MMA ISLAND

ブログトップ

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2/26北グリ公認

とりあえずジェシを主軸に組めるデッキを考案してみた。

研究していく内に何だかダッシュ持ちに無理に拘らない方が回ることがわかってくる。

むしろここはボーナス含む打点の入りやすさの方がポイントだろう。

ビートで組めばいいよね。

日単ダッシュビートウェスト完成  ←今ここ

アルェー?


使用デッキ:宙花バトラ
1戦目 宙単 ×
2戦目 花単 ○
3戦目 宙タッチ花 ×

早速組んでみた……らもう一人バトラ入りいるとかどういう事なの?

1戦目。
バトラ入るけどラーメン来ない。

2戦目。
初手にバトラ出したら相手が愛佳。
それだけならまだ処理できたのにともD&T+散歩とか羽ピンとか出てきてなかなか打点が通らない。
何とか最初の打点キープして、後はゲームマスターで無理矢理打点通して何とかしましたけどね。

3戦目。
ま  た  ラ  ー  メ  ン  か。
なんかもうラーメン10枚ぐらい入れたくなってきたぞ。


なんだかんだで制圧力は異常ですな。

他に組めるバトラは雪花か月花ニナ鯖か。
どちらにしろ最強補助の由紀香とファニーちゃんを絡められるのはいいことだ。

あとなんかさりげなく紗音絡みの期待があったのでカードリスト漁ってみましたが、能力を主体にしようとしたならやはり相性抜群なのは鈴緒で、自然とゲムセになっちゃうんですよね。
とりあえずガートルードを絡めた月花を組んでみましたがどうにもインパクトがありません。
動きはみのり→ガートルード、次のターン紗音をみのりの後ろに出して殴った後モデルでみのりとハンド回収。
あとは回収したみのりから蓮花出すなりしてハンド調整しつつ場を埋めていく感じでしょうか。
なんか手札調節さえできればガートルードが結構優秀に思えてきた。

あと見直すところといえばゼパルとフルフル。
やっぱり配置もそこそこ優秀で1コストのEX2で3/1っていうのは予想外に偉かった。
今さらながらにグラドリの有難味がわかってきた。
思わずゼパルとフルフルを2デッキ分集めちゃうんじゃないかと思ったぐらいだ。
[PR]
by mma-island | 2010-02-26 23:02 | Lycee | Comments(0)

2/25ゲマ公認

約2週間ぶりの大会だ。

改めて07th2.0のカード眺めてみたんですが、汁鰤はいい仕事と悪い仕事を同時にやってくれる。
いい仕事は今回のネオパラのデザイン。
そしてキラキカの小ネタ。
こういう細かい部分にも気を使ってくれれば楽しいんだけど。

悪いところは、今回のカード効果。
見直してみるとやけに「この特殊能力を失う」の一文が多いこと多いこと。
今までは消えても「ターン終了時まで」とかだった効果にも見られるこの一文。
こんな無駄なところで自重してどうする、汁鰤。
なんで面白そうな効果にまで自重して台無しにするのか。
自重するポイントを盛大に間違えてるよ。

今回本当に揃いやすいですね。特にレア。
キラのレア枠1枚になったのに半分近く4枚揃いました。
大会参加費のパックで欲しいのをピンポイントで引いたおかげで、初めてシングルの手助けがいらなくなりましたよ。
今回は結構ツキがあったみたいですね。
ここ最近ご無沙汰のラキカも引けましたし。
あとラキカ3枚か……。


使用デッキ:月日パーミッション
1戦目 不戦勝
2戦目 宙雪 ×
3戦目 日単ダイダロス ×

久しぶりに組んだ雪日雪音とどっちで出ようかと迷って、久しぶりなのでこっちを選択。

2戦目。
中盤まではこちら大幅有利。
相手はAFエセルのみで、メレムに2回毒電波を撃って相手の展開を大きく遅れさせる。
加えてこちらはメインパンチャーである早希がいないものの明命と蒲公英で打点大幅有利。
相手が鈴緒出した時に、突っ込み切った後だったので茜落ちたのでひやっとしましたが、相手がメレムを出すことを選択し百物語の方を回収してくれたのも大きかったですね。
ところがその後引いてくる色が噛み合わず、ミズチが出てカウンターも握っていたのに色が合わず撃てない辺りから押し返される。
極めつけは相手のDFが責務を消したリースリットと鈴緒という状況で反則技を握ったのに、左上に日と書かれたカードを1枚も握らなかったこと。
1ターン早く日EX2を引けていれば何とかなったんですが、間に合わない打点を食らった次のターンでようやく引いたが既に手遅れ。
おまけに相手が最後にメリッサ・ナイトメアというピンポイントで強力なカードを出してきたため守り切れず負けました。

3戦目。
封じるべきカードが多いのに場に出るキャラもカウンターも引かず、相手の準備が整ったので途中投了しました。
まあデッキ相性的には先に自分のスタイルを確保した方の勝ちなわけですからしょうがないですね。


さて、このデッキは07th2.0ではゼパルとフルフルを入れるぐらいかな。
結構枠がカツカツなんですよね。

次に組む新デッキは、紗音を含んだ月花か、それともVIPバトラか。
トラペゾなんて邪道ですよね~。
今回最初にも書いたように中途半端に自重したせいで軸にしたりできるほどのカードがないんですよね。
軸にしたくても1回でなくなるんなら何の意味もないですからね。


……ああ、早くPC修理から帰ってこないかな。
[PR]
by mma-island | 2010-02-25 22:29 | Lycee | Comments(0)

Ver.07th2.0全カード雑感

しばらく更新がありませんでしたが、PCのOSがぶっ壊れました、先週の木曜の朝に。
おかげでPTBBS見れなくて偽島がちょっとヤバい状態に。
今はこの為だけに家族のPC借りてますがね。
なのであまり時間かけれないので手早くいきましょう。




古戸 ヱリカ
さりげなくコストが増えてちょっぴりショック。
ただEXが2になってるので積みやすくなったからプラマイゼロかな。

シエスタ556
支援役らしい能力で、何で離れてもOKっていうのが強みかな。
しかも自ターン中のみのタイミング制限で0宣言。
問題は3コストってことじゃなくスペック。
この能力なら3コストは不幸で飛ばせるので実質2点は確定できるけど、場に出すならDP4は欲しかった。

八城 十八
月にいたね、似たようなカード。
ただしこの能力はタイミング指定がなく、落ちたものから選んで回収できるので確実に目当てのカードを入手できる。
これでゲーム1回なのがきついなぁ、3コストなのに。

古戸 ヱリカ(隷属の婚姻)
能力自体はなかなかに強い。
のだがやはり問題はEXか。
コスト的には混色でも使えるのでそこに活路を見出すのもありといったところ。

フェザリーヌ・アウグストゥス・アウローラ
実に雪のファッティらしい。
ここ最近は割と顕著な雪の回復ゲーの補助、ということだろうか?
手札に加えた方が嬉しかったけど、5/5のスペックで回復も行えると書けば強く見える不思議。




ガートルード
よし、新たなドローソースが。
と思ったら4枚固定かい。
相手ターン開始時だから調整はしやすいだろうけど。
箱型ならより調整しやすい、かな?

