MMA ISLAND

ブログトップ

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

あと2週間って長いね

まあ読んで字の如くです。
新弾情報出ると今のカードプールでの新しいデッキ組む意欲がなくなって非常に辛い。
なにが辛いって、いつも同じデッキばかり使ってるのが辛い。


今日は北グリのみでごく普通の赤コン。

1戦目は緑白ギラファ。
北斗ケルベも入ってやや攻撃的。
そこそこ焼いていったのですが、ギラファケルベが出たときは少々やばかった。
完全に寝てしまったのでゾンサウルLv3が活躍してくれたおかげで押し込めました。

2戦目。緑の怪虫速攻。
先攻取られ働きアントマンを出され、こちら返しにプテラトマホーク。
プテラに焼かれたくなくてLv2にしたくないのはわかりますが、殴ってこなかったので次のターンバル・ガンナー合体してアタック。
おかげでその返しにノブナガケルベきましたが、さっきのターンの1点が響き1回殴ってきただけ。
それをペンドラで破壊し、第2弾を持ってるわけでもなく、神速・ソンプリ対策にやたら手札にきたバル・ガンナーを2枚展開して殴り勝つ。

3戦目。緑白ギラファ。
先攻で出てきたモノケロックをシュリケで焼いたら相手凄く絶望した顔。
次にかなりの苦悩の末、素のラルバが出てきて、まあそれもあっさりと焼く。
相手ハンドリバースを撃ったら、捨てた4枚の手札はヤミヤンマ、ホワポ、ホワポ、インビジ。
あ~、そりゃモノケ焼かれたら頭抱えるわ。
ただしハンドリバース後もいいカードがきたわけではなく、粘られはしましたが出てきたスピリットを順調に焼いていきトドメ。

4戦目。ハンドタイフーン型デッキ破壊。
速攻で決めなきゃいけないのに、手札にはシュリケ以外シンボルあるカードなし。
ブレイヴドローは2枚きましたがそんなの撃ってるコアの余裕はありません。
そんな鈍足が祟ってシール撃たれるまで相手のライフを削りきれませんでした。


今週は人が多かったので久し振りに試合に集中できました。
それでもやっぱり卓に座っても考えるのは新カード使ったデッキなんですよね。
[PR]
by mma-island | 2011-01-30 20:58 | バトルスピリッツ | Comments(0)

うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

マミさんが!
俺のマミさんが!

ってまあ、元々3話のネタバレ見たのって1話見る前だったんで最初から知った上で見てましたけどね。
それでも嵌まり込んでしまったあの魅力。
もしマミさんの立体もの出たら思わず買ってしまいそうだ。



先行公開第2弾。
赤と白はケロAと被ってるので割愛。

・邪眼皇ゼナス
対ブレイヴスピリット。
確かに重いコストだが、よく考えれば召喚時に全ての合体スピリットのブレイヴを剥がす効果持ちが7/3で出てくるということは、単品でも剥げる効果はそこそこ軽めのコストで出てくると思っていいのだろうか。
不死サポートはなかなか強力なものだが、イモータルドローと違って不死効果で出てこないと適用されないのが玉に瑕。
Lv1でも効果を発揮するのはいいが、Lv1のBPが少々低目というか子獅子に焼かれるラインなのがもったいない。

・ゴクラクチョー
4コストコアブーストの新世代。
ミツジャラシに比べLv1のBPが1000高くなった分Lv2への必要コア数が多くなり、後攻1ターン目に出してもLv2にならなくなった。
その代わり神速が追加され、今回プッシュされている爪鳥を持ち、適度な大きさで出しやすい星魂持ち。
加えて神速も持っているので、少々重いものの手札に溜めがちになる神速を普通に出せる点は評価できる。

・神弓鳥ぺリュトーン
冠同様、アタック時にドローメタに引っかからないドロー効果。
ブレイヴドローなどで仕込んでおくと確実に効果を発揮するが、やっぱりドロー効果程度に思っておいた方がいいだろう。
めくれたマジックは必ず使わなくてもいいという点ではヴィーナスよりは融通が利く。

・天秤造神リブラ・ゴレム
粉砕によるデッキ破壊を狙う際、単独でそれを行える粉砕に特化したスーパースピリット。
本来粉砕でデッキ破壊を狙うには崩壊する戦線等で粉砕の枚数をブーストするか、相手が延々と受けてくれないとそれよりも早くライフを削ってしまうのが欠点でもあった。
こいつは延々起き上がれる分回復状態ではライフを削れないので、ちゃんとデッキ破壊に焦点を絞って活躍できる。
8コストというのは重いが軽減が4つあり、Lv3も4コアで十分という脅威のコストパフォーマンスを誇る。
ただ疲労マジックやバウンスマジック、スピリットが少ない構成には弱いため、デッキ構成はどうしようもないがマジックやブロッカーへの対処法はあらかじめ仕込んでおきたい。
[PR]
by mma-island | 2011-01-29 00:43 | バトルスピリッツ | Comments(0)

マミさんが麗しすぎて困る

ほらここって孤島の田舎だから、ニコ動配信とかぐらいでなきゃまともに見れないんですよ。
なにはともあれ麗しすぎるマミさんが一週間振りに見れるので楽しみです。



ケロAの情報来ましたね。
まあ所詮ここは孤島の田舎なので、正式発売日の三日後ぐらい出なきゃ手に入らないんですが。


・獅龍皇子レオグルス
コモンながら召喚時にフレイムサイクロンを撃て、破壊すれば1枚ドローというおまけつきの愛い奴。
その分コストに対しBPが心許ないが、強力なブレイヴが多い5コスト帯なので召喚時ドローからブレイヴに繋げてやろう。
この効果のなにが偉いって、フレイムサイクロン部分ではなくそれで破壊したときのドロー効果。
一気に複数のアドが取れるカードは相手からすれば十分警戒の内に入るのでプレッシャーを押し付けることができる。
ただ灼熱貼って次のターンでこいつを出すとアドは取れるがフェニックの餌食にもなる。
実に絶妙なコスト・BP配分。

・ソーラーブレイカー
ランドマインに続くキーワード能力破壊効果。
前回は装甲が除外されたがこいつは6属性全ての第2キーワード効果を対象にしており、しかも全てを破壊できる。
メインにしか撃てずコストは重いが、大抵のデッキに突き刺さるカードと言える。

