MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第138回「煌臨編第3章革命ノ神器全カード雑感 その1」

リストが出た金曜の夜から月曜の朝にかけて通信障害が起き、火曜には書き上げましたが水曜に投稿するのを忘れ、そしてまた今夜も忘れかけて今に至ります。




煌星竜スター・ブレイドラ
生まれ変わったライトブレイドラ。
強化というキーワード効果ではないがアクセルにて同じ効果を発揮する。
現状手元のカードを破棄する効果は少なく生存能力という意味では大きく向上しているが、軽減や打点と両立できないという欠点も抱えている。

恐龍同盟ドロマエオー
アタック時1ドローかつ恐龍同盟特有の耐性と、スタンダードな能力を持つ小型。
切り込み役にはもってこいといったところか。

煌星竜コンドライトドラゴン
赤には珍しい特定効果へのメタ。
白とは違いちゃんと青と同様お互いを縛る。
しかし封じてるわけではなく、ちゃんとした手続きを経て正規の料金を払えば使用できる許可制のメタ。
なので確実性はないが本体に破壊&消滅メタの耐性もくっついているためシステムクリーチャーとしてはそれなりの安心性。

煌星竜レッドスプライト
異魔神をピンポイントメタするアクセル。
それ以降の召喚や合体すらも阻止できるため相手のデッキの主軸が異魔神であればその動きのほとんどを無力化できるだろう。

勇輝獣クライミング・マーゲイ
実質のドロー効果なのだが条件に制限があり手札に入るカードがばれ、さらに赤以外だったら次のターンのドローまでばれてしまう。
特に耐性もあるわけではないので使いにくい。
もう一つドロー効果はあるものの条件の割にリターンが少ない。

恐龍同盟 針山のアンペローザ
ネクサス破壊効果を持った地竜。
ダブルタイミングの上破壊時にはドローもできるため使い勝手はそれなりにいい。
破壊時にも発揮できるが一応恐龍同盟バリアがある。

煌星竜スピキュールドラゴン
ネクサス破壊のアクセル。
アクセル、召喚コストが共に軽減が多く、シンボルさえ確保できればネクサス破壊と星竜回収を一気に行える。
回収は破壊時とのダブルタイミングなので上手くいけばそこから煌臨に繋げられるかも。

雷岩竜ダイナモドラゴン
スター・ブレイドラ同様の手元強化。
アクセルもドロー効果なので回しやすい。

煌星第十使徒デズデモーナ
コンドライト同様召喚時を封じれるスピリット。
しかもこいつはライフを4個必要とするため、とりあえず煌臨時に1点削っておけばそれだけで実質召喚時効果を封じることができる。
召喚時封じ自体は素で出してもいいが、煌臨中なら耐性が付くためなるべくならそっちの方を狙っていきたい。
なにが強いかってどちらもLv1から、しかも煌臨条件も3コストなので後1最速で無理なく両方の効果を発揮できるところだろう。

勇輝砲牛メルトバッファロー
それなりに使いやすい除去アクセルで、しかも十冠皇獣。
相変わらずでかいやつには通用しないが。

恐龍同盟 刃雷のエレクトロサウルス
それなりに使いやすいバースト効果もさることながら、降臨する時の効果は地竜の二大煌臨と非常に相性が良い。

煌星第八使徒プロテウス
アクセルの回収という赤としては珍しい煌臨時を持つ。
加えてアクセル時にライフも削れるため手札に溜まったアクセルで一気に相手をごり押すことも可能。
スター・ブレイドラが回収からのーコストアクセルまでできるため中々に相性が良い。

煌星第一使徒アスガルディア
赤版のムルシエラともいえる存在。
しかも手元からも煌臨できるがダブルシンボルバニラであるため煌臨で使う機会はそんなにないだろう。

恐竜姫ジュラ
まだ地竜がウィリアンスラッシュすら獲得していなかった頃から存在していたバウンスメタ。
それ以降も増えたバウンス領域にも言及しており、申し訳程度に耐性も付いているため単純な上位互換。

龍星皇メテオヴルム
煌臨スピリットとなって出しやすくなった。
しかもタイミング限定だが一切の効果を受けなくなる。
相変わらずの指定アタックばらまきだが、今のところその後の煌臨元カードを増やす効果と相性がいいのは地竜の煌臨だったりするところが玉に瑕。
ひょっとしたらノヴァのリバイバルに関係するのかも。