コーネリア
今の基本能力インフレ状態では安定したアタッカー、と言えたらいいな。
むしろ今の環境ならアタッカーよりもブロッカーにほしい。能力名も結界なんだし。
能力値減らす効果は対戦キャラじゃなくてもいいわけだけど、対戦キャラ以外を下げるパターンって結構限られてるからおまけだね。

ロノウェ
置きタッパーだけど即能力を使えない、加えて対価が能力の喪失っていうのはちょっと割に合わない。
いや、スペックは強いんだけどね。
でもこのスペックでも置き物にするにはきついかな、と。
柏手の生贄にするかな。

ワルギリア
能力メタとしてはそこそこ強力。
北条さんみたいな能力って後ろのシステムキャラでしたから、アタッカーを兼用してこの能力はなかなか有益。
問題はEXと、相手ターンにしか効果が適用されない事だろうか。

ドラノール・A・ノックス
コストはなかなか秀逸。
アリス経由とかですぐ出せる。
特殊能力だけじゃなく基本能力にもかかるので今の環境だと相手がよっぽど行動縛らない限り10枚ぐらいは削れるね。
3コストをあっさりと捻出できるデッキならEX2だから仕込んでもいいかも。




さくたろう
今回唯一の花。月でアンタッチャブルだと思ったのに。
手札交換はできないけど盤面が強くなり千果ゲーの成功率が跳ね上がった未憂って感じかな。




右代宮 縁寿
除去対策としては面白いんだけどイベントには耐性ないのが辛いね。
宙単というよりもむしろ混色向け。

シエスタ00
ボーナスは面白いんだけど、ややスペックが低いかな。
サイドステップはいいとしてもこの色拘束ならデッキ・ボーナスでも欲しかった。

ガァプ
実にトリッキーだけどEXと、ついでにタイミングがね。
確かにいやらしいけど即効性がないのが問題か。

小比木 鉄郎
最近のスペックインフレにとどめを刺せるかもしれない、刺せないかもしれない。
まあ刺せないんだけど。
それでも能力が効く場面で出すと結構いやらしいよね。
1回しか使えないけど。

須磨寺 霞
見るからに宙雪用のカード。
同列限定の除去なんだけど、スペックが厳しいのが欠点か。

天草 十三
味方キャラを逃すことができるんだけど1回だけだし、場が開いてないと意味ないのが辛いか。
スペックも少々厳しい。




フルフル
自ターンのバトル中、というのが少々きついか。
それでもバーンカードとしてはまあありな方。
そうでなくても3/1で殴れるわけだからね。

ゼパル
フルフルの対となる能力。
場のキャラの数を操れるデッキなら両方入れれば2人合わせて結構な打点を稼げる事に。
でもレアリティ格差がひどい。これはすでにスタッフの趣味だ。

シエスタ45
少々使用代償はかかるが相手ターン中にも使える突レポ。
デッキボーナスはあるものの動けずスペックが貧弱なので410と組み合わせないといけないのが難。

シエスタ410
45と組み合わせてハンデスしたうえ相手のデッキか手札をさらに削れる。
これだけ書けば優秀そうに見えるが1回で能力がなくなるうえ、両方とも3コストなのが困りもの。

エヴァ・ベアトリーチェ
コンバじゃなかった……コンバじゃなかった!
能力も単発すぎる。
一応日の除去を行えるんだけど、除去に使った場合は能力が消えて残るのは2/2/1のバニラのみ。
ちゃんとスペックが伴ってくれたらよかったんだけど。

右代宮 絵羽
アグレッシブ3点と考えればなかなか面白いんだけど3コストかかったうえスペックも貧弱。
基本能力すら持っていない。
これでエヴァがコンバだったら素晴らしかったんだけど。

右代宮 朱志香
ダッシュ持ってるキャラを並べてヒャッハー!
できたらいいな。ボーナス付与だけでもなかなか強いけど。
日単ダッシュ型か、作ってみたいな。


混色・星

紗音
ちょ。パワーアップしすぎ。
しかも何のデメリットもなく、ただただ強化。
盤面の補助としては1.0の方が上だけど単独ではこいつが強すぎる。

嘉音
本当にたくましくなって帰ってきました。
ボーナス2枚破棄に、能力もなかなか強力。
手札消費がちょっとかかりますが、それさえ克服すれば怖いアタッカー。
是非荒耶型に組み込みたいな~。

ベアトリーチェ
手札上限と引き換えに相手キャラをアンタップという条件は面白い。
星キャラだからカレイドで飛ばせばいいし、序盤に出して3ターンぐらい稼いだら充分仕事するんじゃないかな。
手札上限いじるカードが多く今回ドラノールが加わった月星で運用するのも面白いかも。

ベアトリーチェ(妹)
通称妹リーチェ。
ドロー枚数を増やす代わりにターン終了時にとんでもないデメリットが。
梶原夕菜でも置いておけば毎ターン手札4枚を確保できるわけか。
能力は強制じゃないうえ1/4というスペックは壁にも使え、さらにSPも十分持っているとあまり場で邪魔にならないところもポイントか。

ベアトリーチェ(姉)
通称姉トリーチェ。
共に手札を破棄していくわけだけど、単品だと非常に使い辛い。
ハーモニカなどでドローしやすいデッキだと入れるのもありか。
妹リーチェと組み合わせるとハンドレスプレイも可能と実に面白い動きをしそう。

ベアトリーチェ(黄金郷)
9/9を出す代償は自キャラの全破棄。
ハニーで増やせば面白そうだけどさすがにこれは辛い。
これで星属性だったら相手の意趣返しの返しに出してやったのに……。

バトラ
コストといい、能力といい実に好み。
まあ大抵はトラペゾで使われるんだろうけど、素出ししてみたいね。
黒魔術が見えるよ、先生。


うん、SEにしてはそこそこ面白かった。
色々組みたい&組み込みたいデッキもあるし、楽しみだ。
[PR]
by mma-island | 2010-02-24 00:01 | Lycee | Comments(0)

日曜にあった色々なこと

とりあえず早希使った月日組んでみた。
0コストタッパーほしいな~→じゃあリリアン先生だろ、ってことで。
そして月日だと反則技も積めるのでバーン要素もプラスしてみた。
うん、果てしなく鬱陶しいね。
いつぞやの恋人智代環境に戻ったみたいだ。
あとは美羽が間に合わなかったときのために髪留めを。
こいつ基本能力消すの永続だったよね、そういえば。
とりあえず試作型組んでみたけど、まだまだ改良できそうだ。


撮り溜めしてみた超電磁砲を整理のためにちょっと見てみたら意外に面白くて驚いた。
なんだかんだでレベルアッパー編までだだっと見てしまった。


バトスピはブルストムとのバトルでしたが、意外と強くてビックリしたよ。
硯との接待バトルではXレア満載デッキなのに貫禄溢れるすごく手堅い攻守だったし。
ってことはアレはコレクションを部下に見せびらかすためのデッキか。
これでダンは異界王の下へ、果実はダンと入れ替わりになりパーティチェンジ。
今までは被害者側から異界王の軍勢と接してきたダンが、次回からは異界王側の視点でグラン・ロロに触れることになるわけです。
それにしてもダンもいい子だがズングリーも大概いい子だなぁ。
家族を連れ去った相手なのは確かだけど、目の前で苦しむ姿や兄弟愛(らしきもの)を見せられて自分の決心が揺らいじゃう辺り。
剣蔵は公式HPにもキャラ紹介載ったし、このままレギュラーっぽくなりそう。
個人的に気になるのはカザンさんかな。
ダンがグラン・ロロで始めてバトルした相手であり、初めて敗者の姿の見せた相手。
やや躊躇するも敗者の掟に従い潔くデッキを渡したダンへの細かい芝居が最高だった。
大胆なパーティチェンジで迎えた第3クールはどんな話になるんだろうねぇ。