・終末描かれしキャンパス
相手のアタックを、オリンスピアとは別のベクトルで抑制してくれる。
合体スピリットにも効くのである意味こちらの方が使いやすいか。
ただしこちらは装甲で防がれてしまう。
むしろメインはLv2効果ではないか?
3コアは少々重く条件もあるが、相手のフラッシュ宣言を挟まない指定アタックは割りと重宝する。

・武槍鳥スピニード・ハヤト
軽減はベオウルフと同じだがBPはかなり高い。
効果は強力無比で、単色で組んでる場合は防ぐことができない。
自壊しようがブロックされた時点で起き上がるのでまるで意味がないからだ。
激突と相性はいいが、フラッシュタイミングを挟まれるので指定アタックの方が隙がない。
破壊回復との違いはタップマジックに弱いというところか。

・天王神獣スレイ・ウラノス
おそらくバローネの新エースとなるスピリット。
装甲は貴重な黄が付いている。
除去の筆頭色である赤、紫、青は付いてないが、この三つはエンペラドールやフェンリル等で簡単についてしまうので、それ以外の色を全てサポートしているのがいい。
何より黄はたまに装甲をすり抜けれる存在としてメタで使ってるので、こうやって素で黄を持っている強力スピリットはなにかと厄介。
アタック時にバウンス効果を発動させられるが、4コスト以下を戻したときおまけ効果を得られる。
でかいのを下がらせるか、それともチャンプ予定のスピリットを戻しつつライフやでかいのを狙うか、割と自由度が高い。
バウンス効果に制限がないためかBPは低めなのが短所といえば短所か。
それでもバウンス効果をコア2個で、Lv3にコア4個で到達できるコストパフォーマンスの高さは評価できる。

・彷徨う無重力島
戯狩サポートで疲労時にドローできるが、タイミングが自アタックステップに限定されているため微妙。
戯狩は現状守りで役に立つ連中が多いので、新たな戯狩アタッカーが複数来ないとどうにも使いにくい。
そういう欠点を補うためか、Lv2効果で聖命を付けられる。
一応相手ターンにも付けられるため、聖命サポートと組み合わせろということだろうか。

・文具ロボステイショナー
プロモにしてはなかなか強力。
軽減とコストパフォーマンスはクマッターには劣るものの、マジックを使えばコスト破壊を行える。
装甲黄が少ないため聖域を貼られた状態でもなければ大抵のスピリットが効果に入る。
もっとも聖域を貼られた場合、恩恵を受けるコスト8以上のスピリットを破壊できるマジックは限られているうえ実用的なのが精々ソーラーブレイカーぐらいなのであまり支障はないが。
むしろ白の各種バウンス、赤や紫の除去マジックのあとフィールドに残るブレイヴを除去できるという運用法の方が効率がいい。
ブロック時にも使えるため、防御系マジックとの合わせ技も面白い。
黄のマジックのみ、ルシファーのようにランダム要素が多いと制限はあるもののマジックの無料使用効果が多く、その黄のマジックにコスト10のマジックもあるため専用デッキを組むのも面白い。



来月号、及びコミックスに赤いブレイヴが付くみたいですね。
最低2枚は手に入りますが、効果次第でどちらかをもう一冊買おうかな。
[PR]
by mma-island | 2011-01-27 00:11 | バトルスピリッツ | Comments(0)

第12話「特殊ルールSP」

真魚「やっほ~、久し振り~」

「大分羽振りよかったみたいだな、お前たち」

真魚「そうね、なかなか楽しかったわよ」

美夕「あ、その間もちゃんとデッキ調整してましたよ」

明日美「就寝前はすっかり出張バトスピ部という感じでしたね」

「ま、それはそれとしてだ。今回限りの特別ルール通りにちゃんと組んできたか?」

美夕「先行公開されたカードを組み込んでもいい、でしたよね?」

明日美「ええ、こういう企画ならではなので、むしろ優先して組んできました」

真魚「あたしは一枚も入れてないわ。必要なの見えなかったし」

「まあそれもありだ。ちなみに今日のお菓子はロールケーキだ」

明日美「一人一切れですか?」

「いや、人数分買ってある。一人一袋だ」

真魚「あんたにしては気が利くわね。じゃ、いただきま~す」

美夕「真魚ちゃん早いよ……」

「真魚がいきなり食いついちまったから、先に美夕と明日美がやっとくか?」

明日美「はい、そういうことなら」

美夕「わかりました」

「さて、明日美の初手が[闇騎士モルドレッド][グラシャハウンド][ダンスマカブル][イビル・フィッシャー]か」

真魚「美夕は[鳳凰竜フェニック・キャノン][海戦機ニヨルド][ダンデラビット][ノーザンベアード]か。お互い早速新カードが来たわねもぐもぐ」

「食べながら喋るな。予備の袋に手を出すな!」

真魚「いいじゃん別にもぐもぐ」

「ペース速すぎだろ、お前」

明日美「では奇数が出たら美夕さんが先攻で。(ダイスを振る)2。わたくしが先攻ですか……」

「確かに明日美の手札からすれば後攻取りたいよな」

真魚「ドローで何か引くしかないわよね~」

明日美「スタートステップ、ドローステップ[ハングドマン]。う~ん……ターンエンドです」

「そういうしかないよなぁ。ま、いざとなればマカブル撃てるわけだから心配はいらんが」

美夕「私のターン。コア、ドロー[フェンリルキャノンType-B]。ノーザンベアードをLv2で召喚して、ターンエンドです」

明日美「コア、ドロー[闇騎士モルドレッド]。グラシャハウンドを召喚します。ターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[要塞蟲ラルバ]、リフレッシュ。ダンデラビットを召喚します。召喚時効果でダンデラビットの上にコアを1つ、更にノーザンベアードにもう一つ乗せます。その乗せたコアをダンデラビットに乗せてLv2に。アタックステップ。ダンデラビットでアタックです」

明日美「ライフでお受けします」

美夕「ターンエンドです」

明日美「わたくしのターン。コア、ドロー[デッドリィバランス]、リフレッシュ。イビル・フィッシャーをグラシャハウンドに合体。効果で2枚オープン[イビル・フィッシャー][闇騎士モルドレッド]。モルドレッドをトラッシュに送ってイビル・フィッシャーを手札に加えます。グラシャハウンドをLv2に上げて、アタックステップ。グラシャハウンドでアタック。効果でモルドレッドを手札に加えますね」