煌星ラニアケア
色を指定したピンポイントの召喚時封じ。
混色でも組まない限り実質相手だけではあるが、そもそも今弾の星竜には2体も召喚時を封じれるやつがいるので過剰メタになりそうだが。
デッキ破壊制限は青メタにもなるだろうが最近のカード的に白メタも兼ねている。

角竜の山
赤恒例の追加ドローネクサス。
もう片方の効果は煌臨元の枚数を参照する地竜の煌臨スピリットのサポートとなるのだが、タイミングがトリガーとしては妥当ではあるがタイミングとしては遅い感じ。




傀儡兵
魔界サポートの低コスト。
とはいえ紫だからトラッシュにある方が有用なカードもあり、効果も強制のため早い段階で使うのも躊躇われる。

・紫骸旅団ボーンヘッド・ドラコ
名称指定のバウンスメタ。
破壊されればドローできるため同色以外にはそれなりに強いが維持コアの問題が。

紫骸旅団ゾンビドラゴン
疲労破壊のアクセル。
スピリットにしか対象に取れない割にコストはムルシエラと同じ。
最初は3コスドロー族として使って後半ダイムザーク等の今作のアクセルサポートと組み合わせること前提のカード。

蛇戦士フェウラーガ
ライフ回復できるアクセル。
トラッシュからなのでコアがギリギリの盤面でも使いやすい。

智の伝承者ワイズスネーク
コアシュートをトラッシュ行きにする。
ゼオデュラムと組み合わせておけば相手は一気に何もできなくなるが、コストがそれなりの重さ。
まあ踏み倒せる範囲のコストだからまだいいけど。

紫骸旅団デスリブドラゴン
コアブを封じる効果を持ったアクセル。
これがある限り相手は大きなコアブはできない上アクセル効果が先1から使えてトラッシュに仕込んでドローもできると大盤振る舞い。
とはいえ1個は増えるしいくら緑でも早い段階で2個以上増やすカードはそんなにないので大きく影響出るまでにそれなりに時間がかかる。
ライフの増加にも効くためエクスティンクションも封じれたりするのでありがたい。

妖の伝承者アラネイア
コストはそれなりに重いものの、一時的な踏み倒し蘇生、しかも召喚時もその後の破壊時も使えるため幅広い汎用性を持つ。
破壊されるのがエンドステップまでと長く場にいるのでシステムタイプも呼び出しやすく、煌臨元にしてしまうのもいい。
Lv2効果も自身の効果とかみ合っていてなかなかに使いやすい。

エグゾナイトドラゴン
煌臨時に4コスト以下という制限はあるが、煌臨条件のおかげで0コストや1コストを煌臨元にして召喚・展開できる。
とはいえそれ以外の効果は煌臨中に使える微妙なバトル時効果だけなのでちょっと使いにくい。

魔界参謀ドロスムーバ
魔界七将を蘇生できるカード。
捨てるカードは何でもいいので使いやすくはあるのだが、リバイバルの方の魔界七将は現状呼び出してもそこまで大きく状況が変わるものでもないので後続待ち。

紫骸旅団タンザナイト・ボーン・ドラゴン
召喚時も相まって実に使いやすいバースト。その分スペックは低め。
ハヌマーリンみたいにアクセルを発揮したスピリットを召喚できるが、アクセルコストの踏み倒しもできないし召喚するのに1コアだが払う必要がある。
まあハヌマーリンが強かっただけでこれだけでも十分な性能だが。

不思議竜ジャバウォッキー
シンボルも効果も間違いなく紫であるのだが不思議だったりアクセルのコストといいほとんど黄のカード。
まあダイムザーク経由すれば普通に強いんだけど。

虚神将テロスドラゴン
前回から引き続き虚神をサポートするスピリット。
Lv2以降の効果はそれなりに使いやすいものの前弾のやつらに比べればまだ使いにくいか。
ハハッ、テロス

紫骸旅団 白竜エニグマドラゴン
コストこそ重いもののトラッシュのアクセルを使いなおかつアクセルの無色化もできる。
コストはあれだが死竜・無魔と蘇生のしやすい系統なので紫らしくそっち経由で出していきたい。
まあ色は消えてもスピリットの効果自体が効かない相手にはあまり意味はないが。