とうとう始まったゴセイジャーですが、良くも悪くも昭和風味ですね。
話の構成がゴーグルファイブとかダイナマンとか、あの辺りの時代っぽくてなんか懐かしいっていう感想が先に出る。
珍しく1話からOPが流れてましたが、余白がやたら目立ちますね。
第6戦士(恐らく地上人)、第3勢力(もしくは2人目の幹部)、2号ロボを追加する気満々でしたね、特に戦闘員蹴散らしてるBメロ辺り。
まあ話し自体は少し様子見かな。
シンケンジャーは単独のドラマとして完成されてたけど、ゴセイジャーは戦隊モノの王道って感じのシナリオでしたからね。


Wは「人間を怪物に変える」の真の意味が明かされたわけです。
ドーパントに変身した手遅れの人物たちが揃いも揃ってプッツンしてたのはそういうわけだったんですか。
今回、前回とアクセルの掘り下げが行われたわけですが、そんな中で今回の翔太郎は珍しくハードボイルドしておりました。
そして全てを吹っ飛ばした次回予告ですが……アニキなにやってるんですか、そこで。
しかもOP歌ってる二人組みもゲストにいて、次回はギャグ&お祭り回みたいですね。


でまあそこからの惰性+どれみのスタッフって事でハートキャッチプリキュアも見たわけですが、やっぱりスタッフがスタッフなだけに安定して面白いね。
なんというか、丁寧だ。
それでいてOP含め作画も相当気合はいってる。
こりゃゴセイジャーの結果次第ではニチアサキッズ4作が良作っていう快挙を達成できるのではないだろうか?
だとしたらただでさえ見れるものが少ない北海道、日曜の楽しみが増えたようなものだ。
[PR]
by mma-island | 2010-02-14 21:34 | Lycee | Comments(0)

2/13イエサブGP予選

いや~、萎えた萎えた。


使用デッキ:雪花すもも
1戦目 宙日 ×
2戦目 宙花大怪獣 ○
3戦目 宙雪 ×
4戦目 花単 ○

安定感高そうだったんで組んでみたんですけどね。
実際そこそこ強かったですよ。使ってた人間が不甲斐なかっただけで

1戦目。
終盤の4ターン、1枚でも花EX2が引けてれば勝ててました。
でもほぼ5:5での混色なのに引くのは全部雪EX2。
この十代を前にしたレジー・マッケンジー並の「勝つな」という引きで一気に萎えました。

2戦目。
まあ、相性が悪いですよね。おまけに事故ってたようですし。
ウィッツァをタックス払い終わった後疑心暗鬼撃ってご退場願いました。

3戦目。
相手の狂信置き場がね、仲居と一生懸命だったんですよ。
相手の言だと右が仲居で左が一生懸命。
で、今まで左から狂信処理してたのにその時に限って「右を選べ」って直感来たんですよ。
それを信じられずに流れで左選んだおかげで相手にとって理想的な順番で戻ってしまいました。
この時点でそりゃもう酷い萎えっぷりでした。

4戦目。
前回がやけに花単が多い札幌らしからぬ環境だったので入れておいた監禁が役に立ちました。


いやほんと、萎えた萎えた。
どれぐらい萎えたかというともうリセやめちゃおうかな~、ってぐらい。
そしてちょっと歩くとすぐ3、4個新デッキのネタが浮かんで次は何で出ようかと思って今wktkしながらデッキ組んでるぐらい。

えっと、このまっとうな地雷とちょっと不思議な地雷と中途半端な地雷といつもの地雷とどれで出ようか。
[PR]
by mma-island | 2010-02-14 02:07 | Lycee | Comments(0)

雪月パーミッション

結構長期間カバンに入ってたデッキですが、ついに解体することにしました。
次の春リセでまたパワーアップするかもしれませんね。


月EX1

3 EV-0006:喝!!!!!!
3 EV-0011:毒電波


月EX2

3 CH-1883:浅上 藤乃
3 CH-2125:藤倉 いつき
3 CH-2172:藤倉 和
3 CH-2250:張梁・人和
4 CH-2373:小野寺 早希
3 EV-0363:突っ込み
3 IT-0225:強制言語プログラム


雪EX1

4 EV-0113:大好物


雪EX2

4 CH-0004:長谷部 彩
3 CH-0010:月島 瑠璃子
1 CH-0446:ラピス・メルクリウス・フレイア
4 CH-2346:竜胆 ルリ
3 CH-2369:ルゥリィ
3 CH-2415:玉依姫
2 CH-2418:西園 美魚
4 EV-0303:百物語


複色EX1

4 CH-1190:メレム・ソロモン


早希の能力に心惹かれて。
というのは大嘘で、本来は突発的に大好物を使ってみたくなって組んでみたデッキ。
組んだ当時は本当にただのネタでしたが、そのすぐ後に早希が登場して妨害が打点へと変換されるようになったので一つの形に。
まあまだまだ弄る部分もありますが。


・メレム・ソロモン
・長谷部 彩
基本的なドローソース。
相手が重量級しかいないデッキならともかく最低でもどれかを引かないと厳しい。

・竜胆 ルリ
・玉依姫
変則的なドローソース。
デッキを破棄されたときに手札が増え、回復されたときにはコスト変換できる百物語か大好物が手札に。
どちらもアタッカーまたはブロッカーとしてもスペックはそこそこなので能力が刺さらなくてもどうとでもなる。

・喝!!!!!!
・毒電波
・大好物
・突っ込み
基本的な妨害イベント。
これが引けないとキャラスペックだけでは厳しい面も。

・藤倉 いつき
当時でも割りと刺さる相手がいる。
そうでなくてもSP3なので場に出しても弱い場面はそんなにない。
環境次第のカードなので必要がなければ抜いてもよし。

・ラピス・メルクリウス・フレイア
・西園 美魚
移動持ちをサクッと目立ってくれる。
日や宙みたいに単騎が動きまくるデッキならこっちの方が有効的な場面も。
単純に喝などで攻撃を止めたとき、打点を与えたうえこちらのダメージを2、3ターン止めてくれる。

・月島 瑠璃子
・藤倉 和
和はアタッカー。
二人とも戻されるであろうメレムを処理しつつ妨害能力も持っている。
特に瑠璃子は雪1コストが必要なだけなのでメレムを戻された場合手札さえあればあっさり出せる。

・張梁・人和
置き毒電波という観点ではすぐ撃てるアイリの方が優秀そうですが、こちらはブロッカーとしてそこそこの能力を持っているうえに能力を使った後も場に残る。
それに条件があるとはいえ再度の登場すらも封じれるので意外と優秀。

・小野寺 早希
本当の意味でのこのデッキの中枢。
基本的には左AFが定位置。
こいつのおかげで妨害行動を取り続けても打点が増えるというおかしなことに。
豊穣のアルテミスよろしく、こいつの逆配置で妨害時に1ドローできる能力もほしいものです。



>くせれさん
はじめまして。
ありがとうございます。
そう言ってくれると大変嬉しいです。
[PR]
by mma-island | 2010-02-11 22:32 | Lyceeデッキレシピ | Comments(0)