美夕「じゃあ、ライフで受けます」

明日美「ターンエンドです」

美夕「私のターンです。コア、ドロー[ルナティックシール]、リフレッシュ。要塞蟲ラルバをLv2で召喚します。効果でラルバとノーザンベアードの上にコアを乗せます」

真魚「すっごい勢いでコア増えるわね。緑以上じゃないの?」

「1体出すごとに2個ブーストしてるからなぁ」

美夕「ラルバにフェンリルキャノンを合体。アタックステップ。ラルバでアタックします」

明日美「それはライフでお受けします」

美夕「う~ん……えっと、じゃあダンデラビットでアタックします」

「うん、フェンリル合体で削ったんだから、ここは一気に攻め込んだ方がいい。相手に迎撃手段がなければ決めれるし、あってもそれを削ったうえフェンリルのおかげで装甲持ちが生き残れるし、いざとなればシールがある。それに紫は手札があっても軽減がきつい場合が多いからな」

真魚「ところでさ、なんで美夕急にギラファロックなんて使いだしたの? 向こうでいきなり使われてひっくり返るところだったんだけど」

「ああ、守りつつ攻めれるデッキだっていうことで勧めといた」

真魚「あんたの仕業か!」

明日美「そうきましたか……仕方ないですね。ハングドマンを使います。そちらのフラッシュタイミング、何かありますか?」

美夕「あ、特に何も」

明日美「ではデッドリィバランスです。わたくしはグラシャハウンドを指定します」

美夕「じゃあ私はダンデラビットを」

明日美「続いてハングドマンの効果で、残ったノーザンベアードを破壊いたします」

美夕「あうう、ターンエンドです」

明日美「わたくしのターンですが……さて困りましたね。コア、ドロー[魔界七将ベルドゴール]、リフレッシュ。モルドレッドを召喚します。そしてイビル・フィッシャーを合体してLv2に。そしてベルドゴールを召喚して、ターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[白き盾の長城]、リフレッシュ。ニヨルドをLv2で召喚します。白き盾の長城を配置します。そしてラルバをLv1にダウンさせて、長城の上にコアを6個乗せて、ターンエンドです」

真魚「うあ、えぐい……」

「これが次の環境からのスタンダードになるんだぜ?」

真魚「勘弁願いたいわよね~……」

明日美「これは、参りました……。スタートステップに移ります。では美夕さん、指定をどうぞ」

美夕「えっと、じゃあモルドレッドさん、アタックしてください」

明日美「承りました。コア、ドロー[ダンスマカブル]。モルドレッドを召喚します。続いてそのモルドレッドにイビル・フィッシャーを合体。効果により2枚オープン[騎士王蛇ペンドラゴン][グラシャハウンド]。ペンドラゴンを手札に加えます」

真魚「あ、ペンドラゴンがきたわよ」

「とはいえコアも足りないし、カードが固まりすぎてるな。とはいえここは大きな損害が出る前に一気にいって、というよりフェンリルを破壊しないと」

明日美「仕方ありません。指定されたモルドレッドの上のコアを全て使用し、ベルドゴールにペンドラゴンを合体。効果でラルバの上のコアを外します」

美夕「えっと、じゃあフェンリルにコアを乗せて残します。でも一つしかコアを乗せれない……」

明日美「破壊したので1枚ドローします[魔術師ドラゴナーガ]。では、アタックステップ。ベルドゴールでアタック。アタック時効果によりフェンリルキャノンの上のコアを外します」

美夕「破壊されました。じゃあフラッシュタイミング。白き盾の長城Lv2の効果を使用してバトルを直ちに終了させます」

明日美「はい。このターンできる最良のことは全て達成できましたのでターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[ジャノメシールダー]、リフレッシュ。えっと……攻める必要はないですね。長城の上にコアを9個追加、ターンエンドです」

「これで明日美は1ターン最低5回以上攻撃しないとライフにダメージを与えられないわけだ」

真魚「うんざりするわね」

美夕「えっと、スタートステップでモルドレッドさんを指定します」

明日美「コア、ドロー[魔術師ドラゴナーガ]、リフレッシュ。とはいったものの……」

「お~、悩んでる悩んでる」

明日美「魔術師ドラゴナーガを召喚。効果で1枚ドロー[ライフチャージ]。……ふぅ、仕方がありませんね、投了です」

真魚「あ、終わっちゃった」

「随分早い投了だな」

明日美「そうですね、あそこでライフチャージを絡めてある程度押し込めていれば、後に繋がって勝てたかもしれません。でもほら、もう時間切れですし」

美夕「あ、本当だ」

「きっちり測ってたのか、お前」

明日美「ええ。これ以上長引かせても不毛ですし、こちらはじっくり時間をかけて手勢を整えるしかないですけど、美夕さんのデッキだと待たせるともっと酷いことになりそうですからね」

真魚「ま、しょうがないか。じゃあ次はあたしたちの番だからはやくしよ」

「わかったわかった……ってお前、本当に二袋食べやがったな!?」

真魚「続きはバトルで聞くわね~」

明日美「ちょっとぐだぐだしてしまいましたけど、お疲れ様でした」

美夕「あ、こちらこそ」

明日美「それでは第2戦ですね。作者様は[ブレイヴフラッシュ][巨星望む大樹][北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(緑)][火縄ザル]ですか」

美夕「真魚ちゃんは[トライアングルトラップ][戦場に息づく命][エメラルドシーザー][ビーム・ビートル]です」

「じゃ、奇数は俺で、偶数はお前ってことで。(ダイスを振る)6か、お前からだ」

真魚「オッケー。ドロー[ビーム・ビートル]。戦場に息づく命を張ってターンエンド」

「じゃあ俺のターン。コア、ドロー[ハングリートゥリー]。火縄ザルを召喚。コアを1個乗せて、そのままアタックだ」

真魚「いいわ、ライフで受ける!」

「ターンエンド」

真魚「じゃああたしのターンね。う~ん……戦場の効果を使うわ。ドロー[デルファングス]。オッケー、大正解。続いてドローステップ[火縄ザル]。あ、こっちの方がいいわね」