魔界七将ベルドゴール
帰ってきた初代「1ターン目から呼べるXレア」。
3コストとそれなりに煌臨の素材になりやすく、それでいて他に降臨したとき戻ってくる。
不死はなくなったが似たような流れの復活効果。
召喚時は確実に破壊できなくなった。
煌臨元になる効果は色自体は問わないため、赤の地竜とかシープスFとかに使っても面白い。

斬首刀のシャドウスライサー
リバイバルされても相変わらずの虚無勢。
虚神を降臨しやすくする効果も他のリバイバル勢と変わらず、お手軽な回収効果も相変わらず。

夜空漂う尖塔
異魔神メタだが徹底的にメタるわけではなくは一時に一つ壊す程度である。
むしろメインは摩天楼と同様のLv2効果目当てだろう。

再び開いた虚空の穴
虚無勢力の召喚サポートだが、シンボルが増えるわけではなく色が変わるのでそれ自体は使いにくい。
付与効果もおまけ程度だがちょっぴり中途半端。




王獣一族タケノコドコド
いつものコアブ族。
相手のドローに反応したコアブもできるが、まあ維持コア3つも置かなきゃいけないからあまり気にすることでもないか。

百刀衆 風来のベニカミ
他に殻人がいればさらにコアブできるコアブ族。
一応フォンニードと同様の回復効果も持っているが。

山賊親分ヒゲコガ
コアブと疲労効果を同時に発揮する。
Lv2コストは重いが後1で降臨するにはなかなかの使いやすさ。

ムスゾリラ
降臨する時にボーナスを与えられる。
旋風は持っているものの合体時かつLv2からということでかなり重め。

不思議王国 三月ラビット
不思議がくっついた実質黄のカード。
黄のみだとコストはそれなりに重いものの召喚時のコアブは便利。

剣翼鳥ディスティカ・イーグル
2コストに乗っかれる使い勝手のいい煌臨。
煌臨経由だと回復したうえバースト封じながら殴れると早い段階から攻め攻めな動きができる。

百刀衆 甲蛾のクルマックス
ブレイヴ踏み倒し。
自身も合体時効果を持っているため普通のブレイヴをくっつけてもいいし、神銃で装填してもいいしくっ付けたまま降臨してもいい。

黒王獣コク・ガロウ
バースト時にキーワード効果、という珍しいタイプのバースト。
旋風自体がマジックの効果にも使われたからこそだろう。
厄介なブロック阻害効果も持っているため非常に使いやすい。

百刀衆 用心棒のサビガサ
バースト封じはそれなりに強いがコストがやや重い。
が、こいつの真価はむしろ手元メタ。
自分のも破棄できるので単純に回復の弾にしたりトラッシュに落とすことによるコンボを狙ったりもできる。

百刀衆 煌刃のミヤマ
煌臨時はただそれだけでも強いが装填経由だと回復効果も発揮する。
装填からいけばそこからさらにアタック回数を増やせるのであっという間に相手のライフを削れることも。

女王アントレーヌ
着々と数を増やすリバイバルアントマンシリーズ。
以前の転召と同様さらっとコアブしてくる。

ブラックタウロス大王
やりたいこと自体はリバイバル前と変わっていない。
ただし回復効果が神銃限定なのでその点は使いにくくなっている。

甲殻銃クワガシマ
銃なのになぜか殻人を持ったガンブレイヴ。
神速を持っているので不意の状態から煌臨に繋げやすい。

風王獣ベヒーエグゾースト
疲労状態のスピリットがいればいるほどシンボルが増えるが、まあそこまで並ぶことは早々ないため一個増えてトリプルシンボルになるぐらいが現実的な数字だろう。
装填を持ってはいるがこいつに煌臨せず普通に合体、合体元が潰されたらすぐ降臨して使うのが妥当なところか。

緑の聖遺物
消滅メタだがアタックステップのみ。
まあいつものように維持コアを取り除いての自己消滅を防ぐ目的にも使えるが。
Lv2効果はそれなりに鬱陶しい。

風刃結界
大幅なパンプからの迎撃、そして後続の疲労と流れとしては非常に美しいバースト。
コストも低く特に制限はないため他の色に出張させてもいい。

ワイルドストーム
疲労スピリットバウンス、条件次第ならボトムに封印できるが、コストの割には少々割に合わないか。
重疲労がいる時の特典がもうちょっと大きくてもいいと思ったけど。

[PR]
by mma-island | 2017-10-27 01:38 | バトルスピリッツ