チャンピオンシップ札幌予選メタルス

タイトルは「リターンズ」にしようと思ったんだけどリターンズは三作目だろって事でメタルスにしてみた。
去年もそうでしたが、なんで大吹雪の日なんだろうね。


時間本当にぎりぎりの到着でしたが、この大雪でみんな遅れてたのか最後尾でしたが何とか間に合いました。
まず使ったデッキは早速ウィリアンスラッシュを搭載した青タッチ緑の勇傑ビート。
その後は1戦だけ白単使って、後はずっと勇傑ビートのぶん回り期待でした。
でまあ紙一重の勝敗を繰り返して最後の挑戦で無事7勝達成。またギリギリ。
そして7勝卓で守りから入った白単相手にウィリアンスラッシュで一気に片をつけました。

ギャラクシードローゲット、および去年の雪辱晴らし完了。
ついでにプチサイン会状態だったためギャラクシーの直筆サイン入りスリーブをゲット。
これはギャラクシードロー専用スリーブとなるでしょう。

そんなこんなで決定戦の1回戦は去年のガンスリ1戦目の人です。
使用デッキはやっぱり勇傑ビート。
紫使いそうな人がいなかったんで白よりは相性がいいかな、と思って。
で、1戦目開始。
唯一出てきたシルバー・ゴレムで2点削り、その間相手は神速で耐える。
そして降臨キングタウロス大公。
更にはレオンハウルまで登場、1回殴っただけのカイオーが焼かれます。
そのあと相手はフロッグリカバリー利用した怒涛の大攻勢に出ましたが、命の果実を張っていたため手札を増やしながらギリギリまで受け、バインディングソーンも使って何とか凌ぎきる。
隠されたる賢者の樹Lv2があったので回復されましたが、それでも相手の2大Xレアは大幅にパワーダウン。
たっぷりコアがあったので、前のターンに続いて2体目のアレクサンダーを召喚し、インビジ+マッスルチャージ+ウィリアンスラッシュの必殺技で一気に片をつけました。

迎えた準決勝はたしかややBPに比重を置いた白単速攻。
はっきり言って、先攻で祭壇張って、殴ってきた返しにレーヴェン出すしかなかったのは限界でした。
それでも相手はポンポンとスピリットが出てくるので、破壊持ちでも辛かった、っていうかそのあとコスト2、3、4が1体ずつ並んだレーヴェンチャンスなのが精神的に辛かった。
結局相手の手札も突き掛け、レーヴェンのゴリ押しでライフを削り、ここでウィリアンスラッシュを引ければ確実に勝てるってところで引かず、案の定ウォール握られてそのまま押し切られました。
その人は決勝でも勝ち札幌代表に。


ちなみにその後の午後のガンスリは、早速組んでみた聖命デッキを使ってみた。
ユリィがデレデレで、場に3体あっさり並んでライフ8という未知の領域に。
ちくしょう、もっと聖命関連のサポート充実しないかな~。

まあなんだかんだで充実した1日でした。
朝にシンケンジャーの最終回も見たし、色々と満足することばかりでしたよ。
さあ、次はなにを組もうかな。
[PR]
by mma-island | 2010-02-07 23:29 | バトルスピリッツ | Comments(0)

バトスピ研究所第21回「天醒全カード雑感その2」



機人ヴェルンド
毎度お馴染み1/0の各種装甲サイクル。
あとは白と青だから、青がくるのは必然。
現状数少ない装甲:青持ちで低コスト。
とはいえ破壊を免れてもチャンプか軽減ぐらいしかできないだろう。

キグナ・スワン
今回プッシュされた機獣で、ネクサスの効果があればそこそこのスペックになる。
ただ逆に言えば単独なら貧弱もいいところなので採用は悩むところだ。
ダイヤモンド・ダストは襲ってこないので安心しよう。

神機レーヴァテイン
特定スピリット専用サポートなのだが、効果が弱い。
このスピリットが回復したところで、条件の2体が疲労状態になることに変わりはないからな。

天弓の勇者ウル
勇者シリーズの中で一番生き残りやすい装甲赤/白を有する。
とはいえ紫には無力だし、装甲を得るのはLv2からだから後攻1ターンにLv2になれないのはいただけない。

ヘイル・ガルフ
今回プッシュされた機獣のブロッカー。
ニーズホッグの相互互換といったスペック。
軽減が1増えた代わりに素のBPが1000増え、Lv2に到達するのに1コア多くなった。
ついでに言うならLv1だとBP+効果が働かない。
機獣デッキじゃなければ使いにくいだろう。

六花の司書長サーガ
天の城門のスピリット版。
とはいえLv1から能力を発揮できコストも軽いためライフが減らない条件は相当厳しい。
白のマジックのみのため構築段階で相当気を使わなければならない。
甲獣デッキならトラッシュに甲獣を送る目的にも使える気がする。
またBPもそこそこまで伸びる。
フレーバーは1行目はわかるとして2行目はどういったことだろうか。
獅子身中の虫か?

デュラクダール
デュランダルの名を持つ神将サイクル。
そして神将サイクルの中では恐らく最強。
なんといっても4/3というコストにも拘らずLv1から装甲紫を持ち、2コアで6000。
しかもLv3効果で他の神将も連動してLvを上げることができ、装甲のおかげで突然消し去られることもほぼない。
他の神将はヴァルグリンドという普通に積まれるスピリットのため実に強力なスピリットだ。

鋼翼魚オルカノン
転召サイクルの白は空魚サポート。
おまけでバウンス。
Lv2効果は割りと5000以上に持っていかれるもののブロックできるスピリットを絞らせることができる。
とはいえ空魚でアタッカーになりそうなのがこいつとル・シエルぐらいというのが厳しい。
こいつ自身をアンブロッカブルとして奇襲で使うのはありかもしれない。

大械獣ギガ・テリウム
機獣、ついでに巨獣もアタックシフト的なサポートが出来るようになった新機軸のカード。
これでゼンマイ平原でも入れればアタック時のBP+は結構な数値となり、白でありながら攻守共に巨大ビートが展開できることになる。
ちなみにアウドムラが積極的にコアブーストできるようになりましたが、やっぱり序盤のコア不足は解消できず。

ゼンマイ平原
今回のプッシュ系統である機獣のサポートネクサス。
正直低コスト殺しのLv1効果はLv2にいってほしかったが。全部起き上がるし。
Lv2は単にみんな固くなるだけだが、ギガ・テリウムと組み合わせることで全体的にスピリットが一気に巨大化する。

ブリシンガメンの首飾り
ネクサス破壊抑制サイクルであり、フレイアとのシナジーはなし。
一気に3体をデッキに戻せるが、相手が選ぶため展開によってはそこまで怖くはなかったりする。
むしろLv2効果が美味しい。
効果発動のタイミングも任意のため、壁を減らすためのステアタックも1回は無効にできる。

ダイヤモンドストライク
武装持ち限定のホワイトポーション。もちろんそれ以外には意味がない。
ホワイトポーションよりも1コスト少なくなっているが、最大軽減が同じなので対して意味はない。
4枚目5枚目のホワイトポーションにしても使い勝手は悪い方か。

ライフセービング
もう一つのサポート系統である空魚のサポートなのだが、どうにも使い勝手が悪い。
使いやすい空魚のブロッカーでも出ていたのならまだしも。
加えてライフを増やすのはブロックしたスピリットの上からなので使用できるコアが減ってしまう。
これだけでも使いにくいのに3コスト以下のスピリットというどうでもいい誓約まで付いてくる。