「大分調子よさそうだな」

真魚「まあね~。火縄ザルを召喚! 効果でコアを一つ乗せてLv2にして、アタック!」

「ライフで受けよう」

真魚「ターンエンド!」

美夕「真魚ちゃん攻めますね」

明日美「ビーム・ビートルを2枚握って、合体元も確保できたのならここは畳み掛けませんと」

「コア、ドロー[グラストラップ]、リフレッシュ。ハングリートゥリーを召喚。続いて巨星望む大樹を配置。アタックステップに入って、火縄ザルでアタック」

真魚「当然ライフで受けるわ!」

「続いてハングリートゥリーでアタック」

真魚「それもライフで受ける!」

美夕「作者さんも、グラストラップ1枚引いただけですけど攻めますね」

明日美「作者様のいつもの行動ですね。緑同士なので乱打戦に持ち込もうとしてますね」

真魚「あたしのターン! 戦場の効果でドロー[火縄ザル]、そしてドローステップ[巨蟹武神キャンサード]。ビーム・ビートルを火縄ザルLv1にダウンしつつ合体。そしてデルファングスを召喚。ビーム・ビートルをデルファングスに移して、戦場をLv2に。アタックステップ! デルファングスでアタック! アタック時にコアが1個増えるわ」

「じゃあライフで受けるか」

真魚「まだまだ、緩めないわよ! 火縄ザルでアタック!」

「ライフで受ける」

真魚「ターンエンド! 掛かってきなさい」

「わかった、そうする」

真魚「……あっさり答えないでよ、怖いから」

「コア、ドロー[ミツジャラシ]、リフレッシュ。さて、なにを握ってるのかな?」

真魚「な、なによ急に」

「いやいや、ライフ2で殴りかかってきたからには、当然何か握ってるよな?」

真魚「あんたがそう思うんならそうなんじゃない?」

「緑限定と絞って考えたとして……神速があるなら火縄ザルしか対処できる奴がいない。ソンプリならこの手札でも対処できる。一番被害受けるのはトライアングルトラップだがこうやれば……ま、どの道防御に回って勝てる気はしないからこうやるけどな」

真魚「は、早くやりなさいよ。一つ一つ口に出して確認されるとこっちが怖いんだから~」

「ミツジャラシを召喚。効果でコアを1個乗せて、北斗アポロ召喚。ブレイヴは手札にないからそのまんまだ。そしてアタックステップ。ハングリートゥリーでアタック」

真魚「ふ、フラッシュタイミング。デルファングスの上のコア一つを使ってトライアングルトラップ! ミツジャラシと火縄ザルを疲労させるわ!」

「うん、こちらからは何もない。そっちのフラッシュタイミングだ」

真魚「くぅ~……ないわ、ライフで受ける。戦場Lv2の効果でデルファングスの上にコアを一つ乗せるわ」

「残った北斗アポロでアタックだ」

真魚「う~~~なにもない! ライフで受ける!」

「よし!」

明日美「いつものように紙一重でしたね、作者様」

「うっ! ……いや緑ミラーはこうなるんだよ」

明日美「はいはい」

美夕「真魚ちゃん惜しかったね~」

真魚「手札は良かったんだけどね~。戦場も上手く働いてたし」

「まったく、あとバタホルンが来れば無限コンボを見せれたのに。もっと根性を入れて凌げ」

真魚「無茶言うな!」
[PR]
by mma-island | 2011-01-23 01:12 | バトスピ部 | Comments(0)

第一の太陽

今日大会行きましたが、黄のバニラビートを0コスト主体のバニラビートに変えて行きました。

……あれ? なんでこっちの方がスピードダウンしてるの?
マジック&ブレイヴも削って極力スピリット増やしたのに。


公開カード、赤は毎度おなじみXレア。
ここ数段ずっと第一報はXレアだね。

紫は不死サポートの不死。
冥王とループできる。
Lv1からなので使いやすく、これでマリスやモルドレッドが無料召喚できる。
何より今まで軽減1で使いにくかったベルドゴールがこれ1枚場にいるだけで随分使いやすくなったのが嬉しい。
なにより軽めの星魂なのがいい。

緑は相変わらずMレア枠を埋めてくれてがっかりさせてくれますが、BPでごり押すタイプにはかなり使いやすい。
ただ現状パンプ効果と回復効果が系統的な意味で噛み合っていないのが残念。

白のネクサスは非常に心強い。
強制アタック効果はおまけで、問題はLv2効果。
消費コアは多いが使用回数に制限はなく、コアも回廊と違ってトラッシュ送りなので気兼ねなく使える。
特に最近白は緑との混色で昔ほどコアに困ることはなくなったので、ギラファロックも含めて厄介なことになりそうだ。
本格的にウッドゴレムの出番か?

黄はいい尻だ。
まあそれはともかくトラッシュ軽減能力に加えてシンボルブースト能力を備えた、完全な建て直し専用スピリット。
スペックも非常に低く、まず前提条件として立て直せるほどの手札の確保も必要になってくる。
それにしてもいい尻だ。

青のネクサスはマギサ出張。
Lv1は互いにライフ増強を邪魔する効果なので、聖命に対するメタになる。
だがそれ以上に、Lv2効果の、闘技場Lv2の上位能力ともいうべき能力が肝。
現状非常に頼りになる能力なので、とばっちりで聖命が封じられてしまうということだ。
桃尻も含めて黄は新しい戦い方が求められるのだろう。


ついでに今回のキャンペーンにて白と黄の12宮Xレアのイラストが判明。
北海道担当の水瓶座は上半身というか胸から首にかけてが、上腕の大きさのおかげでちょっと寂しい印象。
全体像でどうなるのか。
この画像だと瓶が半分しか付いてないように見えるので、両手を合わせてオーロラエクスキュージョンを撃ったりするんだろうか。

双子座については……なんというか酷いの一言。
黄の特色がまるでないうえパッと見どんな構図なのかわかりにくいにもほどがある。



明日は小樽及び開放倉庫に行けなくなったので、細々とバトスピ部でも更新しますか。
[PR]
by mma-island | 2011-01-21 23:46 | バトルスピリッツ | Comments(0)

冥王ハーデス十二宮編、始まるよ~

我が家のおばあちゃん猫が一昨日辺りから一回も鳴かなくなりました。
元々老いた挙動はあったんですが、一昨日から急にです。
今までご飯欲しかったらすぐミャーミャー鳴いてたんですが、ぱったりですよ。
トイレ以外の場所でおしっこしたり、水もご飯も全然減ってなかったり。
去年亡くなった老犬もちょうどこんな感じだったなぁ……。



Vジャンプのフラゲ情報が来ましたね。
プロモのジャノメシールダーは新規プロモではなく灼熱の太陽に収録されているコモンのイラスト違いでした。
これなら欲しければ1冊買えば十分ですね。

