだけでもとてつもない成長をしているのがわかりました。

あと00の劇場版の主題歌、UVERに決まったみたいですね。
他にもカティの部下のイノベイド、グラハムの新MS、既存キャラの新規ビジュアルも公開。
この映像はSE3で収録されるのかな? 楽しみです。


>シンさん
まあ私も今はそう思ってるんですけどね。
今のところははっきりとした裁定待ちですね。



さて、その辺は手短に終わらせていつものうみねこEP6考察を。
畳んでおきますので炙り出しはなしですが……今回は洒落抜きで長いですよ?

観劇者のお茶会へ
[PR]
by mma-island | 2010-01-02 17:15 | 雑談 | Comments(0)