マクラーンスラッシュ
スラッシュサイクルでは恐らくナンバー2。
とはいえこいつはあくまでコンボパーツとしての強さ。
アタックシフトだと重すぎるためこちらだと他の色にも積むことができる。
誰もが真っ先に思いつくのはヘイムダルかフレイに使うことだろう。




ヒッポカンプー
イエティと違う1コスト想獣で、それ以上の意味はない。
とはいえ3コアでBPが4000まで上がるから序盤はこいつで凌ぐ展開になりそうだ。
フレーバーが……。

桜の妖精オウカ
聖命専用サポートだが、BPの少ない聖命持ちにとってはありがたい、というより高性能サポートの部類に入る。
BP+2000するだけならマジックの方が相手の妨害もほとんどないだろ、という人もいるでしょうが、こいつはスピリット。
つまりこいつ自身も盤面で戦いつつ、そのマジックの効果を、それも場に残る限り何度も発揮できるわけだ。
使う度に手札を1枚切らなければならないマジックよりもアドを取りやすい。
何よりも偉いのはLv1から使えること。
先攻1ターン目にユリィを出して、次のターンにこいつを出してアタックすることができる。
問題は聖命持ちキャラの幅が広がらないとこのキャラの強さを活かしにくいところだな。

マカロニペンタン
コスト2であり、ペンタンであり、特定スピリットが場にいると何度でも復活可能。
想獣デッキだと自然にできる桃源郷Lv2+クレイオor大聖堂の特攻コンボが歌鳥デッキでも可能に。
実際のところ、こいつが延々とチャンプしてるとうざいなんてものじゃないな。

百合の妖精ユリィ
次弾ぐらいだと思ったら本当に出てきた3コスト聖命持ち。
それも2コアで聖命を発動できるから後攻1ターン目から頑張れる。
そのせいかBPが非情に貧弱だ。

天剣の勇者リュート
黄の勇者シリーズは系統が強めなおかげかやはりBPが低い。
とはいえLv3効果のおかげでBPが低くなりがちな想獣ビートのアタッカーになれる。
黄は全体的にBPが低めのためちょっと相手が硬くなると殴れなくなることが多いので、勇者シリーズ固有の能力は数で攻めたいとき以外はあまり苦にならないだろう。
そしてロロは復讐者となった。
ロロ「やられちまえよ……虚無の軍勢……!」

パオ・ペイール
黄の神将で、これはパオペイの名を冠したのだろうか?
軽減の大きい想獣であり、専用能力は他の想獣を疲労させて復活できる。
破壊ではなく疲労なので、チャンプ以外でブロックするでもなく場でぼんやりしている想獣も活かせる。
なにより効果によって回復状態で舞い戻るのだから連続アタックも可能。
もちろん防御時はBP6000が場のスピリットの数を減らさず何度もブロックに回れるので、巨大ビートに対する耐性も備えている。

女帝ペンプレス
ペンタンデッキの新たな中核。と呼べるほどでもないが。
一応四道デッキの基本ギミックが1体にまとまっている。
素のBPが低いように感じるが常時効果でパンプするのでそこまで不都合は……あるんだよなぁ。
このスピリット単体で上がるわけでもないし。
コスト操作持ちだが、肝心のメリットとなるスピリットがイワトビペンタンと郵便ペンタンしかいない。
それどころかヒナペンタンとマカロニペンタンにいたってはマイナス効果。
まあLv2からの効果だからそこまで気にすることじゃないだろうけど。

天使長トロン
転召サイクルの黄は新能力である聖命を搭載。
しかも召喚したターンはブロックされないという高性能。
タイムリープを使えば何度でも召喚時効果を使えるので、転召持ちながらドローソースともなるハクタクとも共存できる。
転召持ちらしく中盤から終盤に活躍できる能力だ。
その分BPと最高レベルが低いのが難点か。

神帝獣スフィン・クロス
黄の虚神でありやっぱり想獣。
しかも召喚時にもう1体こいつを呼んだり、Lv3ではフォーカードなり使えばブロックもさせない。
こういう召喚時効果での召喚で、召喚時効果が消されないのは珍しい。
10コア使うのは辛いと思うけど神将サイクルのおかげで他のスピリットに4コア乗せればそれで十分。
今まではっきりとしたアタッカーがハクタクぐらいだった想獣デッキの新しい攻めの基点にもなりえるかも。

秘密の花園
ネクサス破壊抑止効果は大分弱め。
たしかにライフ回復は延命しつつのコアブーストにもなるんだけど、ネクサス一つ割られるのに割に合う効果かというと疑問。
Lv2は楽族を疲労させることで勇者シリーズよりも1コスト多い3コスト以下のダメージ規制、それも相手のみ。
楽族はどれも軽いし、ネクサスを破壊されない限り守りは大分堅くなる。
とはいえいくら相手のみ規制できるといってもこれは別にデッキを構築しないといけないため面倒なのは確か。
もっと楽族が使いやすい強化をされないと厳しいか。

聖なる命の泉
聖命サポートネクサスなのだが、Lv1のパンプ効果がちと弱い。せめて+2000はほしい。
その代わりLv2は聖命の効果に関係なく、勇者シリーズのおかげで突っ立ってるだけの低コストを完全に無力にできる。
とはいえ3コアも必要だし、この効果が本格的に効力を発揮するのは出しやすい聖命持ちがもうちょっと増えてからのことだろう。

ブルームフルート
ミストラルコアと同じ匂いがするな。
フラッシュで使えるとはいえコアが増えるタイミングはブロックされたとき。
光芒持ちで使いまわさないとほとんどメイン効果でも変わらないうえ、あちらはいざというときパンプ効果を使えたのだがそれも無し。

ノーエントリー
コスト3以下をただのでくの坊に変えてしまうのだけど、メイン効果なので攻める時限定の効果。
こちらも殴れないため、活躍の場は中型メインだが黄は現状それは少し辛い。
なのでほぼ他の色にタッチで入れるべき効果なのだが、公式側もそう使えといわんばかりにフラッシュでのパンプ効果は+1000となっている。

ルナースラッシュ
黄の十八番である能力封じだが、トリガーがどうにも弱い。
転召を持たない、というのはいいがブロックしたスピリットのみに限定されるのがどうにも弱い。
アタックステップ中の能力を封じるなら1枚2枚差し込んでおく手もあったが。




豹人ベルセルカス
ほとんど系統獣頭以外に強みがない1/1。
やはり祭壇経由の転召元が最適か。

海人アプリカール
青の貴重なコアブーストだが、バトスピはそんなに頻繁にマジックを使うゲームじゃない。
先攻1ターン目に出しても、精々中速相手に2、3コア稼ぐぐらいだろう。
自分の分もカウントできればよかったのだが、相手に完全依存するブースト効果は入り辛い。

シルバー・ゴレム
バーナルドとの相互互換。
こちらは3コスト以下まで範囲が広がっているものの、疲労させられればブロック自体ができないと一長一短。

カノン・ゴレム
ロック・ゴレムの系統とほぼ同スペックを持ちながら、1コスト増えただけでコスト1スピリットを一掃できる。
ただ通常はLv2のBPが1000増えただけのロック・ゴレムなので、粉砕デッキの賑わいとして2枚差し込むぐらいか。

ガラドルグ
カラドボルグの名を持つ神将。
虚神・神将にネクサス回収効果を与える。
フェニックス・ゴレムを出せばネクサスを2枚出せ、そのまま強襲を2回行える。
単純にLv3効果のシナジーも合わせて他の神将を出すのも手。