またXレアキャンペーンは、アニメで見せた鎧をまとった状態のガイ・アスラ。
まあ微妙に色の配分違ううえ、名前も違うので両方デッキに入るんですけどね。
本家からLv4効果を除いて、上限もLv3まで。
Lv2とLv3のコストパフォーマンスは上がったがコストが8/5となり、超覚醒も合体時限定となっている。
星竜なのでビックバンエナジーにも対応しているので、超覚醒を主軸にするデッキを組む場合は安定性は増したといっていい。


以下は先行公開カードの先行雑感。
・ジャノメ・シールダー
3コストという軽いブレイヴだが、ブレイヴ効果を防いでくれる。
それだけでなく召喚時に起き上がりを抑制してくれるので殴り合いになる速攻デッキにも相性はいい。
+3000なのでフェニックはあまり関係ないが、ペンドラが防げるのは美味しい。

・冥王神獣インフェルド・ハデス
冥王星の神竜で合体スピリット否定ができる。
しかし、紫には嬉しい能力だが肝心の剥がしたい合体スピリットに装甲紫があるのが悩みの種。
不死の対象は自分のコストよりも少ないので、モルドレッドと組めばループできる。
軽減があともう一つはほしかったかな。

・陰陽ヤマセミ
神速を持っているだけならそこまで魅力はないが、Lv1からでも召喚時効果を発揮できるため使い勝手がいい。
コスト4のため結構な数のブレイヴが適用されるため能力も使いやすいだろう。
ライフチャージを絡めた速攻も見逃せない。

・海戦機ビスマルクニヨルド
ただ一枚ネクサスを貼れればいいデッキにとってはこいつ以上の守護神はそういない。
守るためのネクサスを入れなくてもいいからだ。
アタックはできなくなるがバトルで破壊されない限り存在できるので、ネクサスも含めて軽減確保を容易にできるため心強い。

・天星馬ペガシーダ
満を持して登場のペガサス座。
不確実とはいえ、デッキを掘ってスピリットを出せるためトラッシュに仕込むという工程が不要という点は評価。
破壊時効果なので勇者皇やジークリなどの転召も仕込んでおける。
Lv2とはいえ破壊時効果の3ドローも見逃せない。
バーンクロウとの組み合わせなら、場に大型スピリットを出しつつこいつを回収できる。

・MCギンガー
まあ、どう見てもモデルはあの人ですよね。
懐かしのマジック回数制限を、破壊されにくいスピリットが搭載。
アタック時効果は発動すればラッキー程度に思っておけばいいだろう。
もっとも、殴られる側からすればもし効果が発動されてブロッカー削られるような事態はいやらしいにもほどがあるが。

・激爪竜パワード・タスカー
懐かしのリヴァイアの効果を発揮できるため、紹介されているように激突と相性がいい。
ただしシンボルが付いているためコスト5以上なので、指定アタックとかと組み合わせたい。
コスト5以上なので自然とエース級に使われるのでいっそアレスでもいいか。

・イビル・フィッシャー
手札補充、トラッシュ肥やしを一度に行えるうえアタック時擬似ドローまで付いてくる。
回収できるカードに制限はあるものの、ジョー・サイス等と組み合わせれば相当なアドバンテージを稼げるだろう。
合体がコスト4以上なのと、BPが少々不安なところか。

・バタホルン
召喚時効果は、まあ刺さればラッキーぐらいに思っておこう。
合体時に光芒を与えられるうえコスト3以上が条件なので、今までタッチで低コスト光芒持ち仕込むよりもより確実に光芒を組み込むことができる。

・雷神砲カノン・アームズ
アニメで活躍した一枚だが、地味ないやらしさはあるがそこまで強力ではないだろう。
少なくとも使ってる側からすれば強さをそこまで感じない。
しかしアニメのようにタッチのうち一枚がめくれてしまったりした場合は厄介極まりない。
すでにこの軽減帯にはケルベやアルスターもいるので、使う気は起きないが使われて困るカードの典型となるだろう。

・ブレイヴフラッシュ
フラッシュタイミングでの合体が可能に。
アタック中に処理されてブレイヴが孤立したり、シンボル持ちブレイヴを活用すればかなりのアドバンテージを得れるだろう。
巨星望む大樹Lv2効果+バタホルン+このカードで、緑のシンボルが3つあれば無限アタックが可能だ。
ブロック中には使えないので奇襲でBPパンプのような使い方ができないのは残念なところ。

・デルタバリア
効果だけではなく、コスト4「以上」に適用される絶対防壁。
ライフを削られないのではなく0にはならないというだけなので終盤にしか使えないが、元々こういったカードは終盤にしか使えないので問題はないだろう。
防御カードとしての信頼性は現状最上級。
コストも高くないので、皇ウルと組み合わせて鉄壁デッキを作り上げよう。
皇ウルも天敵になってたペンドラを蛇の目でかわせるようになったため、あとはマジックの回収手段さえ整えればデッキ切れ以外での負けはなくなる勢いだ。


他にもダークヴルム・ノヴァという新顔も。
こいつは新段発売直後にアニメにも出てくるため競争率が高そうだ。
あと二日もすれば公式の方で新弾紹介が始まるので非常に楽しみ。
[PR]
by mma-island | 2011-01-19 23:34 | バトルスピリッツ | Comments(0)

番外編「季節外れSP」

キキ「あれ? ご主人様、今日はバトスピ部の方へ行かないんですか?」

「なに言ってるんだ、お前は。正月休みで美夕も真魚も、明日美と一緒に旅行行ったから今いっても誰もいねぇよ」

キキ「……あれ? 今って……」

「その時期辺りにやりたかった前振りだってことだよ! それ以上言わせるな!」

キキ「あ、は~い。それはそれとしてご主人様。以前約束していた、私のデッキを組んでくれるっていうお話なんですけど」

「あ~、忘れちゃった」

キキ「って、軽く言わないでください! 忘れたってどういうことですか!?」

「キキ……実はな……」

キキ「は、はい……」

「……………………忘れてたんだ」

キキ「重く言わないでください!」

「なんだよ。じゃあ流暢に明ルク喋れバいイのか? HAHAHA~!」

キキ「似非外人みたいな喋り方しないでください!」

「まあここにあるんだけどさ」

キキ「あるんですか!? も~、どっちなんですか~!」

「ほら、暇なんだからちゃっちゃとやっちまうぞ」

キキ「あの~、私まだお仕事中なんですけど……」

「今回は実況と解説がいないからちゃんとセルフ実況しておくんだぞ」

キキ「は~い。(初手[一角魚モノケロック][一角魚モノケロック][妖精騎士ピーター][赤ずきん妖精ルージュ])」

「(初手[樹氷の女神エイル][ドリームリボン][ダイヤモンドストライク][鎧馬アルファズル])じゃあ先攻後攻決めるか。奇数は俺、偶数はお前な。(ダイスを振る)5。ちっ、俺の先攻か」

キキ「よろしくおねがいしま~す」

「スタートステップ、ドローステップ[ドリームチェスト]。ちっ、こりゃ先に動くわけにはいかないな。ターンエンドだ」

キキ「うう、後が怖いな~。コアステップ、ドローステップ[犬将クー・シー]。クー・シーを召喚。アタックします!」

「しょうがない、ライフで受けるか」

キキ「聖命の効果発動! ライフを1個増やしますね。ターンエンドです」

「コア、ドロー[ダイヤモンドストライク]、リフレッシュ。エイルを召喚、クー・シーを手札に戻す」

キキ「うう、コストが重いです……」

「そのままエイルでアタックだ」

キキ「ライフで受けます」

「よし、ターンエンド」

キキ「私のターン。コア、ドロー[天使サラティ]、リフレッシュ。再びクー・シーをLv2で召喚します! アタックステップに入って、そのままアタックです」

「じゃあ、それも受けるか」

キキ「聖命の効果でライフ増加、ターンエンド。えへへ~、聖命デッキは殴り合いに強いですよ~」

「そりゃ、俺が組んだ上に以前は使ってたからな。コア、ドロー[樹氷の女神エイル]、リフレッシュ。エイルをもう1体、Lv2で召喚だ。クー・シー、お前はもう一度手札だ」

キキ「うう、行ったり来たり……」

「アタックステップ。Lv2のエイルでアタック」

キキ「ライフで受けます」

「じゃあ、もう1体のエイルでアタックだ」

キキ「うう、ライフ直撃です」

「ターンエンド」

キキ「まだまだ、聖命デッキはしぶといですよ。コア、ドロー[雷の獣ライジュール]、リフレッシュ。クー・シーを三度召喚! 続いてモノケロックをLv2で召喚して、アタックステップ! クー・シーでアタックです!」

「悪いな、フラッシュでドリームリボンだ。もう一度出直して来い」

キキ「はわっ!? じゃ、じゃあモノケロックでアタックです!」

「じゃあそれはライフに通すか」

キキ「ターンエンドです」

「コア、ドロー[ノーザンベアード]、リフレッシュ。ノーザンベアードを召喚。更に鎧馬アルファズルを召喚だ。モノケロックを手札に戻す」

キキ「あうう、ブレイヴには装甲は無力です……」

「エイルを1体Lv2まで上昇。アタックステップ、Lv2のエイルでアタックだ」

キキ「ら、ライフで受けます」

「もう1体のエイルでアタック」

キキ「それもライフで受けます。う~、追いつかれた~」

「ターンエンドだ」

キキ「私のターン。コア、ドロー[着ぐるみクマッター]、リフレッシュ。う~、防御を固めようか聖命で殴ろうか~……」

「殴るなら今の内だぞ~。次のターンはエイルが2体ともLv2になるぞ~」

キキ「うう~、そうなんですよね~。それにアルファズルが1体すでに出たのなら……モノケロックをLv3で召喚! 更にもう1体をLv3で召喚です。アタックステップ、モノケロックでアタック!」

「じゃあ、ノーザンベアードでブロックだ。効果でコアが1つ増えてLv2に。まあそれでもBPが足りないからそのままダウン。エイルの効果でライフが1個回復だ」

キキ「まだまだ! もう1体でアタック!」

「それはライフで受けよう」

キキ「ターンエンドです!」

「じゃ、コア、ドロー[ガトリングスタンド]、リフレッシュ。おやまあ」

キキ「な、なんか引いたんですか?」

「いや、相変わらず紙一重の引きするな~って思ってな」

キキ「あ~。ご主人様って結構な確率で、一手間違ったら負ける、タイトロープの上歩くような引き多いですからね。……あれ? っていうことはもしかして……」

「うん、この場でピンポイントで必要な奴引いた。ガトリングスタンドを召喚」

キキ「ええ~!?」

「エイルを1体Lv2で上げ、ガトリングスタンドにアルファズルを合体。アルファズルの上のコアも合わさってLv2に」

キキ「うう~、これでモノケロックだけじゃ突破できなくなった~……」

「ああ、そういうこと心配する必要ないから」

キキ「……へ?」

「アタックステップ。ガトリングスタンドでアタック」

キキ「うう、ライフで受けま……」

「待った。フラッシュがないのなら、ダイヤモンドストライクを使わせてもらう」

キキ「えええ~!?」

「だから言ったろ、ピンポイントで必要な奴を引いたって。まあぶっちゃけエムブラやデュラクダールでもよかったんだけどさ」

キキ「うう~……ライフで受けます!」

「よしよし。じゃあもう一回ガトリングスタンドでアタック。フラッシュタイミングは何かあるか?」

キキ「ま、まさか……」

「実はもう一枚あるんだ、ダイヤモンドストライク」

キキ「ひ~!?」

「ほらほら、こいつのアタックはどうするんだ?」

キキ「も、モノケロックでブロック! しかないです!」

「何もなければこちらが一方だな。じゃあもう一度、ガトリングスタンドでアタック」

キキ「モノケロックでブロックです! そのまま破壊されました~!」

「じゃあ最後は、エイルで悠々アタック、と」

キキ「うう~、なにもありません!」

「まったく、せっかく相性のいいビート系を選んでやったのに」

キキ「あんなにバウンスされたら小型引かないと無理ですよ~!」

「あのな、相手が白バウンスビートだってわかってるんだから、とっととモノケロック出せばよかったじゃないか」

キキ「…………あ」

「コンセプトに拘るのもいいけど、状況にしっかりと合わせて対応すること。コンセプトに引きずられるな」

キキ「は~い」
[PR]
by mma-island | 2011-01-16 21:44 | バトスピ部 | Comments(0)