天斧の勇者カイオー
勇者シリーズサイクルの中で、青らしく一番大味。
だけどそれが悪い方向にしか向いていない。
強襲を持っているが案の定Lv2からなのに、そのLv2まで4コアを必要とするので他の強襲持ちとコストパフォーマンスが明らかに悪すぎる。

隼の剣士ファルコニア
Lvの幅は狭いもののそれは青の特色として、Lv1から強襲の効果を発揮できる。
おまけにBPもそこそこ安心できるラインなので強襲狙いならば安心して投入できるだろう。

アイランド・ゴレム
青の転召サイクルは粉砕サポート。
自身も使いやすいスペックを持っているだけじゃなく破棄枚数まで増やしてくれるので、デモリッションも使えばほぼワンショットが可能。
ちなみに相手のアタックステップでも適用されるため大本営の効果が強化され、おそらくそちらによるアタック抑制も含むと考えられる。
ただ転召が必要という一点において少々弱い。

神凰兵フェニックス・ゴレム
青の虚神はアレクサンダー同様強襲とデッキ破壊能力を持ち、強襲は3。
デッキ破壊のタイミングは回復するときなので強襲でもリフレッシュステップでもどんどんとデッキを削っていく。
とはいえこんなのが殴ってきたらデッキ破壊が終わる前にライフも尽きているだろうけど。

造兵工房
コストごとに造兵をばらせば白並みの鉄壁を作り出せる。
加えてBPパンプ効果はコスト3以上なので攻めの手助けもしてくれると、攻守の基点になる非情に頼もしいネクサス。

蹴撃の戦場跡
ネクサス破壊抑止はやっぱり低コスト破壊。
そしてブロック時にも強襲を使えるようになるので防御性能がアップする……とはいうが基本はチラ見せの抑止だがな。
そもそも青は魔法監視等という優秀なネクサスがあるので、Lv2効果がよっぽど強くないと大して意味がない。

ネクサスアタック
強襲持ちにとって頼もしいパンプ……と言えたらどんなに気が楽か。
一応攻守に使えるけど、専用マジックとしてほしい数値としては疲労ネクサス2つ分はほしい。

ウィリアンスラッシュ
スラッシュサイクルで一番強い効果だろう。
系統が指定されているとはいえ勇傑は勇者シリーズの加入もあってどの属性にも入るようになり、特に青ならば事欠かない。
勇傑は今のところ軽いのと重いのが両極端で、その分重いのの効果は結構洒落にならないのが多かったりするからね。

アームズインパクト
捨て身過ぎてアドが取れない。
おまけにタイミングが非情に限定されすぎている。
よっぽどの大物を破壊して相手がウィニービートなら美味しいが、今の青はナチュラルにウィニービートを壊滅させられる力を持っているためまったく意味がない。


Xレア

龍星皇メテオヴルム
アニメで大活躍ではあるが、恐らく今弾のXレアの中では最弱。
とはいえ単品で弱いわけではなく、激突による指定アタックはなかなかに強力。
勇傑に激突を与える効果はあくまでおまけ。
組み合わせたら強いスピリットはいるけど、コストの面で厳しいか。
ただ地竜を勇傑に変えることもできるため、最低3枚コンボだが怒涛の如く相手の場を更地にできる。

剣王獣ビャク・ガロウ
ブロックされてもライフにダメージを与えても、2体は道連れにできるので殴ればそれだけでアドを取れる。
コストも軽く系統もそこそこ強く、暴風もここまでくれば素晴らしいと思える一品。

大天使イスフィール
マジックの無料使用だけでなく、2回効果を使えるため色々と悪巧みができる。
だが一番強いのはやっぱり使用タイミング。
アタック時にディバインチェインを使ってしまえば、今まで相手のフラッシュを1回挟まなければいけないというデメリットが消えてなくなる。
グリームホープで光芒を付ければ相手はフラッシュ効果を何も使えず1ショットに持ち込むことも可能。
爆発力と将来性という点に限れば今弾ダントツ。
聖命はおまけ。

巨人大帝アレクサンダー
軽いコストのうえLv1から強襲:2を持ち、Lv2になったら相手スピリットを除去できる。
それも3コスト以下とかならともかく、意図的に排除しない限りどんなデッキにも半数近くは積まれる4コスト以下をお掃除してくれる。
デッキ破壊はおまけだが、こいつが殴るだけで相手の場をボロボロにできる。
これでは青が低コスト殺しどころか除去の色になってしまったみたいだ。


所長「総評として、なかなか見所は多い。環境を変えかねないカードもある。あとはどこまで研究が行き届くかだな」

助手B「じゃあ所長、早速テストしましょうか」

所長「む、そうだな。CSも近いからな」
[PR]
by mma-island | 2010-02-06 09:56 | バトルスピリッツ | Comments(0)

バトスピ研究所第20回「天醒全カード雑感その1」

助手B「所長。天醒のカードリストが上がってきました」

所長「ご苦労。ふむ、なかなか興味深いな」

助手A「今回は皇騎みたいに少ないから把握するのは結構楽っすね」

所長「特に今回はサイクルカードが多いから、効果の種類自体はそう変わらんからな。CS予選中と考えればありがたいが、勇者シリーズをはじめとして環境に影響を与えるカードがないわけでもないのが面白い」





レイニードル
標準的な1/1スピリットで、系統は今度サポートが得られそうな星竜。
現状ではただのバニラ。

翼竜人プテラディア
覚醒のルーキーでコストパフォーマンスもなかなかのもの。
しかし今の赤の低コスト帯では軽減で0にならないというのは微妙。
竜神・翼竜とサポートを受けやすい2系統を持っていることが光明か。

バジリザード
能力自体はカプリホルンの相互互換。
状態に関わらず数える代わりに3コスト以下の制約が付いた。
3/1にはなったが素のBPが高く、Lv1からも効果を発揮するから序盤~中盤の切り込み役となってくれるだろう。
ドラグノ突撃兵に代わる存在になるかもしれん。

怒石竜ドラゴロック
低コストの激突持ちなんだけど、4コストなのに維持コアが2個。
つまり後攻1ターン目に出てこれない。
かといってBPもそこまで高いわけではないので、ホーングリズリーの地位は揺るがないだろう。
これで3コアでも4コアでも8、9000いっていればまだ使われたかもしれないんだが。

天槍の勇者アーク
環境に影響を与えかねない勇者シリーズ。
小さいののアタックを規制した上、殴る度に蹴散らしていく。
実に男らしい。

ラ・ディアブロード
第2の神将サイクルの中で実にシンプルな能力。
Lv1の素のBPは低いが、Lv2への上がり幅は高い。
ただ1体だけだと素のBPがいまいちなので2体以上を出していきたいところ。

ドラグロン占術師
ドラグノ祈祷師+α。
勇者を戻したときに焼き効果を発揮するものの、やはりネックはコストの高さ。

重刀竜ブレイガザウラー
自身をパンプし、更に地竜を全員勇傑にすることができる。
メテオヴルムで全員に激突をつけたり、ウィリアンスラッシュによる怒涛のような攻めも可能。
ディラノスさん(本格的に)さようなら。

剣龍皇エクス・キャリバス
赤の転召サイクル。
BPの合計分破棄という、複数体を破壊できる可能性を持ったうえ更に激突持ち。
とはいえ7コストはちょっと重いか。

流星群の夜空
勇傑に全て覚醒を与える。
ブレイガザウラーと組み合わせたらディラノスさん(今度こそ本当に)さようなら。
ただそのくせLv2効果は翼竜パンプと効果に統一性がなくそこまで強い効果でもないので入るかどうかは覚醒愛好家による趣味の領域。

隕石落下地点
ネクサス破壊抑止サイクルで相手のみのフレテン。
Lv2効果は激突の破壊力アップなのだが、メテオヴルムによる指定アタックでもないと相手の方が該当スピリットでブロックするから意味がないね。

メテオフォール
青との有効の架け橋っぽく見えるがそこまで実用的な効果じゃない。
2/1なのでタッチ青の軽減を増やす目的にも使えないのが残念。

フェラールスラッシュ
スラッシュサイクルの中では比較的有用な効果だが、それでもやっぱり2000以下掃討はちょっと活躍の機会がないか。
精々勇者サイクルで場に腐ってLv1で放置されている相手に使うぐらいか。

リボーンフレイム
コールオブロストの再録のような効果だが、注目は後半の効果。
戻したものがなんであれ星竜の軽減が増えるので大量展開ができる。
とはいえ現状星竜の数がそこまで多くないので無理に入れることはない。




アシュタル
とにかく弱いの一言。
今回プッシュされている夜族でいつもの1/0枠を埋めたんだろうという感想しかない。

ネクロウ
3体目の2コスト呪撃、それもレッドキャップ同様Lv1から呪撃を発動可能。
BPが最大3000しかないが、低コスト呪撃の層がより厚くなった事の方が大きいか。

プラズバット
今回プッシュされた夜族と破壊時効果の両方を持ち合わせた軽量スピリット。
普通に使う場合でも破壊時効果が地味にいやらしい。

魔札の占い師ディーシャ
ハンデスというよりドローロック。
ドローソースのない色だと地味に辛い。
Lv2限定なので複数体いるときにリル・サキュバスを出そうとしたなら結構なコアが必要なことがある意味救いか。

天鎌の勇者ザンバ
勇者シリーズの中で恐らく最強。
紫という色もそれに起因しているが、他にも2コアでBP5000に到達可能、4コストのため緑眼の虚空を張っても殴っていける、Lv3効果で1コアしか乗っていないであろう2コスト以下も駆逐できる、系統のおかげで破壊されても容易に回収可能と使い勝手が大変良い。

ブリュナグオン
ブリューナグの名を持つ神将サイクル。
呪撃持ちを破壊しなければならず、虚神が出てもトラッシュからの回収ではあまり出番はないだろう。
シャドウスライサーが単独でも使える性能なので、こいつの出番は虚神のLv3効果次第か。

冥勇士デスカラビア
呪撃持ちとして非情にいやらしい能力を持っている。
自己再生可能(しかも回復状態)な呪撃持ちはうざいなんてもんじゃない。
唯一の欠点はBPが中途半端に高いことか。

冥獣士ザブルガン
転召サイクルのカードであり、ついにコアを大きく削ることができる。
理想はリル・サキュバスの使いまわし。
上手く破壊時効果を使いまわせれば相手の場をがたがたにできるだろう。
ただしロンデスのように一撃必殺の効果はないから多少時間は掛かるだろうが、ロンデス以上に相手に何もさせない。

女教皇リル・サキュバス
破壊時効果をフィールドにスピリットを残しつつ、尚且つ一斉に発動させる実にダイナミックな能力持ち。
その分7/3の割りにスペックは低いけど、召喚時効果だけで仕事を果たすのにLv3まで4コアしか掛からないとコストパフォーマンスはなかなか高かったりする。

腐りゆく湖沼
破壊抑止ネクサスサイクルの紫。
そしてなぜ紫は他のサイクルより強めなのか。
どちらの効果もなかなか厄介でいやらしい。

常闇の聖堂
Lv1効果は対象となるスピリット自体が少ないが、それでもエンドステップに多少のフォローが効くのが救いか。
Lv2だと好きなカードを回収できる。
とはいえ回収したい夜族なんて大抵が重いものだし、わざわざ送り込まない限りトラッシュに落ちないからそう効率的ってわけでもないかな。

ブラックリチュアル
書いてある効果は強いのだが、メイン効果であることが弱い。
そうでなくてもバトスピは割り込みでの宣言ができないので、こういう類のマジックは使いにくいのだ。
とはいえ相手のカード効果によるものなので、ネクサスの常駐効果としても微妙だが。

ダーティフィスト
発動する機会は多く、打点の通りやすい序盤にこれを使えば一気に手札が増える。
とはいえ紫はそんなことをしなくても手札に困らないので、むしろ他の色にほしいカード。
その場合は4コストの縛りがきついだろうが、ダブルドローもタッチで入っているデッキもあるのでそこは個人の好みだろう。

トゥーロンスラッシュ
全員にバットバットの効果を与えるので、数で攻め込むときには面白いかもしれない。
ただ積極的に入れたい効果でもないな。




スペアミンク
ただの1/0バニラなのだが系統が強く、そのくせ2コア4000とコストパフォーマンスがおかしい。
とはいえ剣獣にはヴォルザも入るだろうから使い所が難しい。

ガリーバー
2/1神速はすでにアメンボーグ、カラカロッサムとリーヴォルフと揃ってるうえ、その内2体は系統まで同じ。
剣獣デッキではパンプ効果もあるけど、正直多すぎ。

天刃の勇者ヴォルザ
勇者シリーズの中では恐らく使い勝手は一番高い。
エリオットがお勧めするだけのことはある。
ブロック要員に回った低コストスピリットを一蹴できる。
その分BPはちょっと頼りないが。

ブラックカラカロッサム
スピリット限定テレポートチェンジ。
3コストとしてはそこそこの性能だし、剣獣デッキも含めこいつを入れるなら2コスト神速はカラカロッサムに固定か。

ラクダチョウ
低コストで軽減も多い暴風持ちだけど、いかんせんBPが低すぎる。
遊精は細かいBPパンプが多いけど、単独で戦えないなら意味がない。
とはいえ現状の暴風にはありがたいコストか。

デルファングス
名前の元はティルフィングかね。
能力自体はオーソドックスなコアブーストで、巨大になったバットホッパーといったところ。
緑眼の虚空を積みたい、でも能動的なコアブーストもしたいならこいつを入れてみるのもいいだろう。

草林の長老ブチ・エナジ
能力はビートだと使いやすい部類に入る。
緑の3コスト以下という制限はあるものの、バトル終了時というタイミングはなかなかに強い。
アタック時なら神速持ちと違って確実にアタックを行えるので、相手が先読みでマジックでの対抗策を繰り出しても全てが終わった後に出てこれるため柔軟に事に当たることができる。
ちょっと使用コアが多めなところがネックだが。

烈針獣マツノアラシ
転召サイクル。
トランプル持ちで剣獣全体パンプ持ち。
とはいえ他の転召サイクルの中ではちょっとパワー不足な感も否めない。
使うとしたらネクサスでなんとかフォローしたいものだ。

突風侯爵コカトリーフ
暴風:2を持ち、ライフが通れば他の暴風:1が回復する。
ブロックされてもライフで受けても痛い効果なんだけど、それまでには他の暴風:1がアタックしており、かつその2択が美味しい状況でなければならない。
あまりにも限定的過ぎるが、全員寝かせておけばいいんじゃないかとちょっと無茶なことを言ってみる。