まあ繋ぎとして軽めのものを一つ

今夜の更新ができるかどうかわからないので小ネタで適当に。

最近嵌ってる黄のバニラウィニーです。


http://www.battlespirits.com/mydeck/src/1295058053.html


なんで黄で組んだのかというと、インビジの規制、フェスタレポでのレシピ公開等で最近当たらない事がない、ウィニービートにとっては天敵の疲労時ブロックスピリットへの対抗策を考えてたらこの色が一番だという結論に達したため。
序盤は大抵でLv2で放置されるモノケ、どれだけ強化しようと所詮Lv2までしかないギラファを避けるにはエンジェドールが非常に有効で、またその合体時効果やウィングブーツを活かす為に最小限のコアでレベルアップできるスピリットを優先して配備。
最大軽減で無料にならないレッサーパンダやコットンキャンデルを積んでるのもそのため。


弱点は見ての通り、防御マジックをまったく積んでいないためカウンターに弱い。
マッハジーではなくアニーが入っているのもあくまで次のターンに備えシンボルを確保して繋げるため。
一気に殴ってプレッシャーを与え相手の攻めっ気を削っていく「攻撃は最大の防御」というポリシーや、アルファズル合体が唯一の防御手段か。
そのため北斗ケルベのようにそれしか勝ち手段がないものは、プレッシャーで止められないので相対的により防御が薄くなる。
また低BPなので焼きに弱く、赤相手にはその辺を考えて立ち回らなきゃいけないため結構難易度は高い。
ああ、ただしシュリケラプトルには地味に強い。
[PR]
by mma-island | 2011-01-15 12:01 | バトルスピリッツ | Comments(0)

恐怖の三箇日

そういえば最近ちょっとした雑談がないですね。

とはいっても話題といえばこんなゲームやったとかこんな映画見たとかぐらいしかありませんけど。
本当に面白みのない人生送っていますので。


あとは精々、部屋を時期外れの大掃除していることぐらいでしょうか。
まあ時期外れというか、年跨いで三ヶ月近く掛かってるだけですが。
ただの大掃除ではなくやってることは衣替えに近いので、10年以上もの間蓄積された物量のおかげでえらいことになってます。
一日における片付けに割ける時間も少ないのでコツコツとやっております。
雪解けまでには終わってるといいな。


正月らしい話題といえば、みなさんはお年玉戦線はどうでしたでしょうか?
こちらは従妹の三姉妹についに言われましたよ、お年玉いらないって。
その代わりWiiが欲しいと言われました。あれ?
いつもは5000円ずつ上げてるんですが、Wii+Wifiセット+それぞれソフト一本ずつで4万ぐらい掛かりました。あれ?
最近どんどん小悪魔化してきてるなぁ、あのちびっ子たち。
そろそろ一番上が中学の入学祝いとか言い出しそうなのでいっそどこかに旅に出るか?
いや、下手すると旅費の方が高くつくな。


ちなみに今日の大会、開始時刻が変わってたの知らなかったので出れませんでした。
3日はVS嵐と被って、7日は大吹雪が起きて、そして今日はちょうど晴れたと思ったらご覧の有様。
いきなり新年の第一週から躓きまくってるなぁ。
[PR]
by mma-island | 2011-01-09 19:21 | バトルスピリッツ | Comments(0)

第11話「新春二本立てSP」

美夕「みなさま」

一同「あけましておめでとうございます」

真魚「さ、挨拶終わったから食うわよ~!」

「まだ食うのか、お前」

真魚「大晦日・元旦と二日続けて宴会できるのが一番嬉しいところよね」

明日美「本当に、真魚さんの胃袋はどうなっているのでしょう?」

美夕「それであの、今回のバトルはどうするんですか? 私聞いてなかったんですけど」

真魚「あたしも聞いてないわよ」

明日美「本当なら、4人のデッキをシャッフルして2戦やろうと思ったんです。ですが……」

「俺と真魚が速攻デッキだからな。美夕と明日美のデッキならともかく、俺たちのデッキは誰が使っても特に個性とか出るわけでもないからねぇ」

明日美「なので先日と同じくサイコロで相手を決めましょう。被らないように。デッキを変えてる暇なんてありませんでしたでしょうから、せめて対戦相手を変えませんと」

「あ、俺は変えてるぞ。ちょっと気になったバニラウィニー組んでみた」

美夕「私も組みなおしました」

真魚「美夕まで!? 一体いつのまに……」

美夕「えっと、宴会の間ずっと考えててね、少し入れ替えたいなって思って、お休みのときに」

明日美「さすが、真面目な美夕さんらしいです」

「あの~、俺も組み直したんだけど」

明日美「さすが、偏屈な作者様らしいです」

「…………」

真魚「明日美さん、早速決めましょう」

明日美「そうですね。では決め方は前回と同じで。(サイコロを振る)1。まずは作者様ですね」

「あとは真魚か明日美の2択だから、奇数が真魚で偶数が明日美でいいだろ」

明日美「かしこまりました。(サイコロを振る)4。わたくしですね」

真魚「よかった。新年早々速攻対決なんてやらなくて済むわ」

「じゃあやるか、明日美」

美夕「作者さんは[エンジェドール][鎧馬アルファズル][猫娘アニー][ピヨン]ですね」

真魚「明日美さんは[ダンスマカブル][ダンスマカブル][ソウルホース][魔法剣士ドラゴナーガ]ね」

「先攻は奇数は俺、偶数は明日美だ。(サイコロを振る)また4か。明日美、先攻をどうぞ」

明日美「はい。ドローステップ[闇騎士モルドレッド]。魔法剣士ドラゴナーガを召喚します。効果で1枚ドロー[ジョー・サイス]します。ターンエンドです」

「コア、ドロー[妖精ドロシー]。ピヨンを召喚。ピヨンをLv2で召喚。続いて妖精ドロシーをLv2で召喚。アタックステップ。ピヨンでアタック。さあ、相打ちしようぜ」

明日美「お断りします。ライフでお受けします」

「ドロシーでアタックだ。いい加減相打ちしてくれよ」

明日美「丁重にお断りします。ライフで受けますね」

「じゃあターンエンドだ」

明日美「わたくしのターン。コア、ドロー[ジョー・サイス]、リフレッシュ。ソウルホースをLv2で召喚します。そしてジョー・サイスをLv2で召喚。アタックステップに入りまして、ジョー・サイスでアタックします。アタック時、ジョー・サイスの効果で1枚ドロー[恐竜人ティラノイド]します」

「それはライフで受けようか。そしてライフにダメージを受けたからアニーを召喚する」

明日美「ではターンエンドです」

「コア、ドロー[剣鎧竜バスター・ドラゴン]、リフレッシュ。ピヨンの上のコア2個とリザーブのコア1個でバスターをピヨンに合体。アタックステップ、ピヨンでアタックだ。合体時効果でソウルホースを破壊」