大風車の丘
緑のネクサス破壊抑止サイクルはバインディングウッズ。
きちんと色を選べるところが重要。
またLv2は暴風持ちが防御にも活きる。
暴風:2を持っていてもこの効果で発揮される暴風は1なのは誰か間違えそうだな。
一応颶風高原Lv2とのシナジーは可能だが、その時点でネクサスに6コアを使わなければならない。

爪牙の奇岩遺跡
剣獣サポートのネクサスであり、効果は非常に強力。
系統限定だが蟻塚の効果を持ち、全員に暴風を与える。
ただ一つ問題なのは、剣獣自体がそこまで小回りの効く系統じゃないうえ、このネクサス自体も軽減が少なく大きくコアを割かれる事か。
現状はいくらコアブーストが豊富な緑でも地盤硬めだけで精一杯になりそうだ。

ワールウィンド
暴風の対象を指定できるのだが、使いタイミングが難しい。
相手の盤面次第になってしまうから必要と思える場面よりも邪魔だと思える場面の方が多くなってしまうだろう。

ニードルショット
剣獣専用のパンプだが、追加効果が美味しい。
元々剣獣は専用ネクサスにより違う効果も得れるため、これも組み合わせれば奇襲で二つの効果を発揮できる。
とはいえパンプも効果の対象も1体のため、少々物足りない。

フォーディアスラッシュ
スラッシュサイクルなのだが、正直必要ない。
精々ブランボアーやヴォルザの返り討ちを防ぐぐらいだが、それなら色は違うしネクサスだが召喚時効果も封じられる古代闘技場の方がまだ使えるだろう。
[PR]
by mma-island | 2010-02-05 22:50 | バトルスピリッツ | Comments(1)

Verドリームクラブ全カード雑感

と、書いておきますか。
なんで今の時期かはゆずソフト参照。


魔璃
是非相手のシステムキャラに合わせたい。
と思うがAPが1で左AFにしか出れない。
でも茜がいる今の雪だと、こういうAFに置きたい能力持ってて、自力でAFに出れてAPが1以上あるってだけでも破格なんだろうなぁ、と思った。

玲香
是非宙月みたいに強力なパンチャーがいるデッキに使いたい。
一回だけでも、打点を止めたうえDFをがら空きにできて、コストも4コストながら払いやすい。
スペックも2/3なので、2枚ぐらい仕込んでおいてもいいかも。

るい
回復兼デッキトップ操作なんだけど、ランダムなのがなぁ。
EX2なら、SP3で中央DFにも出れたからまだ入る余地はあったんだけど。

理保
新手の男メタで、ある意味プリンセスよりも制圧力は高かったりする。
でもボーナスあるとはいえAFには出したくないし、DFに置くにしても3コストなのがなぁ。

亜麻音
サポート絡みの能力だからしょうがないけど、これは是非とも日や月に欲しかった。
なぜかっていうと反則技とか、雪月で大好物撃った後とかさ。
まあ0サポーターがあるから結構楽に移動止められるんだけど、それはそれでSPが3は欲しかったな。
ただ珍しくタッチがメタられてますが、よく考えれば他のキャラのタッチであっさり動けますね。
ああなるほど、籠の鳥だからこそ他のキャラにより外に連れ出されるのはOKってことか。
あれ? ってことは亜麻音が籠に入れて囲ってるんじゃね? あれ?

魅杏
梨花ちゃまと同じく自己回収能力持ち。
サイドステップを持ってるとはいえ、3打点はちょっと物足りない。
雪相手には意味があるんだけど、せめて半年前に出てくれたら……。

ナオ
スクラップ帳なり貼れば3/4/3と月や雪にいそうなスペックに変身。
しかもダイダロス経由でくっつけたらアタッカーとダッシュ付与の相性がいいのよね。
問題は、いくらオダステ持ってるとはいえ配置が逆ならよかったんだけど。
アタッカーを活かすって事でDF寄りの配置なのかね。

みお
月との混色推奨キャラ。
加えてダイダロスメタといったところだろうか。
大抵メリットアイテムばかりなので、ダイダロス型が流行っているところだと悪くない……と言いたいところなんだけどね。
3コスト掛かるうえにタップ持ちのスペックじゃないし、なにより日絡みだとアイテム破棄できないと自分のダイダロスの足も引っ張ることになる。


アグレッシブはまあいいとして、能力も平凡。
ただし使用タイミングを除けば。
なんというか、別のカードを組み合わせないと使いづらいったらありゃしない。
使用タイミングの制限がなかったら本当に面白そうな能力なんだけど。

受付
使用代償を支払わないくせに何のデメリットもないと、サポートとしてはかなり優秀。
だけど肝心のドリクラキャラに奇襲性があるキャラがいないのが残念。
もしコンセプトデッキレベルでも軸になれるキャラがいたら評価は結構変わってたんだけど。

理保(プロモ)
アグレ付加はいいんだけど、スペックが割に合ってないんだよなぁ。
月でアグレッシブは珍しいけど、まあそれだけだよね。

ウルトラ・デリシャス・オムライス
セリオみたいにEX2のイベントがほしい時は意外と役に立つかもしれない部類でもある。
宙のでかいの使わん限り大抵DP+3はできるからDPブーストとしてはそこそこの性能であるんだけど、残念ながらDPを上げるためだけのイベントを積む隙間などない。

コスプレデー
ダイダロス型に突っ込みたい。
ただ1回殴ったら消えるのでちょっとしたブースト目的にしか使えないのが難。
キャントリップ1ドロー付いてないしね。

キューティースノーキャッスル
味方キャラだから、寝かせられるのは対面AFの1体だけ。
おまけにAF向きのキャラがほとんどいないという現状も手伝って、範囲が恐ろしく狭いうえに3コストなのはきついかな~。
これがドリクラキャラがいるとき相手1体を寝かせられる効果だったらよかったんだけど。

紳士のお遊び
男キャラという縛りはあるものの、ペナルティとボーナスは味方にしろ相手にしろ活かせる効果で、宙は一番男キャラが場に出やすい色だから、今回のイベントで一番色と効果が噛み合ってるカードだったりする。

アフター
イベントサイクルの中では多分一番強い。
どの色にも入るうえ、汎用性が高い。
ターン終了時だから登場阻害とかには使えないけどシステムキャラやチュチュを前に出したり縦に動けないアタッカーを後ろに下げさせたり、ブロッカー合わせられたキャラを移動させたりと使いどころは様々。
積極的に入れていいってイベントじゃないけど、どの色相手でも警戒を解けない状況になったかな。
キャントリップ1ドローが欲しかった。
まあとりあえず札幌の人は私と当たったときには警戒した方がいいと思う。

カラオケ
ドリクラ限定るーるーダンス。
でもなにが限界だって、6点削るにはどうやっても最低3体寝かせなきゃいけないところかな。
ドリクラキャラがもっと実用性あったら、グラバス辺りから飛んできたかもしれないのに。

VIPルーム
アフターに続く今回の目玉その2。
中央AFのみだけどアグレッシブ量産工場と化す。
花属性を含んでいるので陽菜でアグレッシブが付く。
なので1ターンにアグレッシブが2回飛んでくる。
最小コストの最大打点はえりりんコンバのペナルティ含め10打点かな?


まあ全体的に弱いです。
アフターとVIPルームに夢が詰まっているぐらいですね。
[PR]
by mma-island | 2010-02-03 21:24 | Lycee | Comments(0)