明日美「はい。ではフラッシュタイミング、ダンスマカブルを使用します。ティラノイドを捨てて、ピヨンの上のコアをトラッシュへ送りますね」

「ちっ。バスター・ドラゴンも一緒に破壊だ」アニーでアタックだ」

明日美「ライフでお受けします」

「ターンエンド」

明日美「コア、ドロー[デッドリィバランス]、リフレッシュ。ジョー・サイスをLv2で召喚します。ドラゴナーガをLv2に上昇。アタックステップ。ジョー・サイスでアタックします。効果で1枚ドロー[恐竜人ティラノイド]

「ライフで受けるか、しょうがない」

明日美「もう1体のジョー・サイスでアタックします。効果で1枚ドロー[北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(紫)]

「それもライフで受ける」

明日美「ではターンエンドです」

「俺のターン。コア、ドロー[鎧戦車ゲパルバート]、リフレッシュ。ゲパルバートをドロシーに合体。効果で1枚ドロー[森の妖精ペンタン]だ。ペンタンを召喚、そしてアルファズルをペンタンに合体だ。効果でドラゴナーガを手札に戻すぜ」

明日美「あらら。これは困りました」

「……本当に困ってるのか?」

明日美「ええ。非常に困ってますよ(にこにこ)」

「お前は読み辛いからなぁ。う~ん(やや長考)まあいいや、保険は利かせておくか。アルファズルを分離、ドロシーの上のコアを置いてアタックステップ。ドロシーでアタックだ。ジョー・サイスを破壊する」

明日美「それではフラッシュタイミング、ダンスマカブルを使用します。ティラノイドを捨てて、ドロシーの上のコアをトラッシュへ」

「しょうがない、ゲパルバート諸共破壊だ。ペンタンでアタック」

明日美「ライフでお受けします」

「アニーでアタックだ」

明日美「フラッシュタイミング、デッドリィバランスを使いますわ」

「ペンタンを破壊するぞ」

明日美「まあ、そうですよね。悪足掻きでした。終了です」

「よし、終わった。美夕、真魚、出番だぞ」

真魚「あ、終わったの~?」

「やけに静かだと思ったら、見てなかったのか?」

真魚「うん。ドリームマッチ見てた」

美夕「じゃあ真魚ちゃん、始めようか」

真魚「オッケー。じゃあ先攻決めようか。奇数はあたしで、偶数が美夕ね。(サイコロを振る)5。あたしが先攻ね」

「美夕の初手は[セイバーシャーク][移動砲獣グリプドン][鳳凰竜フェニック・キャノン][ノーザンベアード]か」

明日美「真魚さんは[火縄ザル][ヘラジグサ][ヘラジグサ][ハングリートゥリー]ですね。さあ、わたくしたちもドリームマッチを見ましょうか」

「それもそうだな。あ、そこのジュースとってくれ」

明日美「はい、お酌いたしますね」

「お~、すまんな」

真魚「あたしのターンから。ドローステップ[巨蟹武神キャンサード]。う~ん……ターンエンド」

美夕「え? 何も出さないの?」

真魚「そ。ターンエンドよ」

美夕「えっと、じゃあ私のターン。コア、ドロー[竜機合神ソードランダー]。ノーザンベアードをLv2で召喚して、ターンエンドです」

真魚「さすが美夕、そうひょいひょい攻めてこないか。コア、ドロー[ミツジャラシ]。ミツジャラシを召喚するわ。効果でコアを乗せてLv2に。うう……ターンエンドよ」

美夕「真魚ちゃんが攻めてこない……ちょっと怖い、かな?」

真魚「ま、まあほら、そんな日もあるわよ」

美夕「コア、ドロー[イグアバギー]、リフレッシュ。イグアバギーを召喚します。そしてフェニック・キャノンをノーザンベアードに合体します」

真魚「あれ? 焼けないけどいいの?」

美夕「はい。作者さんに習ったことは活かさないと。ノーザンベアードのコアをイグアバギーに1個移動させてLv2に。アタックステップ、ノーザンベアードのアタックで、激突です」

真魚「それはしょうがない。ブロックするしかないわね」

美夕「ターンエンドです」

真魚「本当、美夕は迂闊に削ってこないからこういうとき厄介よ。コア、ドロー[ビーム・ビートル]、リフレッシュ。火縄ザルを召喚するわ。効果でコアを1個乗せて、ビーム・ビートルを合体! アタックステップに入って、火縄ザルでアタック!」

美夕「じゃあイグアバギーを疲労させて、ライフで受けるね」

真魚「ターンエンド」

美夕「コア、ドロー[エンペラドール]、リフレッシュ。エンペラドールをLv2で召喚します。ターンエンドです」

真魚「それは誘導されちゃうな~。あたしのターン。コア、ドロー[火縄ザル]、リフレッシュ。う~ん……しょうがない、ここで決めちゃうつもりでいこうか」

美夕「え?」

真魚「ヘラジグサをLv2で召喚。エンペラドールを疲労させるわ。そしてもう一体ヘラジグサLv2を召喚して、ノーザンベアードを疲労させるわ」

美夕「あうう……」

真魚「アタックステップ。火縄ザルでアタック。イグアバギーを疲労させるわ」

美夕「うう、ライフで受ける」

真魚「じゃ、ヘラジグサでアタック」

美夕「それで負けちゃった。あう~。やっぱり緑だとBPよりも疲労時ブロックの方がよかったかな? ビームビートル用に高BPのスピリットを増やそうかなって思ったんだけど」

真魚「ま、ヘラジグサが2体いたからね。それは結果論よ。で、どの辺入れ替えたの?」

美夕「インフィニティシールドとメガ・バイソンを抜いて北斗七星龍とキマイロンを入れてみたの」

真魚「あれ? 軽量級は?」

美夕「えっとね、それにはデッキ自体大きく作り直さないといけないって思って、とりあえず手元のカードだけで何とかできる中量級以上の見直しだけにしたの」

真魚「なるほどね~。って、あいつと明日美さん、終わったのに全然来ないわね。本当にドリームマッチに見入ってるわね」

美夕「じゃあ私たちも行こうよ、真魚ちゃん」

真魚「そうね。この後キングオブチェアーもあるし」
[PR]
by mma-island | 2011-01-01 23:29 | バトスピ部 | Comments